2016.06.04 (Sat)


民進党って感じ悪いよね!自衛隊に体験入隊したら?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経新聞が民進党批判

安倍一強内閣に挑戦する野党。
トロッキストの共産党は論外として、その共産党と組もうとする民進党のイヤらしさは半端ではない。
正々堂々と正面から勝負するならまだ許せるが、寝技、裏技、だまし撃ちとやることが汚いのである。
しかもそのやり方が稚拙だから、やることなすこと全てがブーメランとなって民進党に跳ね返ってくるのである。

しかし自民党にも石破茂という愚か者が居る。
オフレコだったはずの自民党の真性保守派の反日マスメディアを批判する声が漏れてしまって大騒ぎとなった。
この時、自分を支持する議員の会合で石破氏は・・・

「自民党がガタガタとするのは政策よりも『なんか自民党、感じが悪いよね』と国民の意識がだんだん高まっていったときに危機を迎えるのが私の経験だ」

と言った。
あれを聞いた時、まずいと思ったのだが、早速、石破氏の失言がそのまま野党に利用されてしまったのである。

⇒産経新聞(2016/6/4)
【阿比留瑠比の極言御免】
民進党って感じ悪いよね…


 どうにもかんに障る不快な物言いというものがある。7月10日投開票の参院選に合わせて衆院選を行う衆参同日選(ダブル選)の可能性をめぐって、民進党議員たちが述べてきた言葉の数々のことである。
 読者はご存じの通り、本紙は4月20日付朝刊1面で「首相、同日選見送りへ」と報じ、その理由として復旧を急ぐ熊本地震の被災地への負担が避けられないことを挙げた。
 ただ、その後も繰り返し「同日選の可能性は5割以上」と主張してきた岡田克也代表をはじめ、民進党幹部らは同日選への警戒心を隠さなかった。

「ダブル選はある」

 政治家が個別の報道に左右されずに、独自の情報や政治勘で判断するのはいい。また、「常在戦場」といわれる衆院側が、常に選挙に備える心構えを持つことも当然だろう。だが、次のような言葉遣いはいかがなものかと思う。
 野田佳彦元首相「こんな時期に衆院選をやる人は人でなしだが、私はダブル選挙はあると思う」(5月14日、神奈川県大和市での党会合)
枝野幸男幹事長「安倍首相が国益を考えるなら、衆院解散はあり得ない。でも、党利党略で解散するかもしれない。8対2(の割合)で解散だと思う」(同月24日、記者会見)
 山井和則国会対策委員長代理「人道的にも常識的にも解散できる状況にないと思うが、解散の危険性はある」(25日、記者会見)

 彼らは暗に、安倍晋三首相は人でなしで国益を考えておらず、人道に反する常識外れの人間だと言わんとしている。示し合わせてレッテル貼り作戦をやっているかと疑いたくなるぐらいで、感じの悪さが共通している。
 疑心暗鬼に駆られ、なりふり構わず相手を攻撃しようという衝動ばかりが浮き上がる物言いではないか。

「産経が書いたから」

 枝野氏に至っては、矛先を同日選見送りを書いた本紙に向けてきた。

 「産経新聞が1面で(見送りと)打つぐらいだから、ダブル選じゃないか」
 衆院北海道5区補選で野党統一候補が敗れた4月24日、枝野氏は記者団にこう言い放った。一瞬、意味が理解できずに担当記者に問い合わせたぐらいだが、枝野氏は週刊文春(5月5・12日号)にもこんなコメントを寄せていた。

 「産経の番記者にも『産経が先行して打ったのだから、逆にダブルで決まりじゃないの』と言いました」
どうやら、同日選断行の際のサプライズ感を演出するために、首相官邸側が産経を利用して書かせたのだと言いたいらしいが、事実はどうだったか。これは偏見に基づく侮辱であり、中傷である。これが、野党第一党の幹事長ともあろう者が言うことかと悲しい。
 民進党に関しては、旧民主党時代にもこんな経験をした。本紙が平成16年11月、輿石東参院副議長に対する山梨県教職員組合による巨額の資金カンパ問題を取り上げたところ、当時の岡田代表が記者会見で同様に、こう根拠のない陰謀論を展開したのである。

 「自民党なり某所周辺が、民主党の政治とカネをめぐる問題について、何か対抗策として打ち出せるものがないかと調査していたことは承知している」

 もとより本紙は自民党でも某所周辺でもない。この時の記事は筆者が書いたものだから断言するが、そんなところから情報提供を受けたわけでもなかった。
 あのころから、陰謀論に染まる民進党の体質、感じの悪さは変わっていない。
(論説委員兼政治部編集委員)


(引用終わり)

今日の産経抄は北海道の林道にしつけとして置き去りにされて1週間行方不明の小学生が無事保護されたというニュースを導入部として、感じの悪い民進党の党員は自衛隊にブチ込んで精神鍛錬をして真っ当な人間に立ち直るべきだと書いている。

小学生が無事保護されたのは思いがけない朗報だった。
一週間も経てば絶望的であり、捜索隊も解散寸前だった。
通りがかりの車に誘拐されて無傷で生存していればと僥倖を願っていたがそれ以上の朗報だった。
母親がテレビに出ないのは何か理由があるのか知らぬが、記者会見に応じた父親は一応まともな人間のようだった。

それはともかく、過去記事でご紹介したように、伊勢志摩サミットでの安倍総理の功績何とかケチをつけようとしてみずから投げたブーメランにブチ当たった民進党の山井和則議員と柿沢未途議員は哀れで滑稽だった。

このほかにも夏の参院選で千葉から出るダイブ小西洋之議員、舛添事件でウヤムヤになってしまいホクソ笑んでいるガソリーヌ山尾志桜里政調会長など自衛隊にブチ込んで精神を鍛え直す必要がある民進党議員は山ほど居る。

産経抄(同上)
「礼儀・作法」がなっていない国会議員は自衛隊に体験入隊を

 日ごろはニュースにとんと関心のない小学生の愚息が、テレビ画面にくぎ付けとなり、「お父さん」と確かめるように問うてきた。「この親、本当にひどいよね」。北海道七飯町の林道で両親に置き去りにされた小学2年、田野岡大和君の件である。いつも叱られている身として、全くの人ごとだとは思えなかったのだろう。

▼5月28日から行方不明となっていた大和君は幸い、合同捜索本部が解散し、捜索が打ち切られる直前の3日になって無事見つかった。国内のみならず、海外の報道機関も速報で伝えた誰もが喜べる稀有(けう)なニュースだといえる。

▼「本当に行き過ぎた行動だった」。林道で車から大和君を降ろして立ち去っていた父親は、こう深い反省を示している。置き去りの理由は「しつけ」のためだというが、取り残され、独りで6夜を過ごした子供の心細さはいかばかりか。

▼翻って日々の新聞紙面を思うと、事件を起こすのも醜聞のネタとなるのも恥ずかしい言動をさらすのも、みんな大人である。辞書によるとしつけとは、礼儀・作法を教え込むことだが、世は厳しいしつけが必要な大人たちであふれている。

▼中でも、国民の範となるべき選良たる国会議員らの立ち居振る舞いがみっともない。英紙の風刺画に描かれた別人を、安倍晋三首相と勘違いして首相の主張を「捏造(ねつぞう)」だと批判する者、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の経済資料の英文を誤読して首相の「情報操作」だと決め付ける者…と枚挙にいとまがない。

▼ちなみに大和君が見つかったのは、陸上自衛隊演習場の施設内でのことだった。そこで思いついたのだが、特に礼儀・作法がなっていない議員らは自衛隊に体験入隊させ、しつけてもらってはどうだろうか。


(引用終わり)

新党を結成して参院選に出馬する小林(変)節センセイはご高齢だから無理だとしても、改選選挙となる有田ヨシフ議員、議員ではないがSEALDs(シールズ)の奥田愛基クンなどもいいかも知れぬ。

昔、テレビタレント達が自衛隊の訓練に挑戦した番組があったが、全員落伍していた。
広島の被爆地を訪問したオバマ大統領に「パターン死の行軍」の元兵士が随行するという噂があったが沙汰止みとなった。
あのフィリピンの「死の行軍」もマラリア病の感染だけでなく、日ごろ鍛えている日本軍の健脚に比べてイギリス軍の体力が脆弱だったためとも言われている。

父よあなたは強かった♪

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:18  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

民主党の議員を自衛隊に入れて叩き直すなどできません。馬鹿な考えは
しないほうが良いでしょう。

北海道の行方不明の児童が無事に保護されたことは大変良いことでした。
しかし、捜索に問題があったのではないかと思います。自衛隊の施設が、
放置された所から6キロしかないのだから、捜索の意味で、誰かが見てい
ても良かったと言う気がします。特にこの施設を管理する自衛隊が、捜索
が始まった時、しっかりこの施設を見ていれば、もっと早く発見できたのだ
と言う気がします。無事に保護されたからよかったものの、もし遺体で発見
されていたら、この施設を管理していた責任者はその責任から逃れること
はできないでしょう。さらに、テロとかその他の事象に関しても、なんだか不
安な状況ではあります。
おっさん |  2016.06.05(Sun) 08:16 |  URL |  【コメント編集】

★教導官の仕事を増やすべきではない。


軽いジョークだとは思いますが、
ただでさえ忙しい教導官の仕事を増やすべきではないと思います。
あれだけ腐ったモノらの お守りをしてあげるのは
隊全体の負担にしかなりません。…しかも国費で。


ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)

官僚や国会議員、無責任な学者、評論家などは
同じ罪を犯しても、
一般の国民の数十倍、重たい罰を課すことが出来るようになればいいな。と思っております。
人治主義にならぬよう、 現諸法規と整合性を保つ為現憲法の改正を視野に容れて。
…それにしても、
国益にとっては何が正義かということを考えさせられます。
幕末の小栗上野介みたいなのもいましたしね。

lion |  2016.06.05(Sun) 19:26 |  URL |  【コメント編集】

★拡散希望

反韓や在日差別を煽る活動の中心には中国の工作機関関係者や中国からの帰化人が多数入り込んでいる事実が判明

http://sensapo.blog.fc2.com/blog-category-2.html
hato |  2016.06.05(Sun) 19:29 |  URL |  【コメント編集】

中国人の方が
棒子より人間として認識出来るよ。
我が国にとって朝鮮人は
「靴の底にへばりついたガム。」でしかないのだよ。
 |  2016.06.05(Sun) 19:42 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3899-e78c0d3c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |