2015.12.23 (Wed)


無罪判決でも産経に難癖つける女


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経新聞憎しの評論家はゴマンと居る

 韓国の検察は産経新聞の加藤前ソウル支局長の控訴を断念し、無罪が確定した。
今日の産経新聞が一面トップで伝えた。
当然の話であり、韓国の右翼団体の要求を取り上げて裁判に掛けた韓国の検察と、ダラダラと裁判を続けて加藤氏を一年以上苦しめた司法は国際常識から言っても下の下であり、お話にならない。

しかし、それにもかかわらず産経新聞と日本のメディアに苦言を呈する者が居る。
そのひとりは前回ご紹介したが、今日もビジネスジャーナルの見出しにこうあった。

⇒ビジネスジャーナル(2015/12/23)
前ソウル支局長に無罪判決
でも産経と日本のメディアは我が身を振り返るべき


スマホ版だから最後まで読みきらないと著者が誰だか分らない。
判決の内容は「極めて常識的」だが、「韓国政府による司法への介入」は明らかだと指摘。

「無罪という結論には安堵した。そもそも、この程度の批判を刑事事件にしたことが間違いで、市民団体から持ち込まれても検察段階で不起訴とすべきだった。韓国政府にしても、今さら裁判所に『要請』するくらいなら、検察の起訴を止めるべきだったろう。そうした対応については、よくよく反省してほしいと思う」

ここまではいい。。
しかしこれから産経新聞の責任追及が始まる。

「いまだに真偽の検証も記事の訂正もしない産経新聞」

同じ論調は日本報道検証機構(GoHoo)でも見られた。

⇒産経:落ち度認めず、外交問題化した記事を放置

「前支局長はマユツバものの噂にすぎないと明記することもなく、『ウワサの真偽の追及は現在途上』などという、いわくありげな留保をつけただけで流した。これはマスメディアが噂の拡散をしただけであり、とても新聞記者の仕事とはいえない。事実をできるだけ正確に伝えるという役割を果たさなかった点において、日本の読者に対しても不誠実な態度ではなかったか」

朝鮮日報の記事に基づいたもので、韓国ではありそうな面白い話だと軽く受け止めただけだったが。

産経新聞が慰安婦問題その他で朝日新聞を激しく批判したとして・・・

「産経は他社を批判するときの舌鋒は鋭いが、自らに対しては評価が甘くないか」

と批判。
さらに転じて・・・

「メディアへの介入を強めている安倍政権」

ホレ来た!

「日本の現政権は、もっとスマートなやり方でメディア・コントロールを強めている。そのことは、よくよく自覚しておくべきではないか。とりわけテレビ局に対しては、ニュース番組で紹介される『街の声』にクレームをつけるなど、報道の内容にまで踏み込んで介入を行うようになってきた」

編集された「街の声」こそ反日メディアの「やらせ」であり放送法違反の論拠のひとつであるというのに。

安倍首相は出演するテレビ局を選別しているとして・・・

「安保法案が論議されている時に出演した番組では、安倍首相がひとり延々と長広舌をふるい、ほかの出演者があまり質問をできず、意見を言えないという、非常に「政治的に不公平」なものにしてしまった。こういう政権寄りの偏りは問題ないが、批判的論調に振れるのは許せないというのが現政権の解釈らしい」

安保法案についての政府の説明が不十分だと難癖をつけていたのはメディアではなかったのか。
国民が十分に理解していないと安倍首相は認め、懸命に説明したのが悪かったのか?
それも国民が十分に理解できなかった責任はマスメディアにあるというのに!

「しかも今年は、政権によるメディアへの介入の動きが一段と露骨になってきた」

と政権批判。

 「メディア側も、市民の間のマスコミ批判や新聞離れ・テレビ離れの影響もあって自信を失い、政権・与党の分断政策の影響を受けて権力の介入への抵抗力が弱まっているように見える。
 そういうなか、政権批判も闊達にできる「言論の自由」を守るにはどうすべきなのか。韓国の状況を云々している場合ではなく、日本のメディアやジャーナリストは、それなりの覚悟を持って対応すべき正念場だろう」


ここまで読んできて著者は誰だと思われるか?
こんな論調を展開する反日評論家はゴマンと居るからまず当てられないだろうが・・・
正解は・・・・





反日104

江川紹子であった。
ナットク!

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

23:56  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★悪を利用してのし上がる悪

有田どうよう
またまたオウム人脈だったか

悪のオウムで名を売って悪を行う

こういうやつが多すぎる

最初、正義の顔をして
そののち、政治家になって悪を行ったりと

つまりオウムを利用したわけだな。
M |  2015.12.24(Thu) 00:46 |  URL |  【コメント編集】

『ミヤネ屋』で春川正明も産経新聞の記事に文句付けてたようで。
 |  2015.12.24(Thu) 01:24 |  URL |  【コメント編集】

★しかも今年は、政権によるメディアへの介入の動きが一段と露骨になってきた

江川紹子が圧力を感じているなんて...。
今まで言いっぱなし、書きっぱなしだったという証左だろう。
朝日新聞・NHK・TBSを筆頭とするメディアなどが偏向しているとネットから突っ込まれて、対抗しようとすればするほど馬鹿っぷりを披露してしまう。
これは、「余〇三〇〇〇〇記」の影響か?
出版による情報弱者への拡散により、益々既存メディアのいう「言論弾圧」は、政権による介入ではなくて一般の日本国民から受けるようになるだろう。
暇工作 |  2015.12.24(Thu) 09:20 |  URL |  【コメント編集】

★まったくパヨクってのは・・・

・・・何の言葉も出ませんわ!

良い年してblogで『ニャ~ニャ~』言ってたおばさんですよね?
オウム事件時は、ヨシフポローリン同様『良い人』だと思ってましたが・・・騙されましたよ。

産経は『真偽』ではなく『そんな噂が出ちゃう程の世論になっている』と『朝鮮日報の記事』を引用しただけの事で、『真偽』を確かめるべきは『朝鮮日報』でしょうが・・・。
このおばさんは小学生からやり直した方がよい。『この述語はここにかかっててー』『この文章は何が言いたいのかー』等『読解(と言うんでしたっけ?)』が出来ないようなので。

その上、放送法の公平・不偏不党を守らないから『違反してますよ』と言うのが『介入』とは・・・日本語すら分からないおばさんなんだなぁ。

ってか、メディアって言うこと成すことブーメランで、刺さってる事すら気がつかないのは笑っちゃいますな。
平々凡々 |  2015.12.24(Thu) 10:21 |  URL |  【コメント編集】

★犯人はあいつ(笑)

最後の最後まで推理させたりして、タメがすごくて、ミステリーを読んでるみたい(笑)。
Be cool! |  2015.12.24(Thu) 10:28 |  URL |  【コメント編集】

加藤前支局長の裁判においては産経が記事を訂正せず、「ウワサの真偽の追及は現在途上」としたことは当然です。

記事内容が虚偽だということは裁判所が一方的に断じただけで虚偽だというなんの証拠もない。事実元秘書室長の証言は矛盾に満ちていた。しかし裁判所はその証言だけをもって記事内容は虚偽だと断定したのである。

今回の裁判は虚偽だという前提の下で、あとは名誉棄損に当たるか当たらないかだけに焦点が絞られた。虚偽か真実かを立証することは検察にも難しく被告人にも難しいのであえて裁判所の判断に被告側は異議を挟まなかっただけである。

未だにあの7時間は空白の7時間になっている。したがって江川紹子の産経批判は的外れである。
琴姫七変化 |  2015.12.24(Thu) 12:02 |  URL |  【コメント編集】

>マスメディアが噂の拡散をしただけであり、
>とても新聞記者の仕事とはいえない。

自分が敵認定した相手の根拠の無い噂を流し、
あたかも真実であるかのような印象操作を行い、
皆が信じ始めたら証拠を捏造して盛大にバッシングを行う。
それが日本の(大多数の)マスメディアでしょうが。
自分の悪行は全てスルーですかそうですか。

エガワ如きの言葉に一体何の価値があると言うのかな?
志位るズの自称ラップと同じで只の騒音に過ぎないよね。
ジェットストリームアチャー |  2015.12.24(Thu) 13:06 |  URL |  【コメント編集】

この人は坂本弁護士一家を死に追いやった張本人では
ないですか。まだいたんですね。
バミューダ |  2015.12.24(Thu) 17:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3620-9b78a11e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |