2016.04.02 (Sat)


古舘・田原・岸井らのマスコミ萎縮論の嘘


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経抄がブッタ切り

 前出の産経新聞「正論」に続いて「産経抄」も秀逸だ。

 先月末、テレ朝「報ステ」を降板した古舘伊知郎は「立つ鳥 あとを濁さず」どころか最後まで言いたい放題の鉄面皮であったことは先の記事で述べた。

「テレ朝『報ステ』古舘伊知郎の最後っ屁」(2016/4/1)

7分47秒の長広舌は古館が長年の間、公共の電波を私有化してきた証左であった。
「情熱を持って番組を作れば多少は番組が偏る(のは当たり前だ)」としたり顔で居直ったのである。
言葉を操り、人を操って来た古館が本性を見せた瞬間であった。

なお見出しは産経ニュースがつけたものである。

産経抄(2016/4/2)
報ステ降板の古舘伊知郎氏、「電波発言」に抗議の田原総一朗、岸井成格両氏ら
…がん首を並べて一体何を問題にしているのか 

 何が言いたいのかよく分からない。3月31日にテレビ朝日系「報道ステーション」のキャスターを降板した古舘伊知郎氏は、番組の最後でこう述べた。「人間は少なからず偏っている。情熱を持って番組を作れば多少は番組は偏る」「何らかの圧力がかかって辞めさせられるということは一切ない」。

▼自分と番組は偏っているが、辞める理由とは関係ないということか。わざわざ最後に言い残す言葉かと当惑させられたが、このところ国会や一部新聞ではやっている「マスコミ萎縮論」を意識しての発言なのだろう。

▼高市早苗総務相の「電波発言」に抗議したジャーナリストの田原総一朗、岸井成格両氏らが3月24日、日本外国特派員協会で開いた記者会見も奇異に感じた。ニュースサイト「ブロゴス」によると、彼らは一様に安倍晋三政権を批判しつつ、矛盾するような意見も強調していた

▼「私に対して直接・間接の圧力は一切ない」(岸井氏)、「政治の圧力なんてたいしたことない。僕は首相を3人失脚させたが、圧力なんて何もない」(田原氏)…。だとすると、がん首を並べて一体何を問題にしているのか。

▼ジャーナリズムは反権力であり、使命は権力の監視だとのステレオタイプに無理やり現実を当てはめようとして、自家撞着(じかどうちゃく)を起こしてはいないか。マスコミ自身が一つの権力である実態への自省は見えない

▼思想家の吉本隆明はかつて、共産党による「小沢一郎元自治相=ファシスト」宣伝についてこう指摘した。「『小沢はファシズムだ』と幟(のぼり)を立てれば、周囲もすぐに同じことを言い出す状況のほうが、はるかにファシズムになる可能性が高い」(『わが「転向」』)。現在では、安倍首相がヒトラー呼ばわりされている


(引用終わり)

 産経抄子は田原、岸井等の面々が自分は政治の圧力を受けていないというなら何が問題かと揶揄している。
マスコミ自身も権力であることを反省していないと厳しい。
そのとおり。
マスコミは第4の権力だと言われて久しい。
そていまやブログメディアという第5の権力が既成メディアの嘘をぶち壊そうとしている。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:08  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

PONKOさん

 少しだけチャチを入れさせてください。
 田原の耄碌爺が、過去に3人の首相を辞めさせたと言い放っているのですから、第4の権力ではなく、今や第1の権力というべきではないでしょうか。

 ネットの批判勢力は今のところ第5の権力に過ぎないのでしょうね。

 この第1権力が揃いも揃って、時の権力の批判をすると豪語していますが、実のところ反日政権の時には支援したり都合の悪いことは報道せずにスルーするばかりで、自分たちの都合の悪い政権にばかり針小棒大に捏造までして攻撃してきた実績は誰の眼にも明らかではないでしょうか。

 それを糊塗する主張が件の”私たちは怒っています”というキャンペーンですが、心ある人からはピエロチックな醜態に写っていることが判らないアホどもたちの行動です。
 
tbsasahinhk |  2016.04.02(Sat) 23:36 |  URL |  【コメント編集】

★米国リベラル(ポーランド系リトアニア系ベラルーシ系チェコ系ルーマニア系米国ユダヤ人)の下僕 = 韓国人・共産シナ朝鮮族・共産シナ人・帰化未帰化在日韓国人

米国リベラル = ポーランド系リトアニア系ベラルーシ系チェコ系ルーマニア系米国ユダヤ人

米国リベラル(ポーランド系リトアニア系ベラルーシ系チェコ系ルーマニア系米国ユダヤ人)の下僕 = 韓国人・共産シナ朝鮮族・共産シナ人・帰化未帰化在日韓国人
A敦子 |  2016.04.03(Sun) 14:20 |  URL |  【コメント編集】

故筑紫テツヤは、森喜朗総理糾弾キャンペーンの急先鋒でしたね。
あれだけ国民に嫌われた総理もいないんじゃないですか?
森が辞職した後、誰だかの結婚式で会った時に、筑紫が森に「ちょっとやり過ぎちゃったね」と言ったとか。
森に関しては、今でも叩かれ続けてますが、彼がいなければラグビーW杯を日本に誘致できなかったと聞きます。


東光 |  2016.04.03(Sun) 15:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3801-1e88ecdb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |