2015.07.10 (Fri)


安保法制には最高裁元判事らも反対だとテレ朝「報ステ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

明らかな世論誘導と放送法違反

反日新聞である朝日新聞のテレビ番組「報道ステーション」が元最高裁判事の言葉を引用して安保法制は憲法違反だとネガティブキャンペーンに必死だ。

自民党の高村副総裁
「憲法の番人は最高裁判所であって憲法学者ではない」

菅官房長官
「憲法の番人は最高裁だ」


という発言を言質に取って反論している。

テレ朝「報ステ」(2015/7/9)
安保法案に元最高裁判事
「認めがたい」「憲法違反」

ナレーション
「その最高裁はどう考えているのか。今日、元判事が公の場で初めて自らの見解を話した。反対集会に現れたのは弁護士出身で2012年まで最高裁判事を務めた那須弘平氏」

1234反日0022

那須弘平
「解釈憲法が行なわれるというのは法律的にも政治的にも認めがたいことであると考える。変更が許されるのは私なりに考えると、まずもって日本の安全が本当に脅かされるような程の緊急かつ深刻な事態が現に発生しているかということです。しかし、現実にそういうことが起きているのでしようか。私はどうもそうは思いません。
2番目にその変更が広く国民に受け入れられるということが必要です。
到底、今の状態ではこの2番目の要求も満たしていない」


危機意識ゼロである。
中国が東・南シナ海への軍事的侵攻を始めているのを知らないのか。
現実に起きてしまってからでは間に合わないから議論しているのだ。
「政治的にも」と言っているが、判事がおのれの政治信条を語っていいのか。

それと報道機関なら、安保法制反対集会が何処で、どのようなメンバーで開かれたかを報道するのが常識だろう。
自分にとって美味しいところだけつまみ喰いしおって。

ナレーション
「安保法制の根幹部分に疑義を突き付けた那須氏。番組では過去10年間の最高裁判のOB22人にインタビューを申し込んでみた。一人だけカメラの前で答えてくれた。2006年まで5年間、最高裁判事を務めた濱田邦夫弁護士。きっぱりと言い切った」


テレ朝の意に添う回答をしてくれたのは一人だけということか(笑)

1234反日0017

濱田邦夫
勿論違憲です。憲法改正を問うて総選挙してそれでやるならそれこそ憲政の王道に従うわけだが、去年の夏の安倍内閣の閣議決定なるものは、選挙の主題になってないわけだから、立憲主義を無視し、最近ではいろいろな国民の各層の反対意見を無視し、無視するどころじゃなくて、それを圧殺しようというような動きというのは非常に危険だ

圧殺しようとしているというのは被害妄想であり、独自のイデオロギーを持っている証拠である。

濱田
「砂川事件で争われた具体的事件と今回の集団的自衛権の問題とはまったくかかわりが無い」


(中略)

ナレーション
「去年、支集団的自衛権の閣議決定を許される範囲の変更だと述べていた竹内行夫元最高裁判事は今日の夕方、電話取材に応じてこう指摘した」

竹内行夫
「閣議決定について容認している。しかし、現在の法案についての政府の説明を聞いているとホルムズ海峡の機雷掃海を集団的自衛権の代表例としているなど、問題がある。じっくり時間をかけて審議して国民が理解にいたるプロセスが必要だ」


 最高裁の判事が100%信頼できないことは当ブログでたびたび指摘している。
総選挙での信任は全てペケをつけている。
ましてや過去の判事達の都合のいい見解だけを利用して、一定の方向にもっていこうとするのは明らかな世論誘導である。

たびたび言うようにテレ朝「報ステ」、TBS「サンモニ」「News23」は放送法第4条に抵触している。

●政治的に公平であること

●報道は事実をまげないですること

●意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること


百田尚樹氏がマスコミ批判をした時、メディアは「電波利権」の部分をスルーした。
放送法に違反するテレ朝、TBS、NHKから放送免許という既得権を剥奪すべきだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:23  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

>変更が許されるのは私なりに考えると、まずもって日本の安全が本当に脅かされるような程の緊急かつ深刻な事態が現に発生しているかということです。
>しかし、現実にそういうことが起きているのでしようか。私はどうもそうは思いません。

完全に元判事の個人見解ではないか。これを番組上で明言しなければ放送法違反と取られてもやむを得ない。番組プロデューサー及びキャスターの個人意見を、あたかも国民視聴者の合意事項として放送する事が果たして妥当なのか。

「不偏不党」をモットーとするなら、テレビ朝日は公式にコメントすべきである。
山田太郎 |  2015.07.10(Fri) 14:18 |  URL |  【コメント編集】

★バカ元判事などの戯言など聞く必要なし。

こんなバカやつらの戯言など無視して粛々と安全保障体制を
成立させることが必要である。
元最高裁判事といっても、芦部憲法を学んで司法試験に合格した
左翼弁護士出身であるし、濱田などは元判事といっても現在は、
左翼弁護士であろう。こういう変態左翼どもは、違憲と決めつけた
だけで、憲法改正のための運動を呼び掛けたりしない。違憲と
主張するだけで、ただの左翼の木偶人形に過ぎない。
憲法学者や元判事などの意見をまともにきいていたら、国が
滅びるだろう。それにしても、バカにつける薬はない。
反日変態左翼を討つ |  2015.07.10(Fri) 14:52 |  URL |  【コメント編集】

★最高裁判所帰化在日韓国人職員は、電通などの帰化未帰化在日韓国人広告会社3社へ4年間で広告費25億円を支払う、日本経済新聞社などの帰化未帰化在日韓国人新聞社各社へ「言い値」で分配するなどのように、日本国民の血税を大量横流している。◎最高裁判所は、公安案件だ!】

【最高裁判所帰化在日韓国人職員は、電通などの帰化未帰化在日韓国人広告会社3社へ4年間で広告費25億円を支払う、日本経済新聞社などの帰化未帰化在日韓国人新聞社各社へ「言い値」で分配するなどのように、日本国民の血税を大量横流している。◎最高裁判所は、公安案件だ!】

*****
渡邉正裕 君 Twitter H24/9/29 (加筆済版)
日本国の最高権力の1角である最高裁判所自らが、日本国民の税金を電通などの帰化未帰化在日韓国人広告会社各社や日本経済新聞社などの帰化未帰化在日韓国人新聞社各社へとめどもなく無駄遣いし、癒着を深めていた。最高裁判所は、「打ち出の小槌」であり、電通などの帰化未帰化在日韓国人広告会社3社へ4年間で広告費25億円、日本経済新聞社などの帰化未帰化在日韓国人新聞社各社へ「言い値」で分配している。
*****

@緊急抗議先―抗議葉書52円で
102-8651千代田区隼人町4番2号最高裁判所長官寺田逸郎F03 3234 3659

@即時廃業要求先―抗議葉書52円で
105-7001港区東新橋1-8-1(株)電通代表取締役社長執行役員石井直F03 6217 5645
180-0004武蔵野市吉祥寺本町2-5-10(株)フラッグ代表取締役久保浩章T0422 29 7855=電通子会社
100-8066千代田区大手町1-3-7(株)日本経済新聞社代表取締役社長喜多恒雄F03 6256 7950・5255 2633・5255 2923

@緊急ガサ入れ要求先―抗議葉書52円で
会計検査院事務総局事務総長鈴木繁治
公安調査庁長官
国家公安委員長山谷えり子
行政改革担当大臣有村治子F03 3581 4611

by長野県J
敦子 |  2015.07.10(Fri) 15:41 |  URL |  【コメント編集】

★【日本国嫡出子97.8%非嫡出子2.2%を無視し日本国を婚姻韓国人化(事実婚化、法律婚と戸籍制度の廃止)したい韓国式デタラメH25.9.4最高裁判決「日本国は事実婚化したから婚外子相続区別違憲」をした最高裁判所裁判官14名へ退官・日本国籍離脱・日本国外退去を要求しましょう】

~江戸川区マーメイド

【日本国嫡出子97.8%非嫡出子2.2%を無視し日本国を婚姻韓国人化(事実婚化、法律婚と戸籍制度の廃止)したい韓国式デタラメH25.9.4最高裁判決「日本国は事実婚化したから婚外子相続区別違憲」をした最高裁判所裁判官14名へ退官・日本国籍離脱・日本国外退去を要求しましょう】
何回も各人へ1通ずつFAX。葉書も
102-8651千代田区隼人町4番2号最高裁判所長官または裁判官○○○○様F0332343659
*通名使用帰化在日韓国人疑惑
裁判長裁判官:*竹崎博允(最高裁判所長官)H26退官=韓国式発言:世界(帰化未帰化在日韓国人と韓国)のために裁判する
裁判官:*櫻井龍子、竹内行夫、*金築誠志、*千葉勝美、横田尤孝、*白木勇=創価学会員疑惑も、岡部喜代子=左翼フェミファシスト、*大谷剛彦、*大橋正春、山浦善樹、小貫芳信、鬼丸かおる、*木内道祥

【自民党全員へ各裁判所裁判官への帰化在日韓国人任用禁止を要求しましょう】
敦子 |  2015.07.10(Fri) 15:43 |  URL |  【コメント編集】

シナが米国にも宣戦布告に近いことをしている、世界情勢を理解できない
のが最高裁判事をやっていたことが、日本の現状をもたらしている。司法
の改革も早急にすべきだ。国会議員が勉強会で「マスコミに広告を出させ
ないようにすべきだ」と言って、言論弾圧として罰せられているが、完全に
法律に違反しているマスコミは当然排除されなければならない。そのことを
国会議員は確り議論し、その法律を創るべきだ。今のマスコミは言論弾圧
機関でしかない。
おっさん |  2015.07.10(Fri) 15:59 |  URL |  【コメント編集】

★朝日新聞からお知らせがあります

私達は朝日新聞です

私達は日本が大好きです

私達は一度も嘘をついた事がありません

真実を知りたい人は朝日新聞を購読して下さい
朝日新聞です |  2015.07.10(Fri) 19:00 |  URL |  【コメント編集】

★私の最も望むこと

>百田尚樹氏がマスコミ批判をした時、メディアは「電波利権」の部分をスルーした。
放送法に違反するテレ朝、TBS、NHKから放送免許という既得権を剥奪すべきだ。

池田信夫氏がブログで、百田尚樹氏が本当に語りたかったのは、日本の、『電波利権』、の問題だ、と指摘されております。

※池田信夫氏のブログの要旨
彼(百田氏)、の主要な批判対象は
「広告料ではなく地上波の既得権」、なのだ。
UHF帯だけで30チャンネル以上とれる周波数で実質的に7局の寡占体制が続いている。この帯域をBS局や通信業者に開放すれば、数十チャンネルが競争するので(アメリカのように)放送法の「政治的中立」という規定なんか必要なくなるのだ。

去る6月21日、グランドヒル・市ケ谷にて、「新しい歴史教科書をつくる会」、総会、シンポジウム、懇親会が行われました。
懇親会には、「WILL」、花田紀凱・編集長、西村幸祐氏、が超多忙な時間を割いてこられていました。杉田水脈さんも関西からこられました。ご挨拶して少しお話していたところ、同じく側にいた人から、
「次世代の党の代議士の国会質疑がなくなってからは、テレビの国会中継を見る気が全くしなくなった、と語っていたのが、印象に残っています。」
これが多くの心ある国民の真実の意見と思いました。

何といっても問題なのは、圧倒的影響力を持つ、地上波テレビの偏向です。
これを正さないことには、日本は浮かばれない、と憂鬱な気持ちでしたが、最近の百田発言により、大きな突破口が開けた感がします。

酷い偏った報道を繰り返す、テレビ会社に電波の免許を与えない、ということは現実の問題として不可能に近いと思われます。

しかし、その代わり、不認可と全く逆の手を使い、現在の大手マスコミ支配の7社の談合・寡占体制の壁を、新たなテレビ局を作ることにより、打破できる可能性はあります。
電波は十分にありますので後は、「政治」、の問題です。
池田氏の発言のように、UHF帯だけで30チャンネル以上取れる周波数で7社が寡占体制が続いているのが現状です。
このチャンネルを他の通信業者に開放し、現状の酷い、反日左翼・変脳・談合テレビの強固な壁に大きな穴を穿つことが何より必要と考えます。
町工場の親方 |  2015.07.10(Fri) 21:21 |  URL |  【コメント編集】

圧殺されているのは賛成派の意見だと思うが?
ありがとう |  2015.07.10(Fri) 21:58 |  URL |  【コメント編集】

★サヨク偏向番組がまかりとおる

怖いのは批判の外にある日本最大の権力、マスコミで。
それが好き勝手やっているのが今状態。
自分たちに都合が悪いと安倍首相批判や百田氏批判などをし。

自分たちは朝日、報道ステーションでは古館伊知郎と立野純二のサヨク放送。TBSサンデーモーニング、岸井成格とサヨク仲間の懇談。News23、ここでも岸井成格。TBS、報道特集のサヨク、金平茂紀とその手下佐古忠彦、竹内明。
そしてNHK。
どれだけ偏った放送を毎日しているのか。

政治的に公平ではなくて、
民主党の応援はして、自民党、安倍政権攻撃をする。

報道の事実は曲げないでなくて、
曲げに曲げて、もうひとつ伝えないという手も使い。

意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすることという建前には、

局の偏向主張を中心において、ちょろっと形だけ差しさわりの無い反対意見をのっけておく。

もう朝日・毎日は偏向洗脳紙・電波でしかない。
M |  2015.07.11(Sat) 02:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3277-74767591

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |