2016.03.29 (Tue)


危ないヘイトスピーチ抑止法案


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

法案の狙いを知るべし

国連の人権委は一部の左翼活動家に牛耳られていて、参加国に対して偏見に満ちた勧告をしている。

「人権問題を扱うNGOの多くは、中華人民共和国、キューバ、ジンバブエ、ロシア、サウジアラビア、パキスタンなどには人権委員会の構成国たり得る資格がそもそもないと批判していた」(ウィキペディア)

 中国はウイグルやチベットの少数民族を迫害していて「人権」を云々する資格すらない。
また、人権委が中国に民族抑圧を止めろと過去に勧告したことは寡聞にして知らない。
一方で日本に対してはいわれなき慰安婦問題やヘイトスピーチ禁止など勧告している。

 大体、「人権」や「弁護士」が出てくると胡散臭いのである。
在日特権を許さない市民の会(在特会)の主張は正しいが、あまりにも過激な言動をしたために、在日や左翼の思う壺に嵌った。

「ヘイト」というカタカナ語で批判され、左翼や人権派の餌食になってしまった。
過ぎたるは及ばず、主張は正しくとも訴求方法を間違えれば反撃を食らう。

「ヘイト」という意味では在特会を目の敵にしているヤクザ集団の「シバキ隊」も中指を立てて「ヘイト」を叫ぶ。
当ブログでも、あの精神科医の青山リカが中指を立ててデモ隊に向かってきた写真を紹介した。
彼らは気軽に中指を立てるが、そんなことを外国でやったら馬鹿にされるだけである。

産経新聞(2016/3/29)
自民のヘイトスピーチ抑止法案原案
具体的な禁止事項 例示せず


(産経ニュースの見出しは「『第2の人権擁護法案』の異論も」とある)

 自民党が今国会への提出を目指すヘイトスピーチ(憎悪表現)を抑止する法案の原案が28日、分かった。「不当な差別的言動の解消に向けた取組を促進する」などとしながら、党内の反発に配慮して具体的な禁止事項などの例示は避けた。29日の公明党との協議で示す。
 ヘイトスピーチについては「国際社会におけるわが国の占める地位に照らしても、ふさわしいものではない」と強調。相談体制の整備、教育の充実、啓発活動に取り組むとしている。
 民進党など野党は、ヘイトスピーチ規制法案(人種差別撤廃施策推進法案)を提出済み。取り調べの可視化などを盛り込んだ刑事訴訟法改正案の参院審議前の審議を求めており、審議促進のため与党として対案提出を目指す。ただ、自民党内には「第2の人権擁護法案」(若手議員)と異論もあり、調整が難航する可能性もある。


(引用終わり)

 野党は「人種差別」という観点からヘイトスピーを禁止しようとしている。
要するに外国人(帰化人も含めて)を差別した言動をするとお縄になるということである。

 高市総務相が放送法に基づく電波停止もあり得ると正論を述べただけで左翼メディアや言論人が「言論の自由」だの「萎縮する」だのと言って大騒ぎしたくせに、そういう人間に限ってヘイトスピーチ禁止法に大賛成である。
これは矛盾してないか。

 かつて人権擁護法案が部落開放同盟や左翼の運動で成立寸前まで行く危ない場面があった。
自民党の保守派、産経新聞、文化人の反対運動で廃案になったが、民主党は懲りもせずに「人権侵害救済法案」と名前を変えて再提案したが再び廃案に。
これらの法案に反対の立場を取る安倍首相になってからはしばらく収まっていたが、今度は「ヘイトスピーチ抑止法」と名前を変えて現れた。

 日本人は「セクハラ」とか「シングルマザー」とかいうカタカナ語に弱い。
人種差別の用語や行動をどう定義するか曖昧なまま安易に法案を通せば、左翼の思う壺である。
自民党は野党への対案という形で法案を提出し、勝負付かずの形で廃案にもっていく作戦ではないか。

互いに疑心暗鬼になる法律を作るまでもなく、学校の修身教育を充実させれば済む話である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:42  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★アンニョンハセヨ、民進党です。

日本人のみなさん、アンニョンハセヨ、民進党です。
民進党は日本人の味方です、仲良くして下さい。

選挙の時は大きな声で「アンニョンハセヨ、民進党! アンニョンハセヨ、民進党! アンニョンハセヨ、民進党!」と繰り返して、応援お願いします!
さよならサヨク |  2016.03.29(Tue) 22:39 |  URL |  【コメント編集】

★しょっぱなに工作員のコメント。

民進党=白真勲って感じだ。
もう、まがい物だらけの人間で構成する民進党は、ニッチ政党にまで追い込まなければいけない。
共産党もニッチ政党だ。
日本にとって不要な政治屋が、多すぎる。
katachi |  2016.03.29(Tue) 23:41 |  URL |  【コメント編集】

★パパ、ママは敗戦民

>日本人は「セクハラ」とか「シングルマザー」とかいうカタカナ語に弱い。

敗戦自虐史観による偏向教育などとともに、カタカナ語の消化不良のままの濫用も、長い年月をかけ、世代交代しながら浸透してしまった悪習になっていると思います。

政治の従米を「ポチ」と呼ぶ声は多々聞こえるけれど、文化面ではいくら米国かぶれでも、従米のポチと言う声は聞こえない。偏向です。

何の疑問もなく、子供に「パパ」、「ママ」と呼ばせる親。先生が「このお知らせをパパ、ママに渡してください。」簡略な愛称のつもりでも、その影響があるのではないか。無抵抗な空気がうすら寒い。
おじいさん、おばあさんは、「ぐらんぱ」「ぐらんま」か。従兄妹はカズンでしたっけ。めまいがする。

十分な要件を満たしてすでにある物を、わざわざ無意味に言い換え。新しい概念を咀嚼しきれない。言語感覚の低下、思考の停滞につながりはしないか懸念されます。
これらが、非日本化を進めて、従米どころか、あらゆることの根拠を失くしても喪失感を感じない無抵抗にしていると思います。
弓取り |  2016.03.30(Wed) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

>中国はウイグルやチベットの少数民族を迫害していて「人権」を云々する
>資格すらない。また、人権委が中国に民族抑圧を止めろと過去に勧告し
>たことは寡聞にして知らない。一方で日本に対してはいわれなき慰安婦
>問題やヘイトスピーチ禁止など勧告している。

このような国連に米国に次ぐ分担金を支払う必要はありません。常任理事
国の最低の分担金より1万ドルくらい低い金額でよいでしょう。早急にその
ようにすべきです。

左翼による真っ当な意見の弾圧が酷すぎます。大阪府のある中学の校長
は辞任させられてしまいました。こちらの方こそ取り締まるべきです。

おっさん |  2016.03.30(Wed) 08:13 |  URL |  【コメント編集】

日本には人権侵害という法律があるのに、敢えてヘイトスピーチ防止法案を必要とする意図がわかりません。

彼らが日本国内外でやっている、日本人果たしてへの人種差別やら人権蹂躙やらはどう考えれば良いのでしょうか?

司法は法案が通った暁にはどんな判断をするのでしょうか???
大きな顔で日本人不利&不利の判決がまかり通り、それが又世界に発信されて行くのでしょうか?

日本人に生まれたら損をするなんて何だか、やってられませんね。


凛 |  2016.03.30(Wed) 12:24 |  URL |  【コメント編集】

人権擁護法案の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/142.html

反日サヨクはテロ予備軍 |  2016.03.30(Wed) 23:05 |  URL |  【コメント編集】

ヘイトスピーチ禁止、大量移民、こうしてスウェーデンは移民国家になった
https://www.youtube.com/watch?v=Mn16K4XzxRQ
 |  2016.04.03(Sun) 23:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3791-84ae051d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |