FC2ブログ

2007.09.24 (Mon)


安倍首相クーデター説を否定

安倍首相お疲れ様でした

あれほどまでに、私利私欲を捨てて国民の為に尽くしたのに、マスコミと国民から酷い仕打ちを受けて、志なかばで辞任しなければならなかったのはさぞかし無念だったでしょう。

まだ病いを抱えていながら、国民への謝罪会見をされたのはご立派でした。
辞任表明と時と同じように、倒れてしまうのではないかとはらはらして見ていました。

「所信表明の直後で辞任するのは最悪のタイミング」だと一番分かっていたのはやはり安倍首相ご自身だった。

安倍首相
「この一ヶ月間体調は悪化し続け、ついに自らの意思を貫いていくための基礎となる体力に限界を感じるに至りました。もはやこのままでは、総理としての責務を全うし続けることはできないと決断し、辞任表明に至りました。内閣総理大臣は在職中に自らの体調については述べるべきではないと考えておりましたので、あの日の会見ではここ一ヶ月の体調の変化には敢て言及しませんでしたが、しかし、辞任を決意した最大の要因について触れなかったことで、結果として国民のみなさんに私の真意が正確に伝わらず、非常に申し訳ないと思っております」


それは「よほどの事情があるのだろう」と忖度するのがほんとうの日本人の心情なのに、「最悪だ」「無責任だ」と罵るマスメディア、政治評論家、政治家たちはやはり日本人の心情を持ち合わせていない外国人なのでしょう。

「首相は在職中に自らの体調について述べるべきでないと考えていた」と安倍首相は語ったが、これもPonkoの推察していたとおりでした。

それにしても、記者の質問は最低でした。

質問
日本テレビ(菊池記者)
「いま、最大の要因について真意が伝わらなくて申し訳ないという話があったが、一国の総理として、最大の要因をやはり、あの会見で表明されなかったと言う判断についてご自身はどう思われるか、国民に対してどう思うのか改めて伺いたい」


「非常に申し訳ない」と言っているのに、もう一度言わせようとする。

読売新聞(福本記者)
「クーデター説はほんとうか。総裁選では麻生、福田のどちらに入れたか」


安倍首相はクーデター説は完全に否定した。総裁選でどちらに入れたかと聞くバカがいるか。言えないことを分かっていながら嫌がらせをしているだけだ。

3人目の記者
「麻生幹事長に騙されたとか、与謝野官房長官らに主導権を奪われたとか一部の国会議員が総裁選中に流布したようだが、あったのかなかったのかもう一度改めてお伺いしたい」


クーデター説を流して麻生氏を追い込んだといわれる読売新聞と日テレが質問したのはどういうわけか。

3人目の記者も同じ事を繰り返し聞いたが、読売への当て付けか?

これでクーデター説は完全に否定された。

安倍首相は会見中もかなり苦しそうで、時間が経つにつれて消耗が激しくなっていくのが見て取れた。

壇上には水差しの用意も無く、口が乾いて苦しそうだった。

安倍首相、これでもう終わりました。後はゆっくり休んで、5キロも痩せた身体を回復し、エネルギーを十分に蓄えて、新たな政治活動に備えてください。

良識ある国民の一部は、首相の再チャレンジを期待しています。


安倍首相の一日も早い健康回復と政界復帰を願う方はクリックを!
**
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:26  |  政治  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

同感です。安倍さんは悪くない!
安倍さんのような良い政治家がマスコミから攻撃され
小沢のような真っ黒な政治家がヨイショされる。
こんなんじゃいつまでたっても日本が良くなるわけないでしょ、マスコミはふざけるのもいいかげんにしろ!
安倍さんはゆっくり休んで麻生さんと共にまた日本のために頑張ってほしい、首相の再チャレンジを期待しています。安倍晋三頑張れ!!!
名前非公開 |  2007.09.25(Tue) 10:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/39-2da785c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |