FC2ブログ

2015.11.28 (Sat)


TBS岸井成格氏を日刊ゲンダイが必至に擁護


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

岸井批判で「テレビが死ぬ」と

 親の敵ぐらいに憎い安倍首相と自民党をクソミソにこき下ろすのは日刊ゲンダイとウェブサイト「リベラ」である。そして朝日、毎日、東京の新聞、テレ朝、TBS、NHKの反日偏向報道を支持している。

 その日刊ゲンダイが前記事でご紹介したTBSと岸井成格を批判する勢力が産経と読売に掲載した意見広告に噛み付いている。
広告を出したのは「安倍応援団だ」という。
何しろ安倍首相が憎いため、安保法制という国の安全保障と外交に賛成することは、安倍のためだと言う。
安倍のためではなくて国のためという発想が無い。

いや実際は国のためになることがイヤなので、「安倍憎し」という一点で国民の安倍嫌悪意識を高めようとしているのだろう。

⇒日刊ゲンダイ(2015/11/26)
「NEWS23」岸井氏を名指し攻撃…異様な“意見広告”の真の狙い


 今月14日付の産経新聞と15日付の読売新聞に掲載された全面意見広告が大きな話題になっている。「私達は、違法な報道を見逃しません」とデカデカ見出しの意見広告は、TBSの報道番組「NEWS23」のメーンキャスター・岸井成格氏を名指しで批判、問題視する中身だったからだ。
 全国紙の紙面を買い取って広告を出したのは「放送法遵守を求める視聴者の会」。呼びかけ人には作曲家のすぎやまこういち氏、上智大名誉教授の渡部昇一氏ら“安倍応援団”の面々が並んでいた。
 彼らが問題にしているのは岸井氏が安保法案成立直前の9月16日放送で「メディアとして(安保法案の)廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」と発言したこと。コメンテーターならともかく、番組メーンキャスターである岸井氏がこう言うのは「政治的に公平であることなどを定める放送法に反する」と主張しているのである。
岸井氏といえば、毎日新聞の特別編集委員。読売も産経も、よくもまあ、ライバル紙の個人攻撃広告を載せたものだが、驚くのは早い。自民党の礒崎陽輔前内閣補佐官は早速、「極めて冷静で妥当な意見です」とツイート。与党との二人三脚ぶりをうかがわせた。安倍政権との“連携プレー”のにおいがプンプンだ。
「安倍政権や、そのお仲間は全局を“安倍サマのテレビ”にしたいのでしょう。安保法案は国民の8割が、なぜ成立を急ぐのかと反対していた。岸井氏の発言は国民の声の代弁です。それなのに、政府に逆らうものはみなダメだと言わんばかり。それもひとりに対して、全面広告を使って、集団で吠えて弾圧しようとしているのは極めて異常なことです。こんな広告を出されて、何も言わなければ、テレビが死んでしまいますよ」(評論家・佐高信氏)
 安倍応援団の偏向キャスターは山ほどいるのに、まったくフザケた話である。このタイミングで、こんな意見広告が出てきたのは恐らく、放送倫理・番組向上機構(BPO)の存在があるのだろう。今月6日、BPOの番組検証委員会は自民党がNHKやテレ朝に事情聴取を行ったことを問題視、異例の政権批判を展開した。そうしたら、安倍首相が国会答弁で「(介入は)至極当然だ。まったく問題ない」と切れまくった。自民党内には「BPOを潰せ」という意見がある。TBSは擁護派である。そうしたさなかでの意見広告は、TBSへの“牽制”にも見える。TBSは当然、大反論しなけりゃおかしいのだが、本紙の取材にこう言った。
「番組にはさまざまな意見がさまざまな形で寄せられており、意見広告もその中のひとつと考えております」(広報部)
 まるで“他人事”なのである。
 TBS局内には「岸井更迭論」もあると聞いた。後任にはライバル紙の編集委員の名も浮上している
 一方、「視聴者の会」の事務局長で文芸評論家の小川榮太郎氏はこう言った。
「出稿のお金は基本的に有志の方の寄付です。(掲載紙が産経、読売になったのは)保守系という縁故関係からです。今後、発表紙が広がる可能性はあります。(また、放送法に反するようなことがあれば)何かしらのアクションはすると思います」
 安倍首相たちの言論圧力に屈すれば、テレビが“死ぬ日”は遠くない


(引用終わり)

 毎日新聞は産経新聞と読売新聞のライバルなので、ライバル紙の個人攻撃だと下世話な話に落とし込む。
そして引用するのが反日サヨク佐高 信の「安倍サマのテレビ」というレッテル貼り。
ご存知のように「安倍サマのテレビ」とは「皆様のNHK」をもじったものだ。
NHKは皆様どころか中国や韓国サマのNHKというのが実情である。

安倍首相たちの言論圧力で「テレビが死ぬ日は遠くない」そうである。
結構なことではないか、お笑い芸人の内輪話でスベったの転んだのとお互いにウケ合っている番組や、中国、韓国が泣いて喜ぶようなニュース解説を垂れ流しているテレビなど死んでしまうがいい。

NHKは受信料の強制徴収はやめてスクランブル方式にすれば良い。
そうすれば世の中が騒がしくなくなって、静かに本を読んだり音楽を聴いたりする時間が増えるではないか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:25  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

 こんなことくらいでテレビが死ぬのなら、さっさと死んでしまえばいい。
 大歓迎である。
 お線香ぐらいならいつでもあげてあげる。
tbsasahinhk |  2015.11.28(Sat) 23:43 |  URL |  【コメント編集】

とっくに死んでるのにwまだ生きてるって認識だった事に驚きだよww
ウォ―キングデッドで身内のゾンビを「まだ生きてる 病気なだけだ」って匿ってたおっさん並の思考だなwwww
名無しさん@ニュース2ch |  2015.11.29(Sun) 01:21 |  URL |  【コメント編集】

★岸井降板

決定らしいね。
国民を下手に誘導すれば、こうなる。
考える国民が、増えていると言う事だ。
ネットも有るし既存のメディアでは、太刀打ちできなくなっている。
工作的言論をすれば、直ぐに反論される時代。
その発言がTV局会社としての公式発言になるから、スポンサーも考えないと不買運動に繋がるよ。
両論発表なら許せる。判断するのは、国民だから。
押し付けるから反発を受ける。当たり前の事だ。
katachi |  2015.11.29(Sun) 02:06 |  URL |  【コメント編集】

>岸井批判で「テレビが死ぬ」と

日韓現代の言っていることは、因果関係が逆でしょう。
岩井の発言がおかしいから、国民がテレビを見なくなるのです。
自分自身は最近NHKをはじめほとんどテレビは見ません。見たと
しても内容を丸ごと信じることはないです。既にテレビは死に体
です。
おっさん |  2015.11.29(Sun) 06:04 |  URL |  【コメント編集】

★品格ある憎悪と罵詈雑言による美しい日本の個人攻撃

一言論人に対する常軌を逸した個人攻撃をなさるお方はどんな方々かと思ったら、やっぱりこういう方々でしたか。納得。
アベコベ |  2015.12.01(Tue) 21:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3571-c77cdae8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |