FC2ブログ

2008.09.21 (Sun)


安倍・福田を併せて叩くサンプロ

「二人も首相が投げ出した」は聞き飽きた

テレ朝「サンプロ」は田原総一朗が「この番組は総裁選を明日に控えて最後の番組だ」と異様に高ぶって、政治家を相手に傲慢な司会振りを示して実に不愉快であった。
トップの政治家を相手に対等に渡り合うというのはメディアの特権ではあるが、その馴れ馴れしさは異常ではないか。
麻生氏も笑いで誤魔化しながら田原司会者をいなしていた。


麻生
「基本的に煽られるような喋り方をされると、こっちは丁寧に答えたほうがいいということを覚えたから、ゆっくり喋る事にする。そうした話に乗せられて死んで行った政治家も結構多いんじゃないかと。ほかの四人は総裁選は初めてだが、僕は4回目だから田原さんの番組にたくさん出させられて、こうなって危ないんだなと我々のほうも学習する」


麻生氏は冒頭、「前の番組(フジテレビ「報道2001」)のように、乗せられないように気をつけようと五人で言い合った」というような意味のことを言っていた。

安倍・福田が無責任にも任期中に首相の座を放り投げたというキャッチフレーズが自民党攻撃の常套句になっている。


高野 孟(インサイダー編集長)
「この総裁選は二人の総理が揃ってわずか一年で職務放棄をするという、国民にとってだけではなくて全世界にとって大恥掻いたような事態を受けて行われている」


(世界はあなたが言うほど日本には関心ないですよ。大恥掻いたなんて大袈裟な)

と日経新聞に載った御厨貴(東大教授)の論文を引用して「二度同じ失敗が繰り返されるということはその裏に構造(的欠陥)がある。いかに賑々しく総裁選をやろうとも二度あることは三度あるのではないか」という指摘に大賛成だと批判した。

御厨 貴はTBSテレビ「時事放談」の司会者を務めている。その言動を見ても思想的なスタンスは火を見るよりも明らかだ。


麻生
「一年以内、任期以内という点では二人に共通点があるが、一人目は病気だからなんともいえない」

田原(さえぎって)「病気ってところが正確じゃない。あれは参議院選挙に負けたからだ」

と机を叩く。

麻生
「いや、参議員選挙に負けたから病気になったわけじゃない」

田原
「だと思う」

麻生
「僕は違うと思う」

田原
「まあいいや!」

麻生
「ぜんぜん見解が違う。あの病気は結構難病だから。その意味では・・・」

田原
「そりゃ首相になる前から病気だった。もっと言えば」

麻生
「それが悪化するような状態になっていった・・・」

田原
「まあいいや!はい!」

(けしかけておいて分が悪くなると「まあいいや」と逃げ出す無責任さ)

麻生
「神経的なものがかなりあるから、そういったものがひとつ。二つ目の福田先生の場合は病気ではないから違う」

田原(かぶせるように)「気分、気分」

麻生
「少なくとも大連立の話からスタートして、ご本人(小沢一郎)はOKしたのだから。持ち帰ったらノート言われた。日本銀行の(副総裁の)話は今度は小沢さん以外はみんな賛成」

田原
「鳩山さんはこの番組でもOKと言った」

麻生
「誰と話し合えばいいのと言った」

田原
「党首討論でね」

麻生
「僕が小沢さんだったら『ふざけるな、俺とやるのに決まってるだろう』とあそこは怒らなければいけない場面だがニコニコして終わる。そいういったものが重なってきて急にやる気が萎えて来たのが原因だと思う」

安倍前首相は日本の将来にとって極めて大事な法案を次々と通した。マスコミは恐れをなして安倍つぶしを画策した。自民党内の反日勢力とマスコミが協同して安倍政権を倒し、媚中福田政権を作った。
もともとやる気の無かった福田首相は根気無く辞めてしまったというのが真相だ。
その真相を押し隠して、二人を一緒にして叩く野党とマスコミの魂胆は許せない。


《解散について》


田原
「ふざけるんじゃないよといいたい。官僚はむちゃくちゃだ。麻生さんは全治3年だと言っている。アメリカは来年からひどくなる。日本ももっとひどくなる。こんな時に解散するなんてとんでもない話だと思う。つまり政治的空白を作るような総裁の居る党は国民がボイコットすると思う」

麻生
「補正予算をちゃんと通すように民主党財務担当大臣はやっていただきたい」

と皮肉を込めて榊原英資氏に向かって言うと榊原は横を向いて笑う。

田原
「インド洋も」

麻生
「やりたいけど、やれないところが問題ではないか」

と麻生氏やや気色ばむ。

マスメディアは安倍・福田は国民の信を問うていないから総選挙をやって民意を問えとついこの間まで野党の尻馬に乗って言っていたのに、なぜか突然、政治的空白はいかん、選挙は止めろと言い出した。自民党が優勢になるのを恐れてか?
補正予算を通さずに選挙に入れば国民は自民党を見限るとまで星はいう。

五人の総裁候補はマスコミにしつこく問われて「補正予算を通してから解散」という言質を取られた。しかし構う事は無い。選挙に勝つためには「鉄は熱いうちに打て」とばかりに即解散すべきだと思う。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:49  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/355-6d6b92fa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |