FC2ブログ

2015.08.20 (Thu)


安倍談話 NHK「時論公論」が批判!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

アジアとは中韓しかない
視野狭窄症のNHK「時論公論」


遅まきながら安倍談話に関するNHK「時論公論」のVTRをチェックしてみた。
「アジアの平和に役立つか」と題して島田敏男解説委員が解説していた。

反日0147

⇒NHK「時論公論」(2015/8/18)

4つのキーワード(NGワード)が入っているかどうかを、他の民間テレビと同様に比較表を作って報道するお粗末。
テレ朝「報ステ」などは派手な幟を立てて古館伊知郎が解説して視聴者の失笑を買った。

島田解説委員は・・・

「過去の出来事の評価に触れるのを避けた」

「過去に対する評価にはなっていません」


と安倍談話を批判。

「内閣支持率が低下し始めた状況に歯止めをかけようという、当面の政局運営を睨んだ妥協の産物だという指摘が各方面から出ています」

どうしてこうもネガティブなものの言い方しかできないのか。

「安倍総理としては、内閣支持率に陰りが見える現状を打開するためにウイングを広げたい。
つまり妥協によって右にも左にも我慢をしてもらいながら足元を固めようという、権力者特有の姿が現れたとも言えます」


「権力者特有の姿」!!

どうしてこう批判的なものの言い方しかできないのか。

国民の間で大きく賛否が分かれる安全保障関連法案を最終的にどう扱うかという大きな課題があります。
衆参両院の与党の数の力だけに頼って成立を図れば、そのこと自体が国民の新たな反発を買う恐れがありますし、自民党内の力学にも微妙な変化をもたらす可能性があります」


「与党の数だけに頼って成立を図る」というが、多数決は民主主義の基本だ。
NHKのいう「国民」とは自らも含めた反日勢力、偏向左翼のことであろう。
「自民党内の力学」とか言って自民党内の混乱を期待しているのがミエミエである。

「積極的平和主義を掲げるならば、軍事的な抑止力の強化一辺倒に走るのは得策ではないという意見にも耳を傾ける必要があります。大切な局面だと思います」

(現在審議中の安保関連法案に対する横槍である)

「以上、見てきましたが、安倍総理が長期政権を目指すならば、対話を軸にして、相手の立場を思いやる精神を貫くべきでしょう。
天皇陛下が全国戦没者追悼式のおことばの中に、「さきの大戦に対する深い反省」という言葉を新たに加えられたのは、まさにそういう精神を示したものでしょう。
日本の政治リーダーには、謙虚さと、思慮深さを忘れないように希望したいいと思います」


対話を拒んでいるのは安倍首相ではなくて朴槿恵大統領であり、仏頂面の習近平国家主席である。

安倍首相に「謙虚さも思慮深さもない」というのか。

安倍談話こそ謙虚さと思慮に満ちた未来志向の内容だったではないか。

天皇陛下のお言葉を利用して安倍首相を批判するとは何事か。

そして何よりも「首相談話はアジアの平和に役立つか」という題名ながら、出て来たアジア諸国は中国と韓国の反応だけ

オーストラリア首相、フィリピン外務省、インドネシア外務省など安倍談話を評価し歓迎している。

NHKにとって、「相手の立場を思いやる精神」の相手とは中韓でしかない。

NHKが如何に国際的な視野に欠けた中韓の代弁者に過ぎない公共放送であるかがここでも証明された。

反日NHKは解体すべきである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

16:55  |  安倍談話  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★左翼は、今の時世が、読めているのか?

談話の方向性が明らかに欧米側とアジア全般に渡っている事を。
特亜に限定しした狭窄的視野で日本をミスリードするつもりだろうか。
最早国民が、安倍談話を肯定的に評価しマスメディアの見解にNOを突きつけている。
中立を保てないマスメディアの役割は、終わろうとしている。
何時までも今までの様な胡坐をかいた上から目線は、通用しなくなった。
間違った報道のミスリードは、放送局の命取りに繋がる。
つまり必要で無くなる訳だ。
既得権益を取り上げられる時代だ。免許停止。
日本も国益を考えた行動を取らないとこの先特亜の滅亡を考えると国家の自立は急務である。
韓酷は、方向性を見失ったミサイルのように何処へ飛んでいくのか解らない状態である。
全て日本を真似て追いつけず、確信技術も築けず今や国が、溶解しつつある。
淘汰される国である。
日本は、全ての分野で健全だ。狂っているのはマスコミ・メディアだけだ。

katachi |  2015.08.20(Thu) 18:10 |  URL |  【コメント編集】

>日本の政治リーダーには、謙虚さと、思慮深さを忘れないように希望した
>いと思います

主語を変えて「NHK或いはNHKの論説委員には、謙虚さと、思慮深さを忘
れないように希望したいと思います」と言いたい。そうなるまでは視聴料は
支払いません。

アジアとはシナ、韓国、北朝鮮だけではないことを、論説委員は知った上
で論説するようにすべきだ。



おっさん |  2015.08.20(Thu) 18:21 |  URL |  【コメント編集】

NHKのチャンネルは、総合と教育、衛星放送で総合と教育と外国向けの5チャンネル有れば十分。それ以上は民間に任せるべきだ。技術開発が必要なら、民間放送局も取り込んだ、第三機関を作ればいい。聴取料を義務化している以上、いかに小さな組織にして、料金を下げるか考えなくてはいけない。偏向番組を作る余裕を無くさないといけない。
名無し |  2015.08.20(Thu) 18:29 |  URL |  【コメント編集】

★偏向NHKのサヨクのいる所

NHKでサヨクのいる場所が
この解説委員の集団だ。
M |  2015.08.20(Thu) 19:29 |  URL |  【コメント編集】

★韓国と共産シナは、アジアでなく、「2ヶ国」―すなわち、「特ア2国」―です。

韓国と共産シナは、アジアでなく、「2ヶ国」―すなわち、「特ア2国」―です。

・日本国財産電波と日本国予算と日本人受信料を流用し帰化未帰化在日韓国人を特別扱いし韓国のために違法操業するNHKには、帰化未帰化在日韓国人、帰化未帰化在日共産シナ朝鮮族、北京採用共産シナ人、日放労(帰化未帰化在日韓国人団体)しかいない。

・NHK同一敷地内に、韓国放送公社KBS と 中国中央電視台CCTV がある。

・NHKは、ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ族の韓国人・共産シナ朝鮮族やペルシャ系の共産シナ人という日本人にとって全く異民族と交流することをやめ、モンゴル・ブリヤート・フィン・ウゴル系のモンゴル人・ブリヤート人・フィンランド人・エストニア人・ハンガリー人という日本人にとって同胞民族(gm細胞同一民族)およびゲルマン系のドイツ人(ドイツ・オーストリア・スイス)やノルウェー人という日本人にとって友好民族と交流してほしい。

・NHKは、日本国財産電波と日本国予算と日本人受信料を流用して、日本国民へ韓国文化強制やフランス文化強制・ポーランド文化強制・チェコ文化強制・共産シナ文化強制し、日本国とドイツ・オーストリア・スイス・ノルウェー・モンゴル・ブリヤート・フィンランド・エストニア・ハンガリーの分断工作をすることをやめてほしい。
敦子 |  2015.08.20(Thu) 19:55 |  URL |  【コメント編集】

中国指導部の皆さま朝鮮の皆さま、放送内容はこれでよろしゅうございましたでしょうか。また何時でも結構ですから振込よろしくお願いします。
再就職先もご配慮の程を~。
イルボンATM |  2015.08.20(Thu) 22:47 |  URL |  【コメント編集】

『反日マスコミ』と呼ばれている日本のテレビ局が、
コメンテーターを反日文化人で固めて中韓による歴史捏造を指摘しなかったり、国防力強化して謝罪外交しない安倍をバッシングしたり、在日芸能人を優遇したり韓流ゴリ押しをしてきた背景か

■日テレ、社内公用語?にハングル文字バレた事件(韓国人社員が多い証拠)
http://blog.m.livedoor.jp/porthos_ten_forward/article/51765321?guid=ON

■動画
元大使 「じつは日本のテレビ界に『外国人』が入り込んでいるんですね!」
http://www.youtube.com/watch?v=OEoZi81fZxU
――――――――――
馬渕:ある「ザイニチ(韓国人)」の方が私に「息子が犬HKに入りました」と喜んでおられた。

まだその頃は犬HKも目立たなかった。今その影響が出て来ている。

渡部:反日の「ザイニチ」系のひと。またその手の回っているひとが、非常に高い地位にいっぱいいるような気がするんですよ。

馬渕:アメリカでは、私が聞いている範囲では、テレビ局には外国人は入れない。

いかに民間の放送とはいえ、公共の電波ですからね。外国人がそれを牛耳るのはオカシイ。 日本も本当はそうすべき。

すぐにそうすることが無理なら、「日本名」ではなく、本名で仕事をしてもらう。 (後略)
名前非公開 |  2015.08.21(Fri) 10:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3377-595ca255

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |