FC2ブログ

2015.07.06 (Mon)


ギリシャは尊厳を選んだと毎日新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 毎日新聞のギリシャの財政危機に対するスタンスがおかしい。

借金を踏み倒しながら今後も金を貸せと言っているに等しい反対派に対して同情するかのような目線である。
驕り高ぶった反対派の運動を肯定しているとしか見えない。
「反対派からユーロ圏離脱を懸念する声はほとんど聞こえてこない」というがギリシャ国民のこの甘さが今日の状況を招いたのではないか。

⇒毎日新聞(2015/7/6)
ギリシャ:アテネで群衆「欧州の金貸し民主主義の結論だ」


(前略)
アテネ中心部のシンダグマ広場では午後7時すぎ、優勢を伝える地元メディアの報道に反対派が集まり始め、広場は青と白のギリシャ国旗の波で埋め尽くされた。反対派運動員が「これが、情け容赦のない欧州の金貸したちに民主主義が出した結論だ」と叫ぶと、周囲から歓声が上がる。「その民主主義が生まれたのは、ほかでもない、このギリシャだ」との声にさらに興奮が広がった。
公務員のサノブロス・ヨルゴスさん(48)は「給与が4割も減った根源」という過去5年の緊縮策を振り返り、「これで緊縮策を押し付けるEUとの交渉が有利になる」と青写真を描く。「EUもこれから圧力をかけてくるだろうが、数で劣っても強者に屈しないのがギリシャの歴史だ」と国家への誇りを口にした。
 反対派からは、ギリシャのユーロ圏離脱を懸念する声はほとんど聞こえてこない。ヨルゴスさんは「誰も私たちをユーロ圏から追放できないし、私たちもそれを望まない」。
(後略)


毎日新聞はギリシャ国民は「尊厳を選んだ」というが、実は破れかぶれの開き直りというのが真相だろう。
EUはまだ助けてくれるだろうという甘えがそこにはある。
毎日新聞は「疲弊国民」を買いかぶりすぎてはいないか。

毎日新聞(2015/7/6)
ギリシャ:国民投票「ノー」疲弊国民が選んだ「尊厳」


 【アテネ福島良典】ギリシャ国民は5日の国民投票で、欧州連合(EU)など債権者側が金融支援の条件として提示した財政緊縮策に「ノー」を突き付けた。背景には、5年に及ぶ緊縮策で経済の疲弊が長引く中、若者を中心に高まる「反緊縮」の機運がありそうだ。未来に希望を見いだせない国民の多くは、欧州他国からの「ユーロ圏離脱につながる」との警告に屈するよりも、チプラス首相の掲げる「ギリシャの尊厳」を選んだ形だ

 政府統計によると、ギリシャの国内総生産(GDP)は、債務危機を受けて緊縮策が導入された2010年から14年までに25%も縮小した。景気の冷え込みで企業が新規採用を控えているため、25歳未満の若者の失業率は国民平均(25.6%)の倍にあたる49.7%に上る。大学を卒業したものの就職できない若者があふれている。

 国民投票前の世論調査によると、若者の8割は反対派だったとされる。EUとの金融支援交渉でチプラス首相の対応は迷走し、銀行閉鎖や預金引き出し制限などの資本規制に追い込まれた。だが、1月の総選挙で急進左派連合を勝利に導いた若年層は「ノー(EU案拒否)なら強い立場で交渉できる」と主張する首相を信じた。(後略)


(引用終わり)

当ブログは「ポピュリズム政治の哀れな結末」として、ポピュリズム政治で「民意」に迎合するチプラス首相は沖縄県知事に似ていると書いた。

毎日新聞は「ギリシャの尊厳」を謳うが、沖縄タイムズ琉球新報の2紙が「沖縄の尊厳」を謳うのと同じである。
そういえば、国から多額のつかみ金を得ながら国の方針に反対する一部の沖縄県民はギリシャ人とダブって見えてくる。
沖縄に「尊厳死」してもらっては日本が困る。

産経新聞のギリシャ問題に対する中立的なスタンスと大違いだ。
なおPonkoはEUの発足当時からその構想を疑問視していた。
グローバリズムは危ういと。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:46  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

多重債務者はサラ金のキャッシュディスペンサーを自分の財布だと錯覚していると聞きます。今のギリシャは、ECBやIMFというサラ金集団から金を借りまくる多重債務者そのものです。
サラ金からも借金できなくなった多重債務者の行く末は、非合法金融からの借金→臓器売買→高額生命保険コース。多重債務国ギリシャには、ダークグレー金融のロシアと、ブラックホール金融の支那が待ち受けています。
ジェットストリームアチャー |  2015.07.06(Mon) 22:22 |  URL |  【コメント編集】

★ギリシャを狙う中国とロシア

仰るとおり中国とロシアがギリシャを狙っているようです。
その中国もバブル崩壊寸前とか。
ponko |  2015.07.06(Mon) 23:06 |  URL |  【コメント編集】

★ポピュリズム新聞

毎日はポピュリズム新聞だな!
物事の二面性を主権者たる国民に提示して、判断の素材を提供するのがメディアの責務だ!
沖縄の反基地闘争もポピュリズムをベースにしている!
反日メディアも、それを応援しているし…!
沖縄の基地問題の裏で暗躍するシナの動向や魂胆を沖縄県民や日本国民に提示してこそ、ジャーナリズムなのだが…!
三太夫 |  2015.07.06(Mon) 23:35 |  URL |  【コメント編集】

★違い将来のために

毎日新聞には、韓国の伏線をつくっておく、義務があるのです。
さかな |  2015.07.06(Mon) 23:36 |  URL |  【コメント編集】

毎日新聞社に限らないが、日本語を知らない人々の集団です。
尊厳と言うなら、「借りた金は返す」でしょう。自分たちの生活は切り詰めて
も借金は返さなければなりません。自分の生活が苦しくなるから、借金な
ど返さずに、その上助けろなどと言うのは、その人、その国の精神の貧しさ
を示すものだと感じます。こんなマスコミに日本は席巻され、国民も貧相に
なっています。先日、新幹線で焼身自殺した事件で、自殺した本人を年金
制度の被害者に祭り上げている報道もありました。これも基本は同じだと
思います。
おっさん |  2015.07.07(Tue) 08:31 |  URL |  【コメント編集】

×尊厳
◎尊厳死

でしょう。
58792AA |  2015.07.07(Tue) 10:20 |  URL |  【コメント編集】

ギリシャは公務員の給料を払うために債券を乱発していたそうだ。なんと手洗い手当が月6万円支払われていたそうだ。今回の事態を招いたのはギリシャの自業自得だ。本当に毎日新聞の報道には疑問を感じる。
はけ |  2015.07.07(Tue) 15:04 |  URL |  【コメント編集】

東西冷戦時代 ギリシャは北の国境がブルガリアだったため、アメリカはギリシャが共産圏にならないように基地を置き 多大な無償援助を出していました。
それでギリシャは働かなくて 援助で暮らしていく国になりました。
沖縄とまったく一緒です。

冷戦終了とともに 即アメリカは援助を廃止しました。それでデフォルト常習国になりました。
八目山人 |  2015.07.08(Wed) 06:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3269-4cb195b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |