2016.05.28 (Sat)


オバマ大統領広島訪問 各紙の社説読み比べ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経以外は中国と北朝鮮の脅威に言及せず

 昨日のオバマ大統領の広島訪問を各紙社説はどう報じたか読み比べてみた。
中国や北朝鮮の核の脅威を論じ、日米同盟の強化と核抑止力の必要性を説いたのは産経新聞だけだった。

⇒産経新聞(25016/5/28)
オバマ氏広島訪問 核の惨禍防ぐ決意示した


「被爆者の代表と言葉を交わし、抱擁しあったオバマ氏からは犠牲者を悼む真情が伝わってきた。

「昭和天皇の終戦の詔書には『敵は新(あらた)に残虐なる爆弾を使用して頻(しきり)に無辜(むこ)を殺傷し』とあった。
 広島、長崎への原爆投下は非戦闘員を大量殺傷した残酷な無差別攻撃であり、決して許されるものではない。
 一方、米国では戦争終結を早め、日本本土上陸作戦による犠牲を防いだとの見方が強い。日米間では原爆投下への見解が今も食い違う。」

「日米が応酬する歴史認識問題のワナに陥らなかったのは、安倍首相が語ったように、日米は『信頼と友情』で結ばれた同盟関係にあるからだ。
『核兵器なき世界』の理想を追求する上でも、強固な日米同盟は欠かせない。」

「日本の周囲を見渡せば、核戦力増強に余念がない中国。昨年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で、合意文書案に各国指導者の被爆地訪問を要請するくだりがあったが、中国の反対で削除された。
 北朝鮮は核・弾道ミサイル開発を強行し、ロシアのプーチン大統領はクリミア併合の際、核兵器使用を準備していたと公言した
 近隣諸国の核兵器は現実の脅威であり、米国が提供する「核の傘」の重要性が増しているのが実態である。
 核抑止を確保しつつ、核軍縮・不拡散に取り組む。困難な道であっても、オバマ氏の広島訪問を歩みを進める契機としたい。」


(引用終わり)

中国の外相は「南京事件は更に忘れるべきではない」と捏造事件を取り上げて日米を牽制しているが笑止千万である。
韓国は韓国でオバマ大統領が韓国人被爆者の慰霊をしなかったと僻んでいる。


⇒読売新聞(同上)
オバマ氏広島に 「核なき世界」追求する再起点


「オバマ氏は、投下の是非に関する見解や、謝罪には言及しなかった。だが、核兵器の非人道性と戦争の悲惨さを十分に踏まえた対応と言えよう」

「日本側は今回、謝罪を求めなかったが、原爆投下という非人道的行為を容認したわけではない。
 米国では今も、『戦争終結を早め、米兵の犠牲者を減らした』として、核兵器によって一般市民を無差別に殺害したことを正当化する意見が多数派を占める。
 戦後71年を経る中、こうした一方的な論理に対する支持は徐々に減少し、若年層を中心に、原爆投下を疑問視する考え方が拡大している。この世論の変化をさらに後押しする努力が欠かせない」

「オバマ氏の広島訪問は、昨年の安倍首相の米議会演説に続き、戦火を交えた日米両国の和解と同盟関係の深化の象徴でもある」。


最後は「基地負担軽減を着実に」と変なところに落とし込んで竜頭蛇尾の社説となった。

⇒朝日新聞
米大統領の広島訪問 核なき世界への転換点に


オバマ大統領の演説を評価したうえで・・・

「一方で、原爆を投下した責任に触れる表現は一切なかった。
 米国では「戦争を早く終わらせ、多くの人命を救った」として、原爆投下は正当と考える人が多い。そうした様々な世論に慎重に配慮したのだろう。
 ただ、被爆者の間では「謝罪はせずとも、核兵器を使ったのは誤りだったと認めてほしい」との意見が多かった。オバマ氏がこの点に踏み込まなかったことには失望の声も上がった」

「問われるのは日本も同じだ。
 アジアでは、原爆は日本の侵略に対する「当然の報い」と考える人が多い。オバマ氏の広島訪問にも「日本の加害責任を覆い隠すものだ」といった批判が韓国や中国で相次いだ。
 戦禍を被った国々と真摯(しんし)に向き合い、戦地での慰霊といった交流の努力を重ねる。日本がアジアの人々の心からの信頼を得るには、その道しかない。」


韓国と中国が被害者面をして日本を批判するのに同調している。
アジア諸国は日本を信頼している。
信頼していないのは中国と韓国だけである。


「核を持つ国々に共通するのは、核の威力に依存し、安全を保とうとする考え方だ。米国と、その「核の傘」の下にある日本もまた、そうである」

そのどこが悪い?

「核兵器に頼らない安全保障体制をどうつくるか。日米両国で、核の役割を下げる協議を進めていくべきだ。核大国と被爆国が具体的な道筋を示せば、訴求力は計り知れない。
 そうした行動につなげてこそ、今回の広島訪問は、未来を切り開く大きな意義を持つ。」


日本とアメリカだけが核兵器削減を目指せば未来が開けるような妄想に取り付かれている朝日新聞には身近で危険な核保有国・中国の存在が見えないらしい。
いや中国の手先である売国朝日新聞としては当然のスタンスも言えよう。

視点が定まらない毎日新聞。


⇒毎日新聞(同上)
米大統領広島訪問 核なき世界へ再出発を


「(アメリカへの)恨みなんかない。死んだ人への(核廃絶の)使命感だけですよ」

という78歳の被爆者の声を取り上げ・・・

「被爆者の思いを米政府は長年、読み違えていなかったか。謝罪要求を過剰なまでに恐れ、被爆地に近づかなかったのではないか。被爆者は訪問を待っているのに−−。」

と冒頭、アメリカを責める。

しかし・・・


「米国内では反対・慎重論もあったが、さまざまな障害を乗り越えて広島に来たオバマ大統領の決断を評価したい」

と評価。

一方で・・・



「ルーズベルト米大統領とチャーチル英首相が原爆をドイツには使わずに日本に使うことにした」


と批判。

でも、有色人種への偏見だと批判することもない。


「核兵器を持たない国々がNPTに見切りをつけ、核兵器禁止条約を作る動きが高まるのも無理はない。
 オバマ大統領の広島訪問を機に考えたい。私たちは核兵器による自滅をどう防げばいいか。必要なのは『人類』としての視点、学ぶべきは被爆者の『使命感』である。」


言葉遊びをしているだけで具体的な方向や手立てを示さない毎日新聞。

⇒東京新聞(同上)
オバマ大統領訪問 広島の願いを世界へ


◆抑止力より脅威語れ

「日本は唯一の被爆国である一方で、北朝鮮情勢など安全保障政策では米国の「核の傘」に依存している。
 だが、オバマ氏が広島を訪ねた後も、日本の政策に変化がないようだと、被爆国としての訴えも次第に色あせる。広島訪問は日本を後押ししている。抑止力より核の脅威、非人道性の議論に重点を移すべきではないか」


核の脅威や非人道性を世界に訴えれば「分かった、核保有は止める」などと言う国があるとでもいうのか。
プチ朝日とも言われる三流紙とはいえ、トンチンカンもいい加減にして欲しい。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

16:15  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

米国の戦争犯罪は原爆だけではありません。東京大空襲を始め、日本の
各地で一般日本国民を数十万人虐殺しています。このことはいくら謝罪し
ても許されることではありません。米国民は未来永劫このこと消すことので
きないことだと本心では理解していることでしょう。さもなければ、謝罪はす
るなと大騒ぎをする必要がありません。私自身も空襲から逃げ回った一人
です。
おっさん |  2016.05.28(Sat) 18:58 |  URL |  【コメント編集】

米国白人は、自分たちの祖父母らがいかに有色人種を見下し人命を軽視してきたか、黒人への差別と並べて理解を深めてほしいものです。

原爆正当化は、リンカーンの奴隷解放以後は黒人の人権は守られていると素面で言うのと同じくらい歴史認識が足りないと言えましょう。彼らの認識そのものは、72年くらいでは無理のようです。

オバマ来広は、確かな一歩ですが、まだ道のりは細くて長い。その道のりさえ妨げるのが、朝毎・特あ連合軍です。彼らの場合は、歴史認識能力とは別の我欲の要素が多すぎる。低劣な世界レジームをたくらむ悪の枢軸と言えましょう。
弓取り |  2016.05.29(Sun) 00:36 |  URL |  【コメント編集】

大手紙はダメですね…ぱよ調でうわっつらな記事。
地方紙のほうがジャーナリズムは残っているかもしれません。

韓国広報紙と噂される西○○新聞の記事には、読み応えがありました。
両国の益とするための、日米政府間の様々な努力と交渉。
沖縄の殺人事件についての安倍オバマ共同記者会見が、「危機」だったそうです。
海軍記念日の一大イベントが無事に終了して、よかったと思います。

スピーチで「これは道徳的な目覚めの始まり」と締めくくってありますね。
日本人は高い倫理性で、ソフトパワーのリーダーというブランド価値を確立しなければ。
政官民学各界のトップには、自浄作用が求められます。
タックスヘイブンや五輪収賄の問題なども、綺麗ごとではありません。
不正が横行すれば経済も傾きます。

今ダブル選挙すれば、おおっぴらには黒いカネが使えなさそうなので
公明党や共産党の議席数伸びないといいのですが!
くず |  2016.05.29(Sun) 04:50 |  URL |  【コメント編集】

案の定、中国は南京を持ち出して日本下げに躍起になった。
この捏造に紙面を割いて持ち上げたのが朝日の本多記者による
「中国の旅」シリーズであり、本人も中国の言いなりに書いたと
書面で回答しているが朝日本体は無視して沈黙だ。
未だに朝日は南京は事実として考えているのだろうか?
名無しさん@ニュース2ch |  2016.05.29(Sun) 10:13 |  URL |  【コメント編集】

『シューイチ』16/05/29(日)でのコメントから見える手嶋龍一の思想


◆中丸君がしっかりした日本人のコメントをした。
「本当にスゴいことだと思うのは、被爆された方が今回アメリカに対して謝罪を求めてる訳ではなく、来て見て感じてくれればいいというのを聞いて、

これって戦争を体験していない人が言う事と全く意味が違うと思うんですよね。だから我々はそういった経験した方の考え方だったり発言を受け止めなきゃいけないなと思いましたね。」

とコメントしていて、これは受け止め方によっては暗に謝罪を繰り返した日本や図々しく要求してきた中韓に対する皮肉でもあった。


そうしたら反日左翼の手嶋龍一が
「被爆者は単に形だけの謝罪を求めるのでなくて、大統領がこの地を踏むことによって核軍縮にむけた新たな一歩をという大きな役割果たされたんだと思います」と言い、

まるで日本は形だけの謝罪をしただけだと言わんばかりの薄汚い発言をした。

そのオバマ大統領は形だけの謝罪であろうと、事実出来なかった。米政府が「謝罪ではない」と強調しながら来日した。

反日左翼の手嶋龍一がいかに謝罪を「形だけの」と形容しようと、謝罪こそが一番難しいことなのです。そして日本はその謝罪を繰り返し行っている国です。
原爆投下やユダヤ大虐殺をした訳でもない日本が、です。


謝罪しなくても和解は可能です。手嶋龍一は中韓による度重なる謝罪要求の悪質さを直視すべきではないだろうか。

シューイチ提供/大鵬薬品・P&G・キョーリン製薬グループ・三菱電機ビルテクノサービス
 |  2016.05.29(Sun) 11:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3888-4f82dc25

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |