2015.06.28 (Sun)


百田氏が沖縄2紙は「本気で潰れろ」と


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


渦中の百田尚樹氏が大阪の講演で本音を吐いた。
沖縄二紙の抗議を受けて、「最初は冗談口調だったが今は本気で潰れたらいいと思う」とヒートアップした。
その意気やよし。
講演後の記者の取材は無視したがそれでよい。
どうせまともな取材もせずに、引っ掛けの質問で百田氏から失言(左翼マスコミにとって)を引き出そうとするに違いないからである。

⇒産経ニュース(2015/6/28)
沖縄の二つの新聞「本気でつぶれたらいいと思う」 百田氏が大阪で発言


 作家の百田尚樹氏は28日、大阪府泉大津市で講演し、自民党勉強会での「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」との自らの発言に触れ、「その時は冗談口調だったが、今はもう本気でつぶれたらいいと思う」と話した。
 講演を聞いた人によると、共同の抗議声明を出した沖縄タイムスと琉球新報に対し「おかしな話だ。私の話を何も聞いてない。伝聞にすぎない」と批判。さらに「まだしばらく2紙とはやりあっていかないといけない」と述べた後「本気」発言をした。
 百田氏は講演の最初で、勉強会での発言について報道陣が冒頭取材を終えて退出後にオフレコで述べた一言だったとあらためて強調した。
 講演では、発言が報じられて炎上し、腹が立ったため短文投稿サイトのツイッターに「私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞」と投稿したとも話した。
 講演会を主催した泉大津青年会議所は、報道陣の取材を認めなかった。講演後に百田氏が会場から出る際、共同通信の記者が質問したが、百田氏は応じず、車に乗り込んだ。


(引用終わり)

百田氏は集団的自衛権と憲法改正の必要性について分りやすく説いている。
反日左翼は「憲法は国家権力の暴走を防ぐもの」などと勝手に解釈しているが大間違いである。
憲法はその国の成り立ちから生まれる姿かたちを示すものである。

安保法制案を巡る国会審議は、枝葉末節の個々の具体的なケース(事態)の定義にはまり込んで、本来の目的を見失っている。

産経ニュース(同上)
百田尚樹氏、集団的自衛権で持論展開 「解釈より国民守るにはどういう憲法が正しいのかが大事」



百田氏は報道陣に対し、集団的自衛権についても、以下のように語った。

 集団的自衛権について、憲法には自衛権があるとは一言も書いていない。交戦権は保持しない。他国にやられた場合には、交戦権がないので、本当は抵抗はできない。自国を守ることはできないと書かれている憲法。その憲法を是とするなら、自衛隊も集団的自衛権もだめ。なんも抵抗はできない。それでええのかと。

 憲法の解釈がどうこうというより、国民の命と国土を守るためには、どういう憲法が正しいのかというのが大事なのであって、そういうことは誰も書かない。
産経新聞は書くかもしれないが。朝日新聞や毎日新聞は絶対書かない

 憲法は、その国の持つ、文化、歴史観、死生観、宗教観など、国家の民族の持つ、最も基本のもので、自国民がつくるべきもの。

 他国が別の国を侵略して、主権を奪い、憲法を押しつけられた国は、歴史上2つしかない。ドイツと日本。ドイツは、戦後70年近くの間に、59回憲法を改正し、自国の憲法にしている。日本は一度たりとも改正していない。
自国だけの兵力では強大な他国には立ち向かえない国は、集団的自衛権を持っている。典型的なのがNATO(北大西洋条約機構)。ドイツは、ポーランドが仮にロシアに攻め込まれたら、ポーランド防衛のために、自国民の命を犠牲にして戦わないといけない。ドイツが攻められたら、NATO加盟国はドイツ防衛のために戦う。

 ある国が、NATO加盟国の一国を侵略する場合は、NATO加盟国全部を的にまわさないといけない。これは大きな戦争抑止力。そのために世界中の国が集団的自衛権を有している。
 もちろん、リスクはありますよ。ドイツは、ポーランドが攻められたときには、自国の軍隊を犠牲にして他国を守らないといけない。
 日本はそんなリスクは負いたくない、日本はやられた場合はアメリカに助けてもらいたい、けど、アメリカがやられても、アメリカを助けるのは、堪忍してもらいたいと。それでもお願いしますというのが日本の野党なんです。
 世界では通用しない。
 集団的自衛権はだめ、認めないと言ったら、日本は自国だけで、強大な帝国に対抗できるだけの軍事力が必要。だから、今の軍備をもっと大きくしないといけないし、核(兵器)をもつ必要もあるかもしれない。でも、それはだめだと、野党の人たちは言うてる。意味が分からない。


(引用終わり)

野党の多くは日本が軍事力を強化することに反対である。
なぜなら中国がそれを望んでいないからである。
そう考えれば取りも分り易い。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:53  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★朝日新聞の論説が政治信念 岡田克也 異常者

中国様の軍事力を称賛!!韓国の国益が最優先! 北朝鮮による日本人拉致被害者には無関心な人格者達↓
朝日新聞、毎日新聞、jiji、日本経済新聞、NHK、創価学会、部落解放同盟、JR総連、JR東労組、中核派、民団、朝鮮総連、暴力団山口組、法務省人権擁護局、文部省、外務省、Peaceboat Greenpeace シーシェパード 、国連委も大絶賛!!

中国様の「強烈な不満」「強烈な反対」
文化大革命 平反 六四天安門 チベット ウィグル 法輪功 南沙諸島 死刑大国 臓器売買

福田康夫 麻生太郎 二階俊博 額賀福志郎 後藤田清純 野田毅 野田聖子 河村健夫 大塚高司 村上誠一郎 河野太郎 木内実 細田博之 船田元 舛添要一 加藤紘一 森喜朗 橋本龍太郎 河野洋平 野中広務 古賀誠 山﨑拓 海部俊樹 宮沢喜一 竹下登 金丸信 三木武夫
李高順 村山富市 辻元清美 福島瑞穂 岡崎トミ子 土肥隆一 田英夫 田辺誠
小西洋之 後藤祐一 小山展弘 前原誠司 陳哲郎 細野剛志 枝野幸男 有田ヨシフ 玄葉光一郎 原口一博 安住淳 古川元久 松本剛明 近藤昭一 高木義明 山岡賢次 輿石東 江田五月 千葉景子 柳田稔 平岡秀夫 郡和子 小川敏夫 赤松広隆 横路孝弘 松本龍 中井洽 謝蓮舫 野田佳彦 鳩山由紀夫 菅直人 小沢一郎 細川護熙 仙谷由人 岡田克也
山本太郎 翁長雄志 堂本暁子 嘉田由紀子 越直美 高橋はるみ 上田文雄 黒岩祐治 高島宗一郎
松野頼久 江田憲司 三谷英弘
山口那津男
志位和夫

中国様のアジア諸国侵略を擁護する議員連盟
岡田克也天皇制反対 |  2015.06.28(Sun) 23:49 |  URL |  【コメント編集】

★本当の敵は国内に、それも段々はっきりと馬脚を現している。

 巧く偽装していた獅子身中の虫どもが馬脚を現してきています。
 自民党の中にも多くの虫が隠れていましたが、その姿がますますはっきりしてきていますね。
 百田発言や木原青年局長発言のどこが間違っているのでしょうか?

 谷垣の言い分は国会審議の障害を作ったという事ですが、とんでもない卑屈な腰折れな態度に徹していて、真に腹立たしい。
 国民はこ奴らの論理と、捏造、隠蔽のテレビ、新聞社に対しもっと真剣に怒るべきではありませんか。

 今こそはっきりしてきた国内の敵に対し強烈なノックアウトパンチをくらわす時機が到来していると本気で考えています。
tbsasahinhk |  2015.06.28(Sun) 23:50 |  URL |  【コメント編集】

★反日勢力を斬れ!

確かに馬脚を表してますね→http://lite-ra.com/i/2015/03/post-916.html
戦う愛国者 |  2015.06.29(Mon) 15:40 |  URL |  【コメント編集】

良い風潮じゃないですか。
マスゴミの洗脳が効いていた時期なら、百田さんは 抹殺されたでしょうね。
中国共産党御用達メディアを批判できなかった社会が異常なんですよ。
売国メディアは、日本の手足を縛って支那様に献上させるつもりなんでしょう。
しかし、安倍さんは独裁者とか言ってる太田とか尾木のようなテレビ芸人が、どうどうと安倍さんを批判しているけど、逆に称賛したり擁護するのを見たことがないですね。
右翼のレッテルが怖いのか朝鮮人のクレームが怖いのかでしょうけど。

東光 |  2015.06.29(Mon) 18:18 |  URL |  【コメント編集】

★百田尚樹氏の批判した電波利権

百田尚樹氏の「沖縄の新聞をつぶせ」という発言がマスコミの総攻撃を浴びているが、どのメディアも問題にしないのは、彼のその前の発言だ。東京新聞によれば、彼はこう発言した。

議員A マスコミを懲らしめるには、広告料収入をなくせばいい。われわれ政治家、まして安倍首相は言えないことだ。文化人、あるいは民間の方々がマスコミに広告料を払うなんてとんでもないと経団連に働きかけてほしい。

百田氏 本当に難しい。広告を止めると一般企業も困るところがある。僕は新聞の影響は本当はすごくないと思っている。それよりもテレビ。広告料ではなく、地上波の既得権をなくしてもらいたい。自由競争なしに五十年も六十年も続いている。自由競争にすれば、テレビ局の状況はかなり変わる。ここを総務省にしっかりやってほしい。

彼の主要な批判対象は「広告料ではなく地上波の既得権」なのだ。UHF帯だけで30チャンネル以上とれる周波数で実質的に7局の寡占体制が続いている。この帯域をBS局や通信業者に開放すれば、数十チャンネルが競争するので(アメリカのように)放送法の「政治的中立」という規定なんか必要なくなるのだ。

ところが百田氏の雑談に大騒ぎするテレビも新聞も、この問題にはふれない。それどころか、これを批判すると出入り禁止になる。おかげで私は『電波利権』という本を出してから、「朝まで生テレビ」と「そこまで言って委員会」以外の地上波の番組には出演できなくなった。

シベリア帰り |  2015.06.29(Mon) 21:04 |  URL |  【コメント編集】

本気で潰れて欲しいのはアカヒ、侮日、頭狂のみならず中日、時事、北海道新聞はじめ各地の地方紙、そのデータの配信元である共同などとテレビ局全社。これらに簡単に騙され踊らされるB層のバカ共と、全く仕事をしない総務省のバカ役人も日本には必要無い。

零 |  2015.06.29(Mon) 22:31 |  URL |  【コメント編集】

百田先生よくぞ言ってくれはりました。おかげさまで沖縄の事情が私ら年寄りにも少しずつわかってきました。徳島にもそんな新聞屋がありまして口を開けば安部ノミックス反対、軍靴の足音が聞こえる(瀬戸内)、近隣諸国がもういいよと言うまで謝り続けなければならない(村上)、などといかにも識者ぶって
書きたてています。米軍のジェット機が県南を飛んだと言っては大騒ぎ、読者の手紙欄には毎日のようになぜか沖縄県の投稿者の投稿があり内容はお決まりの残虐、悲惨劇の強調の繰り返しです、私もこれを全面否定するものではありませんが、沖縄県の一部が既に侵蝕され始めていることや、南沙諸島の侵略、竹島の問題等眼中にないようです。百田先生これからもマスコミの真相を究明してわれわれに知らせてください。
反戦平和平和で金持ち無病息災 |  2015.07.01(Wed) 12:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3254-218636f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |