FC2ブログ

2015.09.22 (Tue)


ケント・ギルバート氏 TBSに瞬間初登場


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

それでも止まないTBS偏向報道のアリバイづくり

 安保法制をめぐるTBSの執拗な反対キャンペーンは法案成立後も止むことがない。

TBS「サンモニ」(2015/9/20)
安保関連法 成立
戦後70年の歩み転換

ナレーション
「通常、国会の委員会では、地方公聴会の報告を行いますが、参議院の歴史上初めて、何の報告もしないまま採決に踏み切ったのです」

「このニュースは海外でも大きく報じられました」

中国中央テレビ
「法案の成立は日本が集団的自衛権を行使できるようになり、政府がいつでも戦争を起こすことを意味します

なんだ、「戦争法案だ」と日本の左翼反対派と同じことを言っているではないか(笑)

イギリスBBC
「日本の国会は戦後70年で初めて自衛隊が海外で戦闘行為をできるように採決をした」


ネガティブな反応しか報道しないTBS。

シールズのデモシャウト、蓮舫議員の泣き顔絶叫のシーンを見せる。

ナレーション
「歴史的な転換点、果たして国民の理解を得られるでしょうか?」

関口宏(司会)
「本来なら憲法を変えるか変えないかの論議をしなくちゃいけないのを、それはすんなり行かないだろうということで、いろんなところからこれ(憲法9条)を突き崩して行って、これを空洞化させてしまうという現象が起こっていて、いずれかこの流れはこれ(平和主義)すら変えて行こうということになるんでしょうか」

寺島実郎
「なぜいま多くの国民が理解も支持もしていない法案が強行採決されるのかと疑問を持っている人が多いと思う。
なぜ安倍さんは自信を持ってこれを進めているのかと言うと、岸信介シンドロームでお爺さんである岸信介さんの1960年安保、国会の外でいくら国民が騒いでいようと、自分は声なき声を聞くんだと突っ込んでいった。
結果オーライじゃなかったのかと。あれによって日本は冷戦の時代をアメリカに守られて生き延びたじゃないかという認識が前提に立って、今回もやがて国民が理解してくれるときが来るというが、ところが違う。
今回は違う。
つまり、前提になっている世界認識が冷戦型の世界認識で、日米で連携で対抗する中国の脅威に向き合おうというゲームを組み立てていると思うが、この世界認識が如何に時代の流れにずれてきているか

(どのようにずれているかの解説はない)


 与野党攻防で激しい戦いが起こってるように見えるが、実は日本の政治の貧困というか悲しみは、国民に対して野党が対案を出していない。野党第一党の民主党が物凄く激しく反対してるように見えているが、民主党の中心に居る人の多くは集団的自衛権に賛成であり、辺野古移転しかないという選択肢しかないと考えている人達が多い。
国民にしてみれば、これに反対した先にどういう日本の安全保障の選択肢があるのかと付いていく先がない。
野党の幹部が『有難うございます』と国会前に集った人達に挨拶したとき、『お前のために来たんじゃない』という気持ちがよく表している」


「だから何なのさ」と突っ込みを入れたくなる寺島実郎センセイ。

田中優子(法政大学総長)
「日本の安全保障は軍事力だけではない。外交努力もあるし、経済戦略もある。難民や貧困への支援もある。9条すら抑止力のひとつだ。
ところが軍事力だけ突出して出てきた。
そうすると当然全体像が見えないから抑止力ってアメリカに何回付き合えば抑止力になるのか
どれだけ軍事力をつければ抑止力がつくのか分らない。
天井が見えない。際限がないという事に気が付いてしまった。
国会でどんどん際限が無く歯止めがきかないと分ってしまった。
歯止めになるのは憲法とかいろんな法律だが、それが空洞化されていくということが見えてしまった。
そういう際限のないゲームに私達が放り込まれた。
日本の安全保障は総合的にどういうものなのかというバランスがどこからも出てこなかった。
長い間、議論したというが議論していない。
それが一番怖い」

関口
「そうですねえ、抑止力という事を確かによくおっしゃるんだけど、もう早速中国からも『日本がそういうことであるならばさらに軍事力を強化しなきゃ』と、これ際限なくなっちゃう!


(以下略)

 しかし、このような一方的な意見だけを放映するテレビ番組に対する批判が少しずつ高まってきた。
高須クリニックの高須院長はテレ朝「報ステ」のスポンサーを降りたということで、当ブログでも取り上げたが、同じテレビ朝日の「ビートたけしのTVタックル」に切り替えただけと知っていささかガッカリした。

コメンテーターならともかく、アンカーが偏向した政治的発言をするのはよくないという声が上がった。

⇒産経ニュース(2015/9/17)
テレビの報道番組、目立つ法案批判…アンカー自ら「廃案」訴えも 
高須クリニックはCM打ち切り表明


(前略)

「私は一貫して『権力の暴走』と言ってきた」。16日夜のTBS系「NEWS23」では冒頭、アンカーを務める毎日新聞の岸井成格(しげただ)特別編集委員が語気を強めた。河野洋平元衆院議長が与党の対応を批判したインタビューも放送。岸井氏は終盤、「メディアも廃案に向けて声を上げ続けなければいけない」と強調した。
 同日のテレビ朝日系「報道ステーション」では古舘(ふるたち)伊知郎キャスターが「平和安全法制という(参院特別委員会の)ネーミングが正しいのか、甚だ疑問だ」などと述べながら国会から中継。抗議活動を詳しく報じ、スタジオのコメンテーター2人がともに法案の問題点を指摘した。


(引用終わり)

テレビ局の偏向報道批判が高まる中、最近、テレビ局の中にはアリバイ作りをするような局も始めて現れた。

反日0247


21日のTBS「News23」では安保法制に賛成するケント・ギルバート氏の賛成コメントVTRを始めて紹介。
しかし収録時間は僅か60秒・・・

●大橋巨泉 反対 
●園 子温(映画監督) 
 反対
●ケント・ギルバート 賛成

●今井高樹(日本国際ボランティアセンター スーダン現地代表)  反対

3対1で差をつけられた。

反日テレビ局の偏向報道と安保法制無効キャンペーンはまだまだ続く。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

20:04  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★寺島工作員(笑)

寺島工作員を呼んでる段階で確信犯的故意はバレバレ(笑) 内閣法制局が合憲っていってるのに素人寺島がなにホザイてんだか(笑
三郎 |  2015.09.22(Tue) 21:25 |  URL |  【コメント編集】

寺島馬鹿丸出し。恥を知らない人間にはへどが出る。
たかさん |  2015.09.22(Tue) 22:32 |  URL |  【コメント編集】

★TBS サヨク街道まっしぐら

TBSというのは

まとめてサヨクコメンテーターを4、5人取り揃えて
それぞれ各分野のサヨクがおのおのの立場でサヨクの主張をするという番組の作り方をしていますが。

イイ例があのサンモニです。

他に金平の番組も岸井の番組も基本がサヨクをとりそろえて偏向に偏向を重ねた報道をします。

それから見るとNHKなど解説委員は皆サヨクですが、一般番組は一応サヨクと保守、反対意見と賛成意見をまぜてはいます。
それでもNHKが偏向したサヨクに乗っ取られたマスコミであることに変わりはないですが。

TBSはもう放送法とか公平とかそんなものは無視してサヨク街道まっしくら
です。

M |  2015.09.23(Wed) 00:41 |  URL |  【コメント編集】

これだけ酷い偏向報道をするテレビ、新聞が企業として成り立つのは日本人自
身が、これを認めているからでしょう。テレビは見てはいけないし、新聞も産
経程度は購読しても、その他は購読しなければ、企業として成り立たなくなる
はずですが。
おっさん |  2015.09.23(Wed) 07:35 |  URL |  【コメント編集】

★典型的な評論家

寺島氏の口癖は最後に「今我々は真剣に考えなければならない」と言う偉そうな言葉。 具体的な納得できる案を示したことがない評論家の典型にしか映らず説得力なし。
斬りすて御免 |  2015.09.23(Wed) 08:24 |  URL |  【コメント編集】

★偏向番組をボイコットしよう

NHK利権にまみれた総務省が、電波法を盾に放送局に圧力をかけることは現実的でない。
政府与党が介入しても、反発を招くだけである。
放送法の改正も見込みがない。
BPOや民放連による自浄能力も期待できない。

どうすればいいのか。

このような偏向番組を、視聴者自らがボイコットするしかない。

TV局が広告収入という企業論理で動いている以上、視聴率の低下は彼らにとって大きな圧力になるはずである。
teru |  2015.09.23(Wed) 10:35 |  URL |  【コメント編集】

★それよりスポンサーを叩いたほうが効果がある。

どう言うスポンサーが金を出しているのか知らんが、企業の姿勢にも関係してくる内容です。
おかしな企業は、デモを掛けるべきではないか。
金の流れを遮断するだけで偏向番組は、消失する。
企業が、盲目的に金を出すからこんなバカな番組を見せられる。
もっと実質的で建設的な番組を見たい。
不買運動をすべきだ。
自分は、殆どTVを見ない派なので、CM提供の企業を知らない。
katachi |  2015.09.23(Wed) 11:45 |  URL |  【コメント編集】

なぜ大橋巨泉が日本にいるのか
金がなくなったのか、日本のTV局に媚を売って稼ぎに来た愚か者じゃないか
日の丸 |  2015.09.23(Wed) 12:10 |  URL |  【コメント編集】

ところで議事堂前でまだデモをやっているんですか?
奴らヘタレだから雲散霧消しているんではないかと思うのですがその辺の報道がないのでわかりません。
琴姫七変化 |  2015.09.23(Wed) 13:25 |  URL |  【コメント編集】

★TBSの見事な編集?

ケント・ギルバートさんがご自分のブログで「さすがはTBS!見事な編集でした」と皮肉まじりに語っておられます。
http://ameblo.jp/workingkent/entry-12076051696.html
六角蛸錦 |  2015.09.23(Wed) 16:55 |  URL |  【コメント編集】

★TBSもNHKと同じ手法を使ったのか?

放送法の政治的中立性を批判されないようNHKは、この様な手法を巧みに使っている。

国賊・反日の元締めメディアNHKの真似をしているのでしょう。

見苦しさはこの上ない。
日本人 |  2015.09.23(Wed) 18:02 |  URL |  【コメント編集】

高須先生の件は、報ステのスポンサー降りても、テレ朝の別番組のスポンサーになっておくことで、引き続きプレッシャーをかけておく意味なのではと。
とおりすがり |  2015.09.23(Wed) 19:49 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3454-7b34e263

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |