FC2ブログ

2008.09.30 (Tue)


麻生演説に野党・マスコミが反発

ビビる野党、猛反発のマスコミ

昨日の麻生首相の所信表明演説に野党とマスコミは「前代未聞」「型破り」と過剰反応している。
しかし、国民にはとても分かり易く、自民党を選択するのか民主党を選択するのかの争点がかなり明らかになったと思う。
欲を言えば憲法問題にも触れて欲しかったが尚早か。
分かりやす過ぎて対決を迫られた野党はビビり、マスコミは猛反発している。
その一部をご紹介。

テレ朝「ニュースステーション」(2008/9/29)
"失言辞任"で10.3解散も
異例「総理の質問」民主へ


ナレーション
「所信表明は本来総理が国民に向けて自らの政策理念を明らかにするもの。それを受けて代表質問で与野党で論戦を交わすのが通例だ。しかし、麻生首相は異例にも民主党に対して質問を繰り返した」


厚生年金が改竄された元会社員(女性)を登場させて年金問題の具体的な方策が無いと批判させる。

ナレーション
「迷走する後期高齢者医療制度でも麻生さんの言葉は抜本的な見直しとは程遠いものになった」

鳩山民主党幹事長
「品格がない。ビジョンのかけらもなかった。もう野党になる準備をしているのか。小沢代表は所信演説を述べる」


相変わらずピンボケで洒落にもならないコメント。小沢代表は麻生首相の挑戦に応ずるつもりは無いようだ。

志位共産党委員長
「この暮らしの苦しみをどう打開するかの言葉が何も無かった」

福島社民党党首
「国民と少数野党は眼中に無い」


二大政党がいいと世間は言っています。

亀井国民新党幹事長
「総選挙の自民党総裁の選挙演説だ。民主党に勝ちたいために民主党を挑発している」

平沢勝栄
「総理も大臣もくるくるくるくる回転すしのように変わっている。これでは仕事などできるはずは無い」


平沢はほんとうに自民党の議員か。

加藤千洋
「総理がこの一年でクルクル代わったから中長期の展望を語れといっても無理だ。選挙で頭が一杯かもしれない」


加藤千洋氏はもう降板で何か投げやり的でいつもの反日偏向コメントもなく、突っ込みどころゼロ。

なお今朝の朝日新聞は民主党になり代わって、民主党の政策の財源を詳細に載せているという。
そういえば今朝のテレ朝「やじうまプラス」でもいくらでも節約するところは探せばあるという。

●防衛省は通信料払いすぎ、「一括割引」使わず過去に2年間で5700万の無駄遣い。
●日本郵政は「9千万円無駄遣い」


とても民主党がいう16兆円には達しない。

TBS「朝ズバッ!」(2008/9/30)
「前代未聞の挑発的な内容」


所信表明というよりまるで代表質問のような雰囲気・・・
21分の演説で「民主党」という言葉が12回・・・
民主党に質問を行うなど異例の内容。


コメンテータを総動員してこの演説が国会運営上間違っていると主張。
横綱相撲ではないその他非難轟々。

日本テレビ「ズームイン スーパー」(同)

橋本五郎氏が各紙の社説を紹介

読売「小沢一郎代表はどう応じる」
朝日「選挙モードで全開ですか」
毎日「野党の代表質問のようだった」
産経「国の在り方で論議深めよ」
日経「型破り麻生演説に小沢答弁を聞きたい」


朝日のタイトルは麻生首相を完全にオチョクッている。産経がやはり一番正論だ。

橋本氏の麻生首相への注文
①予算委員会や党首討論をしなくていいいのか!


麻生首相はやらないとはいっていない。周囲の選挙圧力をはねつけても今の所やるつもりだ。

②高齢者医療・消費税などでビジョンを示せ!民主党を批判するのもいいが自分の所もやれ。

フジテレビ「とくダネ!」(同)

民主党への質問事項
①補正予算
②インド洋での給油活動
③消費者庁
④地方道路財源
⑤日米同盟と国連

事故米や任命責任など自民党に不利な話は含まれていない。


国民にビジョンを語れという一方で事故米や任命責任を問うマスコミのダブスタであろう。

竹田圭吾(Newsweek日本版」編集長)
「僕はそんなに悪い所信表明ではなかったと思う。麻生さんの書いた『とてつもない日本」の内容に即した、今日本にとって緊急の課題は何かという事を具体的に示した。民主党を意識したというのもあるが二大政党制とはそもそもそういうものだ。それが望ましいと言っていた人達までもが、批判するのはちよょっと変ではないか。内容としては課題を列挙した。ただここまで言うからにはちゃんと予算委員会を開いて民主党がきちんと反論できる場を与えないと不公平だなという気がする」


竹田圭吾氏は時々いいことを言う。

長谷川(プレセゼンター)
「明日、小沢さんは麻生さんの質問を無視して所信表明をするのでは無いかといわれている。それを朝日新聞だけが民主党のマニフェストを一面に書いている。3段階に分けた財源が示されている」

テレ朝「スパモニ」(同上)

話し方研究所
「話が羅列的。しかし日本語をきちんと使っていること、短くて分かり易く言葉の使い方には好感が持てた。若者受けするような彼がカタカナ語を避けた。あえてそういう言葉を使わなかったことは良かった」


確かに安倍元首相の時はカタカナ語が多すぎた。

「立ち振る舞いは落ち着いていた。いい面もあるが変化が無い。日ごろよく笑顔を見せる。笑顔が焼きついているから、日ごろのテレビに出てくるイメージが頭に入っている。一番最後にどういう意味か分からないがちょっとニコッとしした。あれが良かった」

三反園訓
「麻生さんの目は民主党のほうを睨んでいて怖かった。民主党に挑戦状を叩きつけた」

大沢孝征(弁護士)
「横綱相撲とは到底言えない。胸を貸して受けて立って、後の先を取るというならまだいいが、いきなり立ったら八艘飛びをやったような感じで(一同品無く爆笑する)それはないだろうと。小泉さん的な選挙の手法がまだ残っている。二つに一つどっちなんだ。自民党か民主党かと」


二大政党を目指すなら自民か民主かどこが悪いか。

若一光司(作家)
「大与党が野党と同じような対応をしている。民主党に財源を示せと言いながら自民党は財源を示していない。自分の言ってる事に全く具体性が無いのに、野党に具体性を示せ示せと言っている。その滑稽さに気がつかないのが滑稽だ」


司会の赤江珠緒までが悪乗りして・・・

赤江
「質問返しで、自分の答えはクッとこう煙に巻いた感じがしますねえ」

三反園
「国民にアピールする時間を放棄した。支持率は上がらないだろう」

鳥越俊太郎
「国民に対するメッセージが無い。所信を披瀝する場所だったのに答えていない」

参院民主党の梁瀬国対委員長は、答弁を認められていないのに質問するのは可笑しいと批判しており、参院民主党は質問部分の削除を要求する、認めなければ参院本会議を開かない事も含めて検討するという話も出ている。

これこそ野党の言い掛かりである。質問といってその場で答えろとは言っていないし、問いかけである。挑戦状を突きつけられて、その挑戦状を引っ込めなければ話し合いに応じないとは民主党は情けない腰抜けである。

TBS「ピンポン」(2008/9/30)

東昭二(立命館大学言語教育情報)
「簡潔で分かりやすいがあまりも自分の顔を出し過ぎた。これは国民ではなくて政敵である民主党に向けた演説だ。前代未聞、今まで無かったスタイル」

【麻生氏が多用した言葉】

国民  27回
わたし 25回
経済  14回
民主党 12回



「国民」の方が「わたし」より多いではないか

福澤朗
「一番気になったのは麻生さんの(額の)てかりだ。あせりかてかりか分からないが。自分が大好きなんですねえ」


一国の長を無意味に揶揄していいのか。

大谷昭宏
「民主党以外の少数野党を無視した議会制民主主義の破綻だ」


二大政党になるべしと言ってなかった?

やくみつる
「自民党の自爆だ。これで民主党に入れようと思う人が増える」

福澤朗
「弱い犬ほど良く吼える」


麻生首相は「弱い犬」だそうである。

麻生首相の演説を評価する方はクリックを!
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:17  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/382-485c0321

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |