2015.10.18 (Sun)


長谷川三千子氏 憲法9条を粉砕


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

憲法9条が憲法違反という自己矛盾
憲法学者はわざわいである


 長谷川三千子埼玉大学名誉教授は哲学者であり、NHKの経営委員である。
その主張は説得力があり、いつもながら感嘆させられる。
著書「正義の喪失 反時代的考察」は⇒当ブログでもご紹介した。

その長谷川氏が16日下関で講演した内容を産経ニュースが伝えている。

 不戦を誓った憲法9条は憲法違反であるとケント・ギルバート氏が「朝ナマ」で発言し話題を呼んだ。
産経抄はイエスキリストが 偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいであると言ったように、安保法案に反対した憲法学者こそ災いだと指摘した。
まったくその通りである。

長谷川氏も憲法9条の1項と2項は矛盾していると講演の中で指摘している。
国際平和を謳う1項を遵守するためには、2項の戦力を保持しない、交戦権を認めないでは不可能だと。

また、そもそも憲法は国の主権者がきめるものだが、日本憲法はアメリカが書いたとも指摘。

 書き物ではなく講演であるから話し言葉で分りやすい。
まだお読みでない方のために、あるいは安保法制は憲法違反だから反対だと信じているシールズとその共鳴者の皆様に読んで頂きたく、長文コピペと版権侵害 ご容赦。

⇒産経ニュース(2015/10/17)
【長州正論懇話会詳報】
「交戦権を認めずに国家主権を維持できるのか」憲法9条に驚こう! 長谷川三千子氏


反日0031

長州「正論」懇話会の第10回講演会が16日、下関市市民会館で行われ、埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏が「九条を読もう!」と題して講演した。講演の全容は以下の通り。

 皆さん、こんばんは。

 (9月19日未明に)安全保障関連法が成立する課程で、いろいろなトンチンカンやゴタゴタがありました。憲法の根本的な欠陥が、目に見える形で浮かびあがりました。

 そのゴタゴタの最中、今から1カ月ほど前に、参議院議員会館に、ベトナムから、法律専門の若い先生と元オランダ大使が訪れていました。

 彼ら2人は熱弁を振るって、ベトナムがいかに中国の脅威にさらされているか、その脅威をはねのけるために、いかに日本人に期待しているか-

 もちろん日本も、国際ルールを守ろうとしない国家に対して「きちんと守れ」と声をあげる役割を果たしたい。そうするための第一歩が今回の法案作りですね。

 その2人に、日本国憲法を説明すると、「こんなとんでもない条文があるのか」と2人は、口をあんぐりあけていました。

 9条2項の《陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない》という条文に日本人は慣れっこになってピンと来ないんです。

 近代以降、国際法が定まり、すべての国は、それぞれの独立を守る権利を持っています。

 大国といえども、小国を簡単に蹂躙することはできません。どんな国でも国家主権を保持するために、相応の戦力を保持しなければならない。

 安保法案反対派は、海外には、常備軍を持たない国があると主張します。ですが、そうした国でも、侵略されたら国民は国防のために立ち上がらないといけないと、憲法には定められているんです。

 戦争は有り体にいうと、殺し合いです。国際社会は野生のおきてを意味しています。

日本は世界でも2位、3位を争う経済大国なのに、9条には《戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない》と記されています。まさに国家主権を投げ捨てた規定なんです

 今の東アジア東南アジアの情勢を考えると、膨張・侵略傾向の強い国が存在している。
どこの国とは申しませんが…。

 安全で平和的な抑止力とは、もし、そうしたある国が、戦争を始めれば「あなた方は大変な大損害を被りますよ」と、まわりの国々が総掛かりで認めさせなければならない。

 まわりの国ががっちり組んだスクラムに加わることが今回の法案の大目的です。

 反対デモではよく耳にした「戦争させない」というスローガンこそが、この法案の一番の骨子です。だから「平和安全法制」と名が付いているんです。

 ですが、日本の憲法学者は、集団的自衛権を認めるのは憲法違反だと問題視しました。

 自衛はとにかく戦力を持たないとできません。9条2項は戦力放棄を規定していますから、自衛権を行使する時点で憲法違反になる。

 どうやって日本は自国を守るのか。憲法成立以来、日本政府は苦闘の歴史を続けてきた。

 これまで、政府の解釈は集団的自衛権は所持するが、行使してはいけない。まるで、わけが分からない。

 特に女性ばかりが集まると、何も戦力を持たないと戦争しなくて済むという議論になります。
確かに、本当に戦力を持たないと、戦争はできません。物理的にできない規定を文字通りに守れば、日本は戦争をしないで済むじゃないか-

 世界中が(9条を持つ)日本のような国なら、戦争は起こらないでしょう。ところが、国際社会では、それぞれの国が独立を保持するために、軍事力を備えて、きちんとしたバランスを保っています。

なぜ、今、中東地域が戦争状態なのか。

 失敗国家が出現したからです。(2010年末の)アラブの春と称して、独裁的な政権を打倒した。だが、国と国の力バランスが崩された。それが全ての発端だと思います。

 日本は、9条を持ちながらも、一定の軍事力を保有して、極東地域のバランスを保っている。

 日本が9条2項を守ろうという政権が誕生し、いきなり軍事力をゼロにすれば国際平和にとって本当に危険なことになる。

 反対デモの人は完全に見損なっています。その常識の欠如状態を、なんとかしなければならない。同時に憲法がどのようなモノなのか、きちんと理解しておかしい所はおかしいと認識する所。これが大事な所だと思う。
   × × ×

 なぜ、憲法9条が欠陥だらけなのか、紹介したい。

 9条は1項と2項の方向性が正反対に向き合っているんです。

 1項については、1928年制定の(戦争放棄をうたった)パリ不戦条約の精神を引き継いでいます。

 ですが、一斉に軍備を放棄することがどれだけ怖いことでしょうか。どこかの国がこっそり軍備を開発したら領土を征服されます。

 米国とフランス両国は、不戦条約の批准の際に協議し「侵略戦争はできないが、自衛と制裁のための戦争はできる」とした。

 9条第1項だけなら、今回の安保法制は必要ありません。

 1項の《正義と秩序を基調とする国際平和》を実現しようとするなら、制裁に加わらないといけない。危険だから参加しないといえば、「お前どこが誠実に希求だよ!」といわれるでしょう。

 安倍晋三首相は第1次政権時代から、積極的平和主義を掲げ、ASEANをまわった。まさに9条1項の精神の順守です。

2項では《陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない》とある。交戦権を認めずにどうやって主権を維持するのでしょうか。《前項の目的を達するため》と記した2項と1項はあきらかに矛盾している。

   × × ×

 昭和20年8月15日に、旧日本軍全軍に戦闘停止の詔が下った。外地の軍隊もきれいに戦闘停止した。戦闘停止命令がでて、ピタッと止める。武装解除では銃を差し出した。水際で解除できるのは、優秀な軍隊だと決まっています。

 まさにその時、海外に住んでいる日本の住人に襲った軍隊が、ソ連です。

 満蒙国境の人たちが次々に襲われて、性暴力を受け、赤ん坊に至るまで虐殺された。

 憲法制定される半年前ですよ。それで(交戦権を放棄した)9条の制定です。なんなのかこれは?

 日本人が書いたのではないんですね。

 前文と9条は連合国軍総司令部(GHQ)総司令官のマッカーサーが、日本の最高権力者として作りました。

 マッカーサーの初期の対日方針の目的は、将来にわたって米国世界の脅威にならないことです。
日本をたたきつぶすために制定されたのが9条2項です。
総司令部民生局の憲法起草チームに渡したマッカーサーノートで、9条は条文そのままでした。

 GHQは間接統治をしいて、日本国憲法を制定しました。表向きは、国会が機能しているという形で、監視の目は光らせています。報道機関には検閲制度。米国の思うがままの統治ができました。

 憲法案は日本政府が提出したという形で示しています。

 まるで権限があるかのような顔で議員たちは国会で討議しています。ですが、議事録を読むと「この話は、GHQ通りますか」という文言が多い。

当初、9条は1項・2項に分かれていなかった。(日本政府憲法改正小委員会委員長の)芦田均氏が項目を分けて、2項に前項の目的を達するためとしました。いわゆる「芦田修正」といわれるもので、これで日本人が自主性を発揮したように見せかけました。

 芦田さんが本当に自衛権を行使できるようにそうしたか諸説紛々です。

 ですが、確実にいえることは憲法はその時主権を持っている主権者が作ったものではないということです。

 近代の憲法は、その国の主権者が作るというのが建前になっています。

 前文で「われら」という主語を繰り返しているのはそのためです。裏ではGHQ職員が糸を引いているんですね。 

 いまさら現行憲法は無効だというと70年の日本の政治史をちゃらにしないといけない。

 国際平和にとって危険で、近代の国家理念に背いている憲法は改正しないといけない。日本の政治を全うな形にするなら、このような議論は子供の頃からやらなければならない。

 胸に刻み込んで活動すれば日本は少し良くなると思います。 


(引用終わり)

長谷川先生はまさしく保守の鏡である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:35  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

長谷川先生の仰る通りです。このことが理解でない日本人が多いことが情
けない。錚々たる政治家に理解できていない人が多すぎるのが日本の不幸
です。さっさと日本国憲法を廃止して、帝国憲法を元に新しい日本の憲法
を制定すべきです。
おっさん |  2015.10.19(Mon) 07:46 |  URL |  【コメント編集】

★日本は、国が無く成ったら憲法を作りそうだ。

今憲法9条改正しなければ、自衛隊を国軍にしなければ、国を喪失して憲法に気付くようでは遅い。
こんなバカな民族も居たな位で物笑いになるだけだ。
解り切った事が解らない日本人は、滅んでも仕方ない。
現憲法がある以上それを望んでいる連中が、確実に居る。
民族も抹殺されることも承知しているのだろうか?
日本の左翼も抹殺されるのに自分達は、生き残れると思っている。
この甘さが、全てを手放し、喪失する事になる。
チャイナ・北朝鮮を見ろ、同胞がミンチにされているではないか。
日本の左翼も同じ目に合うだろう。
katachi |  2015.10.19(Mon) 11:10 |  URL |  【コメント編集】

★前途多難!

 長谷川先生の言葉は、いつ聞いても胸がすっきりします。

 至極当たり前のことが理解できない、否、理解しようとも思わないWGIPに洗脳された知能障害に陥った日本人の多いことにはほとほと困ってしまう。

 長谷川先生の言葉を素直に理解できる人たちは我が日本ではまだまだ少数派で、この機運を変えるにはまだ当分時間がかかるかもしれないが、それまで世界の悪魔どもが日本滅亡の機会を待ってくれるとはとても思えない。

 世の中は少しずつ変化してきて、明るい兆しが見え始めていると言っている人を見るたびに、”甘いなぁ”と溜め息が出てくる。
tbsasahinhk |  2015.10.19(Mon) 11:29 |  URL |  【コメント編集】

★憲法改正は置いといて…

>錚々たる政治家に理解できていない人が多すぎるのが日本の不幸
です。

理解できないフリをしている政治家は、どのような自己利権誘導を図ろうとしているのでしょうか?
憲法改正には、GHQの定めた、2/3以上の賛成という非常に高いハードルがあります。
長谷川先生の仰ることは正しいですが、憲法改正に向けての国民の意識改革を考えた場合、果たして日本にその時間が残されているでしょうか?
憲法改正は目標として、社会を機能させるシステムの浄化が急務だと考えています。法改正が伴いますが、法改正は過半数でできます。
自己矛盾だらけの、世界に冠たる平和憲法である日本国憲法は、敗戦時の圧力のもとでは受け入れざるを得なかったでしょうが、70年以上もそのままというのは、世界にバカを晒しているだけです。2/3以上というのがいかに効果的な足枷であったことか(泣。
憲法解釈という神学論争は、それで飯食ってるクズにやらせて、取り敢えず実務面を整備して、国力増大を図ることだと思います。
与党自民党の下部組織がぜい弱で、シナマンセーの金平糖と共闘せざるを得ない現実。
自民党内にも、隠れミンスともいうべき、媚中派、媚韓派を抱える現実。(ミンスは労働者を搾取する社会党と、自民を追い出された金権亡者の野合によって成立した選挙互助会ですから。)
これらを考えると、法改正すらなかなかハードルが高いですが、少なくとも憲法改正より実現可能性が高い。
最初にやるのは、財務省解体でしょう。権力の一極集中を排除する。
金を集める、金を使う、監察権、この3つの権力は解体すべきです。
麻生君(の父ちゃん)が英国財務省を理想とするのは勝手ですが、中身が全く違います。
次に、教育改革。公務員の中でも最も高い給料を取りながら、いじめ一つ解決できない無能集団。(チョンと同様、前頭葉無しでしょうか?)
嘘はいけないと言いながら、嘘だらけの教科書で人質となった子供の洗脳を図る奴ら。戦後教育で育った連中は、すぐキレる自己中のチョンばかり。(かくいう私も、戦後教育ですが。文章がだんだん激越になってくるのはそのせいでしょうか…。)
教員の報酬は、もっと高くても良い。ただ、採用に当たっては、コネと筆記試験の成績だけで採用する今のやり方は廃棄。少なくとも、大学新卒者は採用不可とすべきです。子供が子供を人質に取って、子供を教育する、高い給料貰いながら。こんなバカみたいな制度はありません。教育技術にしても、塾に行かないと大学にも受からない。バカ丸出しです。(偏差値28でも大学生?という奇跡の例外もありますが。)
教育の充実で初めて、日本人の為の日本国憲法が実現できるのではないでしょうか。
文字数が多くなりますので、最後に外務省。「一国の経綸を任せられる人材でないと、外相はできない。」と司馬遼太郎の著作で読んだことがありますが、正にその通り。血筋だけでいえば鳩ぽっぼも由緒正しいのでしょう。カスですね~。
長谷川先生のお話で、思い付いたことを書き連ねてみました。
チョン・サノトリー |  2015.10.19(Mon) 19:35 |  URL |  【コメント編集】

戦争は起きて欲しくない、起こさせてはならない。
これは、安保法案賛成派も反対派も同じ。

しかし、現実を見れば、安保反対派の言う理想的な平和論など絵に描いた餅。
世界は腹黒いし、弱肉強食、獲ったもの勝ち、法律などあってなきに等しい。
備えあれば憂いなしです。

日本でぬくぬくと生活しながら反日に甘んじている輩の多い事に何とかしなければと思っている。
中でも、今回の安保法案を憲法違反と言う日本の憲法学者って、やはり出自の怪しい憲法学者なのでは?と思います。

いろいろ調べたり、戦前、戦後の歴史を知ると最後にいきつくと、憲法改正をしないと本当の真の独立国家にならないと思う。
ただ、GHQによって日本人の思想や教育が徹底的に改造されてしまった現在、本当にむつかしいと思います。
 |  2015.10.19(Mon) 20:08 |  URL |  【コメント編集】

★一部容認出来ず

>いまさら現行憲法は無効だというと70年の日本の政治史をちゃらにしないといけない。

そんな論理を押し通すなら、侵略者達のどんな悪逆非道も無かったことに出来てしまいます。同時に明治以来の近代法治国家であることも否定する考え方です。この点だけは長谷川氏の説明を受け入れる訳には参りませんね。
素浪人 |  2015.10.19(Mon) 21:57 |  URL |  【コメント編集】

★憲法典はいらない

私の理解では、保守思想は、人間の理性を懐疑するものだと思います。

人間の頭は、立派な社会を構想できるほどの知力は持ち合わせてはいません。未来を予測できない人間が、何十年も社会を拘束する最高法規をつくれるわけがありません。

フランス革命あたりから始まる人間理性への信仰の結果が、憲法典なのではないかと思うのです。憲法典が引き起こす人間社会への害悪を考えると憲法典などいらないと私は考えます。

日本国憲法は、フランス革命やロシア革命を理想とし、人間の理性への懐疑の視点を持たないアメリカ人が作った馬鹿げたものだと思います。馬鹿げているだけでも理解できないのに、他者が作った憲法典を遵守しなければならない理由がわかりません。憲法学とやらは、そこを説明しているのでしょうか。人間社会に普遍的な真理や哲学が、憲法典に書いてあるのなら別ですが、そんなことが政治家や軍人、または法律家や大学教員に書けるわけがない。憲法学者もそんなことを研究してはいない。条文解釈をやっているだけ。憲法典も憲法典を研究する学問も社会には不要。無駄なだけではなく害悪。

保守思想と憲法典というのは、相容れないものではないかと考えます。ですから、憲法改正を掲げる保守というのが私には理解できないのです。
権助 |  2015.10.19(Mon) 23:39 |  URL |  【コメント編集】

憲法改正には衆参三分の二の賛成が必要と決まっていますが、廃止に関
しては特に決められていませんので、二分の一の賛成でできるのではない
でしょうか。
おっさん |  2015.10.20(Tue) 07:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3502-80882a25

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |