FC2ブログ

2015.12.14 (Mon)


安倍首相 野党やマスコミは私に頑張れと言うなと


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

叩かれるほど闘志が湧くからと安倍首相

 安倍首相が14日、都内のホテルで開かれた内外情勢調査会の全国懇談会で一時間の講演をした。
⇒産経新聞がその詳細を伝えているが、そのなかで特に印象に残ったことの一部をご紹介させて頂く。
基本的には安倍首相の意図を汲んだスピーチライターが用意したものだとは思うが、相変わらず思わず耳を傾けてしまう語り口だ。

 (Ponkoが思うに)戦後、経済の発展に伴う生活の近代化ゆえか日本は大家族主義から核家族に変貌した。
そのつけがいま仇となって我々の生活を脅かしている。
子供達が巣立ってしまった空き巣には年老いた両親や片親がひっそりと暮らしていて、元気であるうちはいいが、病が高じて孤独死という悲しい人生の終末を迎える例が多くなってきた。

世はシングルマザーや同性婚がもてはやされ、婚外子が嫡出子と同等の遺産を相続する権利を与えられ、夫婦別姓の民法改正も近く成立する可能性が高い。

これらは明らかに日本の伝統的な家族主義を破壊する動きと連動しているといってよい。
そんななか、安倍首相は大家族主義の復古を促す政策を披露した。

「大家族で支え合うライフスタイルも選択肢として提案していきたいと思います。3世代の同居や徒歩圏内で暮らす近況を促す新しい措置を高じます。2世帯住宅を建設する際、その費用を一部補助します。
例えば皆さんにもご存じの漫画「サザエさん」を思い浮かべてください。親と娘夫婦が同居するマスオさんスタイルです。当然、嫁姑(しゅうとめ)問題は起きません。マスオも家の両親から大切にされ、タラちゃんも大家族に囲まれ、のびのびと成長できます。もっとも漫画のなかではいつまでも3歳ですが、時代はめぐり核家族化が叫ばれて久しいですが、現在においてもそういう選択肢があってもいいのではないでしょうか。」

「少子高齢化の課題から目を背けることはできません。放置していれば人が解決してくれるわけではありません。誰もが活躍できる1億総活躍社会をつくる、これはできるかできないかではありません。やるしかない。」


安倍首相の「一億総活躍」は意味不明だとマスコミや野党から盛んに叩かれている。
一億総活躍は国民全員が今置かれいる環境の中で精一杯活躍しようとする心意気だとPonkoは以前書いた。

いま「置かれた場所で咲きなさい」(渡部和子著 幻冬舎)がベストセラーになっている。
数ヶ月以上、積ん読になっているが、その意味することは想像できる。

 Ponkoの一番嫌いな言葉は、「自分の居場所が無い」「自分探しの旅に出る」などの甘えの言葉である。
民主党は盛んに「一人ひとりの自分の居場所を作る」政策をというが、「おかれた場所で咲きなさい」である。

「2020(平成32)年頃にGDP600兆円を達成することは十分に可能であると考えます。しかしもうすでに大風呂敷だと、実現できない、1億総活躍についてはマスコミや野党から批判の大合唱であります。20年近いデフレによって日本のすみずみまでいかにデフレマインドが蔓延(まんえん)してしまったかを象徴していると思います。でも、私は批判を受けると結構燃えるタイプであります」

 子供の好きな「巨人、大鵬、卵焼き」という言葉があったが、子供の嫌いな「江川、ピーマン、北の湖」があるとは知らなかった。
柏戸と卵焼きは大好きで、「江川、ピーマン、北の湖」も分る。
いま「えがわ」と打ち込んだら「江川紹子」と自動変換されたが、この江川も嫌いである。

 「子供の嫌いなものとして、江川(卓元巨人投手)、ピーマン、(元横綱の)北の湖なんて言葉もありました。しかしそれには理由があったようです。敗者に手を差し伸べるのは同情をかけられたように見え、相手に失礼だとかあえて冷たい態度をとっていたようです。憎まれ役で観客から「負けろ」とヤジを投げかけられると闘志がわいてくる、親方はそれに耐えたと。逆に引退間際、「頑張れ」と言われたら、親方は自分が情けない感じで、相撲への意欲が薄らいでいったようだと。政治家も同じだと思います。マスコミや野党の皆さんから頑張れなんて言われたら、調子が狂ってしまいます。批判を受ければ受けるほど、やってやろうという闘志が湧いて、1000万人行けどもわれ行かんという気になります」

天下の産経も、これは誤植である。
「千万人行けどもわれ行かん」ではなくて「千万人と雖も、吾往かん」だろう。
その外にもどこか忘れたがひとつ大きな誤植があった。

それにしても、安倍首相の意気や良し!
野党やマスコミがますます、安倍一強、独裁政治、強権政治だと言い募り、安倍首相は益々強くなっていく。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  これぞ正論  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★その通り!

まさしく正論

特亜が何を言わんや、後に歴史が証明するであろう

安部総理には頑張って頂きたい
愛国おやじ |  2015.12.15(Tue) 00:22 |  URL |  【コメント編集】

安倍首相一人が頑張っておられる。大いに応援したい。しかし、今の自民
党は最低だ。最近、NHKの受信料を義務化する動きに出ている。これは大
間違いだ。今、政治家が実施すべきは、マスコミの正常化だ。あれだけ偏
向の激しいNHKは潰すべきだ。それができるのは政治家でしかない。
その政治家である自民党が、安倍首相が率いる自民党が、NHKの改革をせず
に、受信料を強制徴収するようでは、支持できない。マスコミの正常化は、
NHKの正常化から実施しなければなりません。
皆さんも、自民党や総務省その他へ声を挙げましょう。
おっさん |  2015.12.15(Tue) 08:09 |  URL |  【コメント編集】

★女性のご都合主義丸出し

家を維持していくための日本の伝統的な相続方法は、(基本的には長男による)家督相続だったのではないでしょうか。

戦後は男女同権という悪平等思想が普通になり、(遺言などで手当てしてないと)次男三男や他家に嫁に行った娘までが長男と同等の相続分を要求して当然といった風潮になっており、それが日本の家制度を徹底的に破壊したのだと思います。

女性でも戸主になれた明治以降と違い、江戸時代は男の嫡出子がいない武家の場合、非嫡出子の男子や養子が次期家長に指名されるのが普通だった家督相続の原則から見れば、PONKOさんの考え方のほうが女性特有の、破壊者側の意識がまったくないご都合主義のように感じられます。
とおりすがり |  2015.12.15(Tue) 10:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3603-3e44da2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |