2016.03.28 (Mon)


トランプ候補 日本の核武装を容認


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本が自主防衛するチャンスかも

 トランプという政治のド素人が米大統領予備選に出馬し、大方の予想を裏切って目下のところ共和党候補者のトップを走っている。

 そのクレイジーな発言から予備選で敗退するかと思っていたらとんでもない、日ごろ政治に不満を持つ米国民が無責任な放言に飛びついてしまった。

どれも代わり映えのしない共和党候補者の中では、消去法でせめてルビオ氏かと思っていたら、本拠地で敗退して撤退宣言をしてしまったのは残念だ。

今後一体どうなるのか。民進党のヒラリー・クリントンに対抗できる共和党の候補者は出るのか。

トランプ氏は日米安保の片務性を指摘しているが、それは事実。
明日施行される安全保障関連法はそれを一部修正するものでもある。

⇒産経ニュース(2016/3/28)
トランプ候補の止まらぬトンデモ安保論
「日韓の独自の核保有いとわず」「在日米軍撤退を」


 【ワシントン=青木伸行】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は26日、大統領選の共和党候補指名争いで首位を走るドナルド・トランプ氏(69)のインタビューを掲載。同氏は大統領に就任した場合、日本と韓国の核兵器保有を容認し、在日、在韓米軍を撤退させ、日米安保条約について再交渉する用意があるとの考えを示した。
 トランプ氏はこれまでも「日米安全保障条約は不公平だ」と負担増を求める意向を示していたが、核保有容認や米軍撤退の可能性に言及したのは初めて。
 日米安保条約についてトランプ氏は「片務的な取り決めだ。また米国には巨額の資金を日本の防衛に費やす余裕はない。(日本の駐留経費負担は)実際のコストよりはるかに少ない」と述べ、日米安保条約の再改定も視野にあることを明らかにした。
 さらに、日本と韓国が駐留経費の負担を大幅に増やさなければ「喜んでではないが、米軍を撤退させることをいとわない」と明言。日韓が北朝鮮と中国から自国を防衛するために、核兵器を独自に保有することを否定しないとした
トランプ氏の原則は「米国のことを第一に考える」だ。米国は国際社会の平和と安定に、カネも軍事力も費やすべきではなく、余剰資金を国内経済に投下しようというわけだ。そこから米軍撤退や、日韓の核兵器保有容認論も出てくる。
 米国は第二次大戦への参戦によって、それまでの孤立主義を放棄し、国際協調主義に転換。世界の「超大国」として、義務と責任を果たすという道を突き進んだ。オバマ政権は、「世界の警察官」という役割を放棄し、米国の指導力は相対的に低下した。しかし、国際協調主義は維持し、地球規模の課題などでは指導力を発揮している。


(引用終わり)

 トランプ氏は日本から米駐留軍を引き上げる変わりに日本は核武装せよという。
瓶の蓋を開けるというのである。

フィリピンが1995年、米駐留軍を追い出した途端、中国にミスチーフ島を占領されてしまったのは紛れも無い事実。慌てたフィリピンが米駐留軍を呼び戻したが後の祭り。
翁長県知事は日本軍が米軍の代わりに辺野古基地を利用するなら文句あるまい・・・いや中国の走狗だから文句アリか。

 トランプ氏は米軍撤退のかわりに日本も核武装せよという。
戦勝国の核クラブが他国には核武装させないという勝手な振る舞いをしているのだから、これは画期的な提案で一考に価する。
ハチャメチャなトランプ氏が大統領になれば、日本もいよいよ自主防衛が出来るようになるかもしれない。

ただ、アメリカが再び孤立主義に戻ればイスラム過激派組織ISISが今以上に息を吹き返してしまうというリスクもある。

それにつけても、あの時、共和党のジョン・マケイン候補が大統領にならなかったのは残念!と死んだ子の歳を数えてみる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:05  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

トランプは賭けに出た。ブラフもあるんでしょうね。冗談ですが、ガス抜きにはなっているのでは。
最後は、米国人もガスが抜けたところで少しは冷静な判断をするような気がします。

トランプが勝っても負けても、日本に軍事的負担を求める空気が米国内にあることは、次の大統領の念頭に残るだろうと思います。中共シナも察するだろうから、日本は早めの正しい判断と覚悟が必要ですよね。
弓取り |  2016.03.28(Mon) 23:21 |  URL |  【コメント編集】

★弓取りさん

>日本は早めの正しい判断と覚悟が必要

おっしゃるとおりです。
安倍首相はトランプ大統領になった場合を想定せよ指示を出したとのこと。
ponko |  2016.03.28(Mon) 23:33 |  URL |  【コメント編集】

★日本のサヨクはトランプが嫌い

みんな少しだけ勘違いをしているかもしれないが、
日本が米国の大統領選に関与なんぞ
できない。

せいぜい中国がロビー活動を含め工作をしたりできるぐらいか。

日本にそんな気の利いたことが出来れば慰安婦でこんなに言いたい放題韓国、中国にやられぱなしのわけがない。

だからトランプが大統領になるなら

日本は従属的に
はい、そうですかとなるだけなのだ。

米国議会・米国防総省はあるが、
トランプ大統領が意思決定をするのだ。

日本は米軍駐留経費を増やせ。
と言われてそうするか?
しないで日本軍を育てるか。

日本の核武装を容認すると言われて、
日本が核武装するのか
しないのか。

まあ日本のサヨクは心からトランプに大統領になってほしくない。
M |  2016.03.28(Mon) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

 散々日本弱体化に精を出していたアメリカから、今更、応分の基地維持費用を増額するか、自前で守るかを選択しろと言われても、時期を逸し過ぎてしまった”後の祭り"現象で困ってしまう。

 自前で自国防衛に心血を注がなかった我が国の防衛意識のお粗末を反省するしかないのは当然である。

 アメリカ仕込の軍装備のブラックボックスすらも不明のままで、今すぐ自前の軍備が調達できるわけもなく、最小限のアメリカ様頼りはいかなる高額対価を支払おうともお願いせざるを得ないのが現実であろう。

 その間に、核装備も含め自前の軍備調達を急ぐしかあるまい。

 本来の我が国の有り方が今こそ問われる時で、万事塞翁が馬と喜ぶべきなのではないだろうか。
tbsasahinhk |  2016.03.29(Tue) 00:24 |  URL |  【コメント編集】

トランプ候補の掲げる考えはモンロー主義への回帰ですね。
アメリカの保守系メディアもトランプ候補を嫌い捲ってヒトラーになぞったり、ワイマール憲法期の独逸に例えてると云う話も聞きますが、ドチラかと云うと既得権者が喚いてトランプ候補にネガティブなレッテルを貼ってると言われてますね。
日本も左派アメリカも左派が世論を扇動して居る事に変わり無し

海の向こうのアメリカの事ですから日本国内以上に正確な情報は掴み難い部分も有ると思いますが、個人的には我が国日本も自主権を取り戻すチャンスだとも思っております。
自国の安全の全責任を担うのは自国のみ、片務的な日米安保に依存し過ぎるなイザと成ったら。当てにし過ぎてはいけない、アメリカ有事の際に日本は与えられた責務を果たさないだろ。
ならば逆も然り、国益の合致する時は別とするが、其の意味でも日本列島の存在日米同盟の存在はアメリカの国益と合致するが、最終的に自国の安全を守るは自国のみと云う覚悟を常に持つ事が必要だ。

我が国の安全は我が国の抑止力での覚悟を持て。
超大国は衰えた、甘えは国家国民の滅亡意味し敵に依る粛清を意味する



シベリア帰り |  2016.03.29(Tue) 08:36 |  URL |  【コメント編集】

★日本軍は、平均年齢が高い。

ユーチューブ見ていても30代以上が多く目につく。
兵器も高度になり、低学歴では難しい時代になっている。
出来れば防衛大学の卒業生は、其の儘軍に編入できるようにしないと税金の無駄ではなかろうか。
防衛大に入る事は、それだけの決意で入学すべきで便宜上で利用すべきでは無い。
トランプが、出てくれば、日本の姿勢も変化せざる得ない。
防衛に力を入れるか、それとも米軍への資金を増額するかのどちらかだ。
増額の方が、安上がりだが、先を見越すとアメリカも先細りだろう。
しかし軍事力だけは、アメリカの命だけあって優位を保つだろう。
日本は、ただでその優位性を利用できないと言う事である。
核の容認をアメリカが許した事は、それを上回るプラズマ兵器の目途が立ったからであろう。
日本にも大槻名誉教授が居る何とか頑張って欲しいものである。
日本には、過不足なく次世代の武器に関連する事を民製品で研究している人間が存在する。
いざとなれば転用できる体制に自然と誰が言う訳でもなく準備できているところが、面白い。
katachi |  2016.03.29(Tue) 11:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3789-e59e063b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |