2016.01.07 (Thu)


憲法改正に反対する傲慢な公明党 野合する野党


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

野党を蹴散らして憲法改正へ

自民党と連立与党を組む公明党の山口代表が、「いきなり憲法改正は傲慢だ」と発言した。
憲法改正が党是の自民党に対して何たる傲慢な発言であろう。
自民党が軽減税率で公明党に譲歩したから、図に乗っているのではないか。

⇒産経ニュース(2016/1/6)
公明党の山口代表「いきなり憲法改正は傲慢だ」 安倍首相や自民党を牽制
 


 公明党の山口那津男代表は6日のBSフジ番組で、安倍晋三首相が夏の参院選で争点に位置付ける憲法改正について「いきなり(発議要件の)3分の2(以上の議席)を取って、憲法改正をするのは傲慢だ」と述べ、改憲を急ぐ自民党を牽制した。
 山口氏は「与野党ともに国会の意思として、憲法を変えようじゃないかという成熟を導くのが役割だ」と指摘。「それができてもいないのに、いきなり結論を出すのは時期尚早だ」とも語り、幅広い合意形成を優先させるべきだと訴えた。


(引用終わり)

「傲慢だ」とか何とかいうことではないだろう。
「与野党とも変えようじゃないかという成熟」

そんな事を言っていたら100年経っても憲法を改正できない。
選挙で選ばれた国会議員が多数決で憲法改正をして何が悪い。
それが民主主義というものだろう。

自民党は大阪維新の党と連携して、早く公明党を切るべきである。
そうすれば公明党嫌いで離れて言った保守層も帰って来る。

 一方、野党は統一会派と称して選挙の票目当ての野合が始まっている。
衆院では維新の党の大阪派を追い出して「維新」を乗っ取った元民主党の一派は民主党と統一会派を結成した。
参院では維新の党が日本を元気にする会と統一会派を結成し、このねじれ現象に民主党から非難の声が上がっている。

⇒産経ニュース(2016/1/7)
「あり得ない」維新と元気の参院統一会派に民主が反発


 維新の党と日本を元気にする会は7日、参院の統一会派「維新・元気の会」の結成を参院事務局に届け出た。新会派の勢力は維新5人、元気会4人の計9人。元気会の会派に参加していた無所属の行田邦子、田中茂両氏は参加しなかった。
 その後、会派の共同代表に就いた維新の寺田典城参院議員会長と元気の松田公太代表は国会内でそろって記者会見し、「議会活動の場を広げたい」「統一会派結成は政治的な実利をとった」と強調した。
 維新は衆院で民主党と統一会派を結成した。参院での民主、維新両党による統一会派結成について寺田氏は「否定しない」と述べた。ただ、当面は衆参両院で会派を組む相手が異なる「ねじれ」が生じる事態となり、民主党は7日の党参院議員総会で「あり得ない」と反発する意見が続出した。


(引用終わり)

 政治理念も政策も何もなく、ただ落選したくないためだけの野合は有権者から間違いなくしっぺ返しを受けることだろう。

 産経新聞の松本学記者は「維新」の名前を横取りして大阪派を追い出した松野頼久代表の維新の党を「ニセもの維新」と呼んで批判している。
民主党から離党して散々民主党の悪口を言っていた連中が統一会派と称して出戻り、いずれ民主党を解党すると言う。
政治家の理念なき打算的な離合集散の姿を描いているので長文だがアーカイブにすべくコピペする。

⇒産経ニュース(2016/1/5)
【松本学の野党ウオッチ】
統一会派結成で浮かれる“ニセモノ維新”の皆さん 民主党をどれだけ罵倒してきたかお忘れですか?


反日0007
統一会派結成の合意書を手に握手する民主党の岡田克也代表(右)と維新の党の松野頼久代表=平成27年12月11日、国会内(斎藤良雄撮影)

1月4日に召集された通常国会で、民主党と維新の党の衆院統一会派「民主・維新・無所属クラブ」がデビューした。会派結成を足がかりに新党結成をもくろむ維新は「参院選に向け国民に選んでもらえる規模感を出さなければいけない」(松野頼久代表)と意気軒高だが、ちょっと待った。維新の議員の大半はかつて民主党に三くだり半を突きつけた面々だ。民主党との連携の意義を声高に叫んだところで、「どの口が言っているのか?」という印象は拭えないのだが…。
 統一会派は4日、本会議を前に初めての代議士会を開き、約90人の出席議員が国会論戦での結束を確認した。
 ただ、新会派の船出という象徴的な場面であるにもかかわらず、清新さはさほど感じられない。それもそのはず、維新の衆院議員21人のうち約半数は民主党出身者であり、いわば「元の鞘」に収まっただけの話なのだ。しかも、民主党を離れた後、公然と“古巣”への批判を繰り広げてきた者も少なくない。

 国会運営に関する民主党との調整の最前線に立つ初鹿明博国対委員長代理もその一人だ。
 平成24年11月の衆院解散の日に民主党に離党届を出した初鹿氏は、その直後の記者会見でこう言い放っている。
 「1年以上前から次の選挙は民主党で戦わないと決めていた。民主党はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加を表明しようとしたり、新自由主義的な政策にどんどん進んでしまっている」
「日本未来の党」から立候補した翌12月の衆院選のビラでは、次のような主張も繰り広げている。

 「私の考えは全て民主党の方針と正反対になってしまいました。自分の信念を曲げてまで大きな組織に依存し続けることはできないと考え、信念を貫くために民主党を離れる決断をしました」

 「民主党は自民党と変わらない新自由主義の政策を取るようになっています。第3極と言われる維新の会も基本的には民主、自民と同じ新自由主義。そして、外交面ではどこもタカ派」

 民主党だけでなく、維新の党の前身である旧日本維新の会をも批判の的に据えたわけだが、その初鹿氏が26年末の衆院選には平然と維新の党から出馬し、今度は民主党と組もうというのだから、とんだお笑い草である。
 ちなみに、維新の党の26年衆院選公約には「TPPなど域内経済連携に積極的に関与」とある。「自分の信念を曲げてまで大きな組織に依存し続けることはできない」と威勢よくタンカを切っていたのはどこの誰だったのか。たもとを分かった「おおさか維新の会」の橋下徹前代表、松井一郎代表(大阪府知事)らが、維新の党を「ニセモノ維新」と痛罵するのは、こうした無節操さへの嫌悪感ゆえだろう。

 過去に民主党をヤリ玉にあげてきた維新の党の議員は初鹿氏だけではない。
24年9月の旧日本維新の会結党に参加し民主党から除籍処分を受けた水戸将史総務会長代理は当時の記者会見で、民主党のお家芸と揶揄される「決められない政治」に矛先を向けている。

 「民主党は政党のガバナンス(統治)ができていなくて、決められない。維新の会は多数決で決める『決める政治』をしていて意思決定が明確だ」

 水戸氏と一緒に離党届を出した石関貴史国対委員長も、この会見で「民主党内に残ってぐずぐず言うより、ケジメをつけて新しいところで訴えを実現する」と決別の理由を述べた。
 石関氏は、昨年12月15日に開かれた統一会派の準備会合で「懐かしい顔ぶれの皆さんとまた一緒に仕事ができるのは大変うれしい」と“再会”を喜んでみせたが、当然、民主党側は「少なくとも(石関氏の地元の)民主党群馬県連は『懐かしい』なんて思ってないでしょう」(党ベテラン職員)と冷ややかに受け止めている。

 維新の松木謙公幹事長代行が、民主党から除籍処分を受けた後の23年10月に出版した著書も痛烈だ。タイトルからして「日本をダメにしたこの民主党議員たち」(日本文芸社)。党幹事長時代の岡田克也代表に対して「理解不能、無機質な能面男」と名指しで批判を浴びせている。
一方、民主党の「労組依存体質」に言及したのは太田和美国対副委員長である。生活の党から立候補した25年7月の参院選の街頭演説会で、次のように訴えている。

 「労働組合から支援を受けている民主党は電力改革をうやむやにしている。電力業界と政界のしがらみを断ち切るために私は戦う」

 選挙のたびに違う政党から立候補し、非難していたはずの勢力といつのまにか手を組んでいる-。ご都合主義の野党結集には、有権者から厳しい視線が注がれるに違いない。心ある民主党の党員やサポーターも、こうした議員たちと合流するための「解党」など、けっして望みはしないのではないか。


(引用終わり)

個人的な好みを言って恐縮だが、松野頼久維新の党代表はどうも好きになれぬ。
不潔な長髪に胸元のYシャツのボタンを外してだらしなく広げて、目つきも悪い。
どこかで読んだが、国会ではいつも香水がプンプンしていて有名だという。
そう言えばテレビの画像からも強い香水の匂いがして合点がいった。

反日0008

そのソックリさんがやはり色黒のTBS「Nスタ」の佐古忠彦アナ。
反日毎日新聞をバックに言葉の端々に安倍政権批判の色がにじむ。

野党が統一会派と称して野合し、共産党の誘いに乗って参院選に臨めば間違いなく有権者からシッペ返しを受ける。
安倍自民党にとっては、衆参W選挙に打って出て圧勝し、憲法改正に反対する宗教団体の公明党と手を切ることが望ましい。
しかし、いつになることやら。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:54  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

「日本の心を大切にする党」に頑張って欲しい。
自民党も信頼できない。
おっさん |  2016.01.08(Fri) 08:11 |  URL |  【コメント編集】

中国の失速と株価の暴落、北朝鮮の核問題(これはいつものこと)、サウジアラビアとイランの争い、特にホルムズ海峡の不安は日本国にとっても大きな不安要素です。
これでは消費税アップは先延ばしにするしかないと思います。
そうなれば公明党と約束した「軽減税率」もなかったことなるでしょう。
そして公明党と縁を切り、おおさか維新と手を組むべきです。

もし衆参同日選挙になったら自民党が今までより以上の議席を取るとは思えません。
公明党は組織票だけですからこの数はほとんど変わらないでしょう。
おおさか維新が候補者を全国に立てれば勢力を拡大するでしょう。
おおさか維新の人気は大阪だけだという評価もありますが公明党に負けない議席を取れると思います。
残りの野合政党は消滅に向かうだけです。
つまり夏の衆参同日選挙はおおさか維新のための選挙になるかもしれません。

中山恭子氏率いる「こころ」は解党して自民党に入るべきだと思います。
現実を考えれば選挙の洗礼を浴びれば消滅する可能性が十分にあります。

このブログの住人は橋下嫌いが多いようですが私は橋下大好きです。
彼は裁判所で戦う弁護士よりも政界で戦う政治家に向いています。彼もそのことを十分に知っていると思います。
彼の発信力、影響力、情熱は今までの政治家にはなかったものです。
特にどこの自治体でも「癌」となっている日教組と自治労に彼ほど斬りこんだ政治家はいません。

わが町「福山市」は誰が市長になってもな~んにも変わりません。
相変わらず自治労出身の市会議員がトップ当選しています。

私も自民党支持者ですから橋下徹を全面的に支持しているわけではありません。
しかし人間は成長するし8年も政治家をやってきたらかなり考えも変わってきていると思います。
昔あんな発言をした、こんな発言をしたとマイナス面ばかりをあげつらうよりも今の彼に大きく期待しています。

そして公明党と縁を切った自民党はおおさか維新と共闘して憲法改正を実現してほしいです。
琴姫七変化 |  2016.01.08(Fri) 10:01 |  URL |  【コメント編集】

★≪保存版≫ ドイツ首相アンゲラ・メルケル「多文化社会を築こう、共存共栄しようという取り組みは失敗した。完全に失敗した。幻想に過ぎない」

≪保存版≫ ドイツ首相アンゲラ・メルケル「多文化社会を築こう、共存共栄しようという取り組みは失敗した。完全に失敗した。幻想に過ぎない」

ドイツ首相メルケル「多文化共生=他文化強制=イスラム文化強制は完全失敗した」
←日本国の場合、「多文化共生=他文化強制=韓国文化強制は完全失敗した」

*****
ヨシツネ  殿  Twitter 平成28年1月7日 [加筆済み]
ドイツ首相アンゲラ・メルケル「多文化社会を築こう、共存共栄しようという取り組みは失敗した。完全に失敗した。幻想に過ぎない」
*****

-----
平塚パラヤン女
敦子 |  2016.01.08(Fri) 10:37 |  URL |  【コメント編集】

株価の暴落については言及しないんですね。
国民の年金資金をつぎ込んで株価を上げてきたのに
18000を割り込んだらどれだけの年金資金が消えたのか!
アベノミクスは失敗!
三本の矢は単なる「3本の的」
目標にしか過ぎなかった。
「挑戦」という言葉を23回?も繰り返した安倍晋三
「アメリカ」を5回?も繰り返した金
民度の低い国民には繰り返しが一番!と思うところが似ているねぇ!
通り道 |  2016.01.08(Fri) 11:37 |  URL |  【コメント編集】

 琴姫さんご提案の”日本のこころを大切にする党”を解党して自民党に復帰するという案は、現時点では反対です。
 「こころ」の存在価値が、もう少し現実味を帯びないところで、自民復活を果たしても、魑魅魍魎の自民党の伏魔殿の中では埋没してしまうのは目に見えています。

 得難い人材の中山恭子氏を、何としても女性総理第一号にするためには、今の自民党を空中分解させ、真の「こころ」に同調する超党派を結集して一大勢力にする以外にありえません。

 これは言うべくして非常に困難な課題であり、国民が国家意識に覚醒することが第一関門ですから、周辺における異常事態が現実味を帯び、国民が己の身に火の粉が降りかかる恐怖を実感するまでは実現不可能なのかもしれません。

 それまでは問題多しといえども、安倍政権に繋いでおいてもらうより方法がないかもしれません。
tbsasahinhk |  2016.01.08(Fri) 11:52 |  URL |  【コメント編集】

★大阪市日本人言論弾圧条例=日本国憲法が禁止している特別裁判所を設置することに相当

(大阪市議会議員全員へ即時撤回要求をお願いします!)

(自民党本部への緊急通報もお願いします。)

(「なでしこりん」へも緊急抗議をお願いします。)



大阪市日本人言論弾圧条例=日本国憲法が禁止している特別裁判所を設置することに相当



「なでしこりん」を絶対に許しません。:

帰化未帰化在日韓国人マスコミ全社が総動員で必死に応援して日本人B層が投票するよう誤誘導した「帰化在日韓国人ファシスト大阪維新の会」を必死に応援した「なでしこりん」を絶対に許しません。



平成28年1月8日

世界の中心で、何かを叫ぶ ‏@center_of_world 25分25分前

>学識者による審査会の調査に基づき、ヘイトスピーチを行ったと認定した者の氏名や団体名を公表 「学識者」がパヨクだったら、はすみリストの大阪市行政バージョンと言えないか? ヘイトスピーチ抑止、条例案可決へ…大阪市議会(読売新聞) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00050009-yom-pol
敦子 |  2016.01.08(Fri) 13:20 |  URL |  【コメント編集】

★安倍さんは欲張り過ぎ、急ぎすぎ

改憲のために公明党と大阪維新に騙されて
安倍さんは慰安婦冤罪合意に続いて
ヘイトスピーチ法案を容認したのだろう。

ヘイトスピーチ抑止、条例案可決へ…大阪市議会
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160108-OYT1T50009.html?from=ytop_ylist

橋下と山口の高笑いが聞こえるようだ。
 |  2016.01.08(Fri) 15:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3650-1bfb6de7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |