FC2ブログ

2015.07.23 (Thu)


李登輝台湾元総統が来日 新安保法案を高く評価


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

李登輝氏の日本精神に学べ

 日本で育ち日本人に負けない日本精神を持っているといわれる李登輝元総統が22日、衆院第一議員会館で国会議員に対し台湾の独立について講演した。
日本で精力的な言論活動を続けている金美齢氏はかつて李登輝氏の民進党を支援していたことは有名である。
李登輝氏も金美齢氏も日本のことを大切に思ってくれている。

⇒産経ニュース(2015/7/23)
来日の李登輝氏「ひとつの中国、決して同意できない」 衆院議員会館で初講演 


反日53

講演を終え、拍手に応えて手を振る台湾の李登輝元総統=22日午後、衆院第1議員会館(酒巻俊介撮影)

 来日中の台湾の李登輝元総統(92)は22日、東京都内の衆院第一議員会館で、国会議員有志らを前に台湾の民主化をテーマに講演した。総統退任後、李氏の訪日は7回目だが、国会施設での講演はこれが初めて。

 「台湾パラダイムの変遷」と題した日本語による講演で、李氏は戦後台湾を統治した中国国民党政権を「外来政権」だと指摘。同党の長期支配を受けたことで、「独立した台湾人」という意識が台湾に確立されたと語った。

 李氏は、戒厳令解除から2000年の政権交代までを台湾の「第1次民主改革」として成果を強調する一方、現職の馬英九総統が進めた対中政策が批判を浴びたとして、総統権限の制限を含む新たな民主改革が必要だと述べた。

 中国に関しては、在任中に制定した「国家統一綱領」を例に「中国が自由化、民主化されるような日は、半永久的に来ないと思っていた」と発言。「ひとつの中国」との原則について、「われわれは決して同意できない」と拒絶した。

 講演に先立ち、下村博文文部科学相が超党派議員の発起人を代表してあいさつ。講演会には議員ら約300人が出席した。

⇒講演主旨

⇒FNNニュース(同上)
台湾・李登輝元総統、国会内で初の講演 安保関連法案を高く評価


台湾の李登輝元総統が、国会内で講演しました。
李登輝氏が国会内の施設で講演したのは初めてで、下村文部科学相をはじめ、およそ300人の国会議員が出席しました。
李登輝氏は、安倍首相が今の国会での成立を目指す安全保障関連法案を「高く評価する」と述べ、「日本が主体的に安全保障に対して意識を持つことが、アジア全体の平和につながっていく」と、成立への期待感を示しました。

(引用終わり)

 李登輝氏は昨年来日した時の講演では、日本国憲法が「戦力を保持しない」と謳っているようでは国を守れないと批判し、かつて李登輝総統が日本やアメリカに頼らず、自主防衛のためにアメリカからF16を購入したら、日本から社会党の土井たかこ党首が台湾に来てなぜ買ったのか何時間も繰り返し詰問した。国を守り人民を大切にするのは総統の責任であると懇々と説明したら、それから台湾に来なくなったと演説し、会場に爆笑と拍手が起きた。

李登輝元総統が来日(千葉日台さんのブログより)

李登輝(昨年の講演から)
「今、日本は『Gゼロ』の世界において岐路に立っています。主導国家が無くなって、アメリカはこれ以上日本を支持していく力を失っています。正直言えば、日本がアメリカに頼る以上にアメリカは日本に何か頼み込んでおります。こういうようなことを感じなければなりません。
日本としてはどうすべきか。こういうことが非常に大切であります。
日本人一人ひとりが志(こころざし)と誇りと自信をもって行動する、日本人の持つ日本精神に待たなければなりません。
(中略)
日本と台湾は運命共同体です。日本が良くなれば台湾も良くなり、その反対も然りです
日本が真の自立し国家として歩むことを心より期待して私の今日のお話を終わります。
ご清聴有難う御座いました」

(引用終わり)

朝日新聞も李登輝氏の演説を記事にしている。
しかも、「講演後にあった非公開の質疑応答で日本政府が成立を目指す安保関連法案を高く評価する」と報じた。

朝日新聞(同上)
「台湾、一つの中国から逃れ民主国家に」 李登輝氏講演

 台湾の李登輝・元総統(92)が訪日し、22日に東京・永田町の衆院議員会館で、超党派の国会議員約300人を前に講演した。馬英九政権による中国との経済関係強化が引き金となった昨年の学生運動に触れ、「台湾の総統は権力が大きくなりすぎた。さらなる民主化が必要だ」と訴えた。

 李氏の総統退任後の訪日は昨年9月以来で7回目。講演は下村博文文部科学相らの要請で実現した。

 李氏は講演で、台湾の将来像について、「(中国共産党と台湾の国民党が確認した)『一つの中国』の束縛から逃れ、主体性ある民主国家にする」との自説を展開。「台湾の憲法では、(総統の)権力の範囲に関するはっきりした規定がない。権力に制限を設けるべきだ」と話し、台湾の憲法改正を唱えた。

 その上で、「残りの人生は、台湾に成熟した民主社会を打ち立てるために捧げたい」と語り、「(日本の国会議員には)台湾への関心を寄せ続けて欲しい」と呼びかけた。

 主催者側の窓口になった岸信夫衆院議員によると、講演後にあった非公開の質疑応答で、李氏は国際社会での日本のリーダーシップに期待を表明。その中で、日本政府が成立を目指す安全保障関連法案について「高く評価」するとの考えを示したという。

(引用終わり)

「李登輝氏が安保法案を高く評価」と産経は報じていないのに、朝日としてはご立派!
もっとも非公開であったから産経新聞は敢えて報じなかったのかもしれない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:05  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★李登輝氏の発言ごもっともです。

当たり前のことを言ってくれた。
日本も徐々に変わろうとする時期に来ているが、いまだGHQの呪縛から抜けていない残留敗戦利得者達。
国を守ることに若者は、どのような反応を示すだろうか?
戦争の仕方も戦前とは、全く違ったハイテク遠隔戦争である。
技術力のある国が、有利な戦争である。
そうなればアジアでは、日本以外に存在しない。
アメリカの力は、軍産複合体なる巨大なハイテク産業であるが、日本の部品を使わなければ完成度が、低くなる。
一つ一つの部品の完成度が高い日本の武器は、必要以上の能力を生み出す。
そこにアメリカが、不安と恐怖を感じるのである。
アメリカいや白人のしてきた今までの歴史に立ち返れば、不安に思うのは当然で日本と言う国がこれほどまでに凄いとは、心底思っていなかったろう。
白人とガチで戦争をしたのは、日本だけであり、白人の物創りの限界も見えてきた。
同じものを作っても日本と同列では、ないのである。
そこにアメリカが日本に対し潜在的恐怖を感じていることが、我々にも感じることができる。
安倍首相もそれらを踏まえて談話を出すべきだ。
卑屈にならない談話を期待したい。
アメリカとの同盟は、必要であることは間違いないが、自立出来る準備も必要だ。
何時日本が、また孤立させられるかわからない。
その為にもハイテク産業の技術力向上は、欠かせない日本の安全保障の基本である。
日本と運命共同体になる国は、海洋国家であり、民主国家である。




katachi |  2015.07.23(Thu) 21:31 |  URL |  【コメント編集】

客家とは大陸に異民族王朝が出来た時に避難した人達です。

台湾には、太古の時代からの現地人と難民した客家、戦後国民党の人達です。


支那では、出自が違うと他人です。いや外国人です。
支那人は知れば知るほどわからなくなります。
なのに、あの巨大さ。その秘訣は?

大陸では力が罷り通っている。強者は善、敗者は悪。
民主主義とはかけ離れた中世が現存する地域です。

亜細亜では客家主導の国があります。目覚しい発展を遂げています。
でも、疑問もあります。なぜ少数派のその方たちが政治的主導する立場にいるのか。民主主義による選挙では多数派の人達が当選する。
このからくりの分かる方いませんか。
亜細亜の曙 |  2015.07.23(Thu) 21:40 |  URL |  【コメント編集】

★今時蘇ったアカ。コリァビックリ!!

反日左翼が戦争法とこじつけてレッテルを貼る安全関連法制についてアカい野党が徴兵制が将来導入されるという現代戦の基本的な考え方を完全に無視して流すデマは完全に龍言飛語の類。

現代戦に於いては高度に訓練されたプロ集団が高度に発達した武器システムを操作管制しここぞと思う一瞬の好機を作り用意された優れた戦力を持って攻撃するが常識。

湾岸戦争イラク戦争等での米軍は現代戦の基本的なパターンを踏襲している。
今時戦力に成らない上に只の足手まといの徴兵した一般兵を戦闘等に利用する意味が全く見当たらない。
しかも産業が大きく発達し産業力と先端技術力が戦争の趨勢を左右する現代なら尚更のこと一般人が兵士に取られるなど起こり得ない只の妄想から来たデマだ。
70年以上の昔の基準を現代に当てはめる左巻き。
ナポレオン戦争と応仁の乱以上の差が有るのだよ
しかも国民生活や諸外国との交易軍事力を維持するための産業力の占める割合は大戦中とはケタ違いなのだ其の事にも気付いて無いとしてデマを捲いていたら致命的な馬鹿だ。

しかも民主党の安保法制反対のポスターに採用された絵が大東亜戦争中の物にそっくりで其処からも彼らサヨクの大戦と結び付けたい悪意と無知な左巻きぶりを見て取れる
だから左巻きなのだよ左翼諸君。

彼らアカ野党の頭の中は大戦中や70年代で軍事的な知識も思考も停止しているのであろうとしか思えないレベルの低さだ。
赤にとってはこの時代で歴史や思考が停滞しているのであろう。何故なら彼ら現代の赤い貴族はベトナム反戦世代でアカにかぶれたからだ。

アカは現実を拒みつつ我が国を危機に陥れようとする敵の便衣兵だ
シベリア帰り |  2015.07.23(Thu) 22:18 |  URL |  【コメント編集】

★katachiさん

お久しぶりです。
まさに仰る通り。
日本人は自信を持って進むべきです。
ponko |  2015.07.24(Fri) 00:04 |  URL |  【コメント編集】

★亜細亜の曙さん

台湾は国民党の蒋介石が支那の共産党に追われて逃げ込んだ島。
端から支那とは違いますね。
中国の傀儡馬英九台湾総統の辞任後、来年の総統選で野党の民進党が勝利することを期待しています。
ponko |  2015.07.24(Fri) 00:19 |  URL |  【コメント編集】

★シベリア帰りさん

民主党の安保法制反対のポスターにある幟がハングル語だったとは笑えますね。
不評のため何十万部か破棄して新しいのを作ったそうです。
ponko |  2015.07.24(Fri) 00:23 |  URL |  【コメント編集】

流石李登輝さん。
英 |  2015.07.24(Fri) 05:55 |  URL |  【コメント編集】

>日本で育ち日本人に負けない日本精神を持っているといわれる
>李登輝元総統

とありますが、日本人に負けないではなく、日本人以上ではないでしょうか。

今の日本人の中に
李登輝元台湾総統ほどの日本精神を持った方を知りません。
おっさん |  2015.07.24(Fri) 15:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3306-9a04c846

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |