2015.11.11 (Wed)


朗報 53年ぶりの国産ジェット旅客機初飛行に成功!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

戦後70年の呪縛を解く

 前記事でケント・ギルバート氏が「日本国憲法はペナルティ(制裁)だ」と断言したことをご紹介したが、占領軍はそれ以外も敗戦国日本に対し様々な制裁を加えた。
そのひとつが国産飛行機の研究開発禁止だ。
アメリカ軍は日本の優秀な零式戦闘機に散々悩まされたトラウマがある。
日本が再び優れた飛行機を作るのが怖かったのだ。

⇒産経ニュース(2015/11/11)
無事着陸 半世紀ぶりの国産旅客機 初飛行に成功


反日0055

 三菱航空機が開発する国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日午前11時2分ごろ、愛知県営名古屋空港(豊山町)に無事着陸し、初飛行に成功した。53年ぶりの国産旅客機の初飛行が成功し、日本の航空史に新たな歴史を刻んだ。

 午前9時35分ごろに名古屋空港を飛び立ったMRJは、約1時間半飛行。ルートは太平洋側の静岡県沖から伊勢湾の方向を取った。上昇や下降、左右への旋回などの操作を確認した。
国産旅客機の初飛行は、昭和37年の戦後初のプロペラ旅客機「YS-11」以来。平成20年の事業化から7年以上かけて、ようやく初飛行にこぎ着けた。MRJは全長35メートル前後、座席数は70~90席程度の小型機。従来機よりも燃費が優れているのが特徴だ。

 開発では設計の見直しなどが相次ぎ、スケジュールの延期は5度に上り、初飛行は当初の計画より4年以上遅れている。初飛行は国産旅客機計画の大きな節目となる。


(引用終わり)

一方で⇒産経は「国内航空機産業の振興に高まる期待 部品メーカーにも波及効果」とその経済効果に期待しながらも・・・

「昭和37年に初飛行した国産プロペラ機「YS-11」は、赤字で事業撤退に追い込まれた。MRJの初飛行成功は、日本の航空機産業振興に向けた『最初の一歩』に過ぎない」

と慎重だ。

今朝は珍しくテレ朝が「日本の航空機の研究・実験をGHQが許可しなかった」と事実を伝え、MRJ(三菱リージョナルジェット)90の解説をしていた。

●座席数:92席(バス2台分)
●価 格:58億円 ボーイングB787(255億円) 、エアバスA380(529億円)
●飛行距離:2000km(札幌-那覇)
●低燃費:ジャンボジェット機が離陸して水平飛行に移るまでの燃料でMRJは羽田-伊丹間を4往復できる。
●超クリーン:窒素酸化物-50% 一酸化炭素 -70%
●超静か: -40%
●中小企業が部品を制作している。
●ANA 25機発注済 2017年4月-6月就航予定
●JAL 32機発注済 2021年就航予定
●世界から407機受注済み
●中国の同型機SMRJ-900は99座席、価格35億円、2008年11月初飛行も未就航。
  翼にクラック(亀裂)が生じたり、電源系統に問題など色々な理由のため。
●日本のMRJは安倍政権が目指す地方創生に役立つ。
●航空機産業は部品の数も多く裾野が広いので、多くの中小企業の仕事が増えて経済が活性化する。


世界も日本のMRJに注目している。

 「英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は、「『三菱』という航空業界の伝説的な名前が大空に帰ってきた」「零戦を製造した三菱が市場に参入することで、国産旅客機を復活させるという日本の長年の夢が現実となった」などと、世界的に有名な戦闘機を引き合いに報じた」(⇒産経ビズ)

 三菱重工製の国産ステルス実証機「心神」は「第6世代戦闘機」F3の生産に向けたプロトタイプ(研究試作機)で、来年1月に初飛行が予定されている。

「歴史認識があ!」などと中韓が言っている間に、日本は着々と先端技術を集中して世界をリードしていく。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:16  |  いい話  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★離着陸の動作が、美しい。

なめらかな離着陸と機体の美しさが、素晴らしい。
無駄のないスリムな機体が、何とも言えない。
ホンダジェットも美しかったが、日本人が創ると無駄な線が無いですね。
さすが、ゼロ戦譲りの洗練性が有りました。
katachi |  2015.11.11(Wed) 23:17 |  URL |  【コメント編集】

まったく同感です。美しい!
ponko |  2015.11.11(Wed) 23:57 |  URL |  【コメント編集】

国産ジェットが、初飛行なことは喜ばしい。

同時に、歴史認識もしっかり、

やらなければならない。

中韓の歴史の妄言を、広げてはならない。
英 |  2015.11.12(Thu) 07:52 |  URL |  【コメント編集】

昨日は嬉しくて、渥美半島方面を回ると言ってたので、思わず外に出て空を見上げてしまいました。見ることは出来なかったけど、飛行機雲を見つけただけでも嬉しかったです。
その飛行機雲はMRJの物ではなかったみたいでしたが…。
名無し |  2015.11.12(Thu) 09:53 |  URL |  【コメント編集】

★美しい機体でした。

他のサイトですが、多くの動画を掲載して居ましたが、その一つにUFOが映りこんでいました。
UFOは、少し飛行機とは違った動きをするので解ります。
スピードの強弱と高低の微動が有るんです。
katachi |  2015.11.12(Thu) 10:01 |  URL |  【コメント編集】

航空宇宙産業の中心地且つ、自動運転に水素エネルギー自動車のトヨタ。
もう喉から手どころか体全体が飛び出してるであろう
盗るより盗られる方が悪いと言い切る南朝鮮との「友好交流・相互協力」。
しかもなぜ今?と全く意味不明なタイミング。
NHK東海:日韓関係をめぐっては、11月2日に安倍総理大臣とパク・クネ大統領との初めてとなる首脳会談が実現するなど、改善の兆しが見え始めています。
大村知事:「隣国の韓国の自治体と友好協力を進められるのは大変喜ばしいことだ。これをきっかけに両地域のさらなる発展につなげたい」

シナ朝鮮が絡むと人はなぜ嘘をついても平然といられるのだろうか。
スポット参加 |  2015.11.12(Thu) 10:23 |  URL |  【コメント編集】

★日本が、先進技術で物づくりすると他を圧倒する。

これは、日本人の不思議でもあります。
戦前もゼロ戦と言う先進国アメリカをてこずらせた名機が誕生しました。
戦後もロケット分野で液体・個体の両方とも実用化している。
一般的に戦前の武器等は、アメリカに劣るとされていたが、今振り返ってみるとデザインにしろ武器能力にしろ少しの違いしか目に付かない。
かなりアメリカのプロパガンダが、刷り込まれていると思われる。
技術と金さえあれば、日本は、相当な到達点にたどり着く。
アメリカの恐れは、そう言う日本なのである。
アメリカは、日本をそう見ている。
アメリカの基幹産業を悉く潰したのは、日本である。
昔は、敗戦日本国が、経済戦争でアメリカを凌駕した。
面白い事にアメリカで日本のセールスをやったのは、皮肉にもユダヤ人でした。
しかも繊維戦争もユダヤ人の十八番を奪ってしまった。
今でも健在ですが、ファッションと言えば、フランスと日本では、思いがちであるが、イスラエルファッションは、かなりの力を発揮している。
ファッションの主流は、イスラエルファッションではなかろうか。
欧米のファッション雑誌に過去イスラエルファッションの文字を良く見たことを覚えている。
我々は、日本に対する欧米の恐れを理解する必要が、有るのではないか。
今の日本は、己の力が何処までも伸び恐れられているのか解らずにしゃにむに先行している様に見える。
質的内容は違うが、大東亜戦争の初期の様相と似ている。
あの時は、植民地時代が過渡期に入る時期であったが、日本が満州でアメリカを排除したことで大戦に繋がった。
何のために日露戦争でアメリカのヤコブ・シフ(後のリーマン)が、資金を高橋是清に融資したか日本は、其処まで理解できなかった。
アメリカは、満州に乗り込みたかったのである。
katachi |  2015.11.12(Thu) 17:54 |  URL |  【コメント編集】

ホンダジェットもお忘れなく。
おっさん |  2015.11.13(Fri) 15:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3544-a85454dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |