FC2ブログ

2008.09.25 (Thu)


フジTVの民主党びいき

世界の信用失った日本?

今朝のフジテレビ「とくダネ!」は日本の首相がクルクル変わって外国に不信を抱かれているという視点で特集。

フジテレビ「とくダネ!」(2008/9/24)
まだ広がる"交代余波" 新首相誕生の陰で・・・


福田首相が突然辞めて、アフリカ全体の国からすれば大丈夫か日本の約束が反故になることを心配している。
今年5月日本で行われたアフリカ開発会議で多くの首脳を前に福田首相はこんな約束をしていた。

福田前首相
「日本のアフリカ向けのODAを漸次増加し、5年後2012年までに2倍にとすることをお約束します」
洞爺湖サミットでもアフリカ支援を約束した。

小倉智昭
「ウガンダの人も言っていてたが、総理大臣によって優先順位が違うと実行されないかもしれないって、それじゃあ国と国の約束にならないじゃない、ねえ」

レポーター
「そうですねえ、その時の約束が全部嘘になっていいのかという話になってしまいますよねえ」

小倉
「重大問題でしょう」

キャスター
「さまざまな問題が形になって表れてきました。22日の二ヨークのアフリカ会議は福田首相ではなくて森氏が出席。麻生さんは明日から0泊3日で国連に出席ということでバタバタ振りが目に見えるわけですよねえ。これ各国がどう見ているかとちょっと心配になります。そういった心配の声は国民からも聞かれました」


とアンケートを紹介。

総裁選の前日。10代から80代の男女100人が対象。

【心配される政策】
①外交政策
②消費者庁の設置
③道路特定財源
④事故米問題
⑤憲法改正


これって嘘でしょう。
いままで国民は年金だ、後期高齢者医療制度だと言ってるとマスコミは煽っていたではないですか。
ここで突然「外交政策」が心配だと?
ありえない。

次の首相に期待することは政策ではなくて
●途中で投げ出さないで
●任期満了までやってください
●責任を取ってやゆめるのではなく責任をもって全うして欲しい

キヤスター
「ここまで国民の期待は下がってしまったんだなって実感しますよね」

佐々木恭子
「悲しくなりますよね」

小倉
「てことは麻生さんは、中味はともかく総理大臣の椅子にしがみついて離さないと」

高木美保
「ろくでもないことをされたら困る」

デーブ・スペクター
「いつもどんどん回転するから気になるよね。でも2年間近く外交をやっていたからすぐ慣れると思うけど」

高木
「海外に通用するような官僚の育て方をしていない。。いつ辞めるか分からない総理大臣だと、中国や韓国のやり方に遅れている。ほんとに国際的な地位が下がりっぱなしになっちゃうと思う」


(美保たん、中国や韓国の官僚の育て方ってそんなに優れているのですか。あなたが知っているとは思えない。ディレクターに言わされてるんじゃないですか。テレビに出たりしないで野良仕事に励んでください)

小倉
「そうなんだよねえ。僕はだから麻生さんが自民党とか民主党の政局の渦に巻き込まれてしまって解散をしてしまうのか、あるいは自分の意地で『俺は小泉を超えるぞ』ぐらいの覚悟で頑として立ち向かっていくのか、それが面白いところだと思う」


(どうやら小倉氏は解散を回避させたいらしい。小泉改革は地方を疲弊させたと散々批判したマスコミが今度は麻生首相に「小泉を超える」事をさせる?
「頑として立ち向かう」って何に立ち向かうの?
雰囲気でしか語らない小倉氏は政治を語るのをやめたらいかが?

佐々木恭子
「いま日本のひとつの勝負どころでもありますしねえ」


何を勝負するの恭子たん。

この番組の企画の狙いは、二度も投げ出した自民党首相で日本は世界の信用を失った。民主党に政権交代せよという世論操作であるといっていい。


フジTVは下手な世論操作を止めろと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

08:01  |  2008衆院選  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

毎日ランキングクリックするから頑張ってください
名前非公開 |  2009.10.02(Fri) 13:03 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/364-e0870b15

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |