2015.09.06 (Sun)


シーシェパード批判映画を製作した日本人女性監督ガンバレ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

反日勢力に挑む日本人女性たち

 シーシェパードの反捕鯨映画「ザ・コーブ」は日本人の伝統的な捕鯨を残酷なものに描いて世界に日本のイメージをダウンさせた。

しかし、これを反証する映画を日本の女性監督が制作しモントリオール映画祭に出品して大反響だという。

⇒産経ニュース(2015/9/5)
「シー・シェパード、ひどい」 モントリオール映画祭、
日本人女性監督の反捕鯨「反証」作品に熱い反響


 カナダで開催中の第39回モントリオール世界映画祭で、ドキュメンタリー部門にエントリーされた日本人女性監督、八木景子さん(48)制作の作品「Behind “THE COVE”」(ビハインド・ザ・コーヴ)が4日夜(日本時間5日午後)、現地の映画館で初上映された。

 映画は追い込みイルカ漁が行われている和歌山県太地町など日本の捕鯨の現場を描いたドキュメンタリー作品。観客からは「これまでネガティブなイメージだったが、日本の捕鯨がなぜ続けられてきたのか理解できた」「シー・シェパードはこんなにひどいのか」などと感想が述べられるなど、八木監督も手応えをつかんだようだ。

 ■上映後、観客から途切れぬ質問

 上映は現地時間で午後9時半から行われた。観客は深夜という上映時間などが影響し数十人程度と多くはなかったが、八木さんと一緒に会場入りしたベテラン通訳によると、「長年、映画祭では日本の作品の担当をしてきたが、上映後に出された観客の質問は最も多かった」と話し、関心の高さをうかがわせた。
 上映後の観客や現地記者からの質問タイムは時間制限から全て受け入れられず、八木さんはスクリーンシアターを出た後も観客らに囲まれ、質問を受けた。
八木監督の初制作となった今回の作品は、太地町のイルカ漁を批判的に描き、2010年に米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」(The Cove)が日本の食文化や伝統を歪めて海外に伝えているとして、反証する映画でもある。
 30代のカナダ人男性は前日に「ザ・コーヴ」を鑑賞してから、この日の八木さんの作品上映に臨んだといい、「八木さんの映画を見て、ザ・コーヴの世界がウソだということがよくわかった。今でも活動家は太地町に来ているのか?」と感想を漏らした。

 八木さんの映画には、反捕鯨団体シー・シェパード(SS)幹部のインタビューも収録されている。別のカナダ人男性は「シー・シェパードが、住民たちにいかにひどいことをしていたのかがよくわかった」と話した。
 
■日本の捕鯨の「真の姿」伝える

 一方、夫がカナダ人という日本人女性は「どうしてもこの映画を主人に見せたかった。捕鯨問題になると、家族では意見が分かれるのだが、彼も鑑賞後、日本の捕鯨がどういうものかを理解できた」と話した。
 さらに、モントリオール在住の他の日本人女性も「よくこの映画を作ってくれました。がんばってください」と感謝されたという。
 現地での次回上映会は7日午後に開催される。八木さんは「反捕鯨活動家が大挙として押し寄せ、厳しい質問を受けると覚悟していたが、映画を見てもらえれば、日本の捕鯨を理解してくれるのだと実感した。もっと多くの人に作品をみてほしい」と話した。
 日本での上映予定はまだ未定だ。八木さんは今後、作品を上映できるよう映画関係者に働きかけていくという。


(引用終わり)

シー・シェパードを批判したドキュメンタリー映画をニューヨーク在住の映画監督、佐々木芽生さんも製作中だ。

⇒産経ニュース(2015/7/12)
クジラ映画製作の日本人女性監督を“攻撃” 脅迫のメッセージも 「どんな妨害にも負けない」と意気込む監督


アメリカでの慰安婦像の設置に反対している⇒「なでしこアクション」代表も山本優美子さんという女性だ。
いまや女性パワーが反日勢力に対して反撃を加えている。

安倍首相は女性が活躍する社会を目指しているが、すでに女性パワーは一部で爆発している。
頼もしい限りである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:18  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

頑張れ八木景子さん
頑張れ山本優美子さん
おっさん |  2015.09.06(Sun) 08:19 |  URL |  【コメント編集】

★女性の活躍がこれからの鍵!

 この混乱期の我が国では、古来から男より優秀な女性が活躍して収拾を図ることが期待される。

 男はどうしても論理でことを解決しようとするから、かなわぬとみると腕力に頼って処理しようとするが、女は論理でなく”情”で解決することが得意だから、息詰まることが少ないという特徴がある。

 男はしばらく女に道を譲る胆力を持とう!
tbsasahinhk |  2015.09.06(Sun) 13:21 |  URL |  【コメント編集】

★これ、必ず日本でも上映しましょう

この映画、必ず日本でも上映する様に支援しましょう。

ユダヤや支那のプロパガンダ映画に対抗するために、八木景子監督を支援しましょう!
さよならサヨク |  2015.09.06(Sun) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

★女は強し

サッカーだってバスケットだって女子の方が結果を出している
なでしこにはもっとサポートを手厚くすべきだ
男尊女卑にもほどがある
黒猫 |  2015.09.07(Mon) 14:11 |  URL |  【コメント編集】

★目で訴える力

反日中韓の団体は捏造した歴史映画をノンフィクションとして世界に広めています。映像が訴える力は文字以上に効果があります。

中韓の捏造歴史に対して、真実の歴史を映像で世界に訴えていく必要があります。今回の映画製作に敬意を表したいと思います。

日本を愛する多くの映画監督が続いてくれることを願っています。
にっぽんじん |  2015.09.07(Mon) 15:55 |  URL |  【コメント編集】

★大東亜戦争の真実を伝える映画の大量出現を!

 現在活躍中の監督の大方は、左翼反日と見た方が無難です。
 これからは、新進気鋭の監督の出現に期待するしかないのではないかと、少々暗い気持ちになります。

 我が国の映画監督協会は、会長が左寄りの崔某氏であり、水島総氏の様な右寄りの監督は非常に少ないと言えるのではないでしょうか。
 水島氏は、桜チャンネルの経営や”頑張れ日本全国行動委員会”の活動で忙しく、映画作りが途絶えているのが残念です。

 八木景子監督などの活躍を大いに期待したいと思います。
tbsasahinhk |  2015.09.07(Mon) 16:38 |  URL |  【コメント編集】

★個人に負担が来る日本

なんか違う。

本来は国が率先してやることを

個人が労力、費用を使ってやっているということでしょ。

これは国への批判にしないといけないというのが本質。
M |  2015.09.07(Mon) 18:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3417-42b537f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |