2015.06.19 (Fri)


戦争が近いとNHKと朝日が連携プレイ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安保関連法案に反対して中国を利するのは反日勢力

 NHKのニュースを観ていたら、安倍政権が成立を急ぐ安保法制案に反対する市民グループのデモ活動を紹介していた。
そこにかつての小説家、男に溺れた過去を悔いて出家した瀬戸内寂聴が出てきて「戦争ハンタイ!安保法案ハンタイ!」を叫んでいた。
さすが反日NHKの所業と呆れて観ていたが、すかさず反日朝日新聞もそれに呼応して連携プレイを演じた。

 集団的自衛権や安保法制を違憲だする憲法学者といい、情緒的に戦争が怖いという尼僧といい、またそれを取り上げて安倍政権反対キャンペーンを張るNHK、朝日新聞(テレ朝)、毎日新聞(TBS)、東京新聞、東洋経済などのメディアといい、どうして日本がいままで平和で来られたのか考えてみたことがあるのか。
それは戦勝国アメリカに否応なく押し付けられた日本憲法のお蔭ではなく、憲法解釈で自衛隊を作り、日米安保を強化したお蔭だという紛れもない事実にどうして目を背けようとするのか。
常識的に考えれば日米安保のおかげだと分かるはずだが、そう思わないのは、日米同盟の強化に反対する中国の目線で見ているからだ。
第二次冷戦時代とも言える現在の国際環境の中で、軍事力のバランスこそ平和を維持する最低の条件であるとすれば、そのバランスを崩そうとする政治家、マスメディアこそ中国に加担する反日勢力である。

⇒NHKニュース(2015/6/18)
安保関連法案の反対集会に瀬戸内寂聴さん


反日0144

反日0146

反日0147

反日0145

 憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を可能にすることを盛り込んだ安全保障関連法案に反対する集会に、作家の瀬戸内寂聴さんが参加し、「最近の日本の情勢を見ると、怖い戦争にどんどん近づいているような気がする」と訴えました。

集会は、午後6時半から国会前で始まり、作家の瀬戸内寂聴さんが参加しました。
93歳となる瀬戸内さんは、集会で、「去年、病気になったが、最近のこの状態に寝ていられないほど心を痛めた。戦争の真っただ中に青春を過ごし、戦争がいかにひどくて大変なものか、身にしみて感じている。最近の日本の情勢を見ると、怖い戦争にどんどん近づいているような気がする」と訴えました。
集会には、主催者の発表でおよそ2000人が集まり、参加した人たちは、「憲法9条を壊すな」とか「戦争させない」などと訴えていました。
このうち、川崎市の32歳の女性は、「政府は法案について十分に説明をしていない。将来の世代に関わる問題なので反対の声にも耳を傾けてほしい」と話していました。
また、17歳の男子高校生は、「政府には、私たちが理解できるように説明してほしい」と話していました。
「殺すなかれ、殺させるなかれという言葉は大事」
国会前で、安全保障関連法案に反対する集会に参加した作家の瀬戸内寂聴さんは、報道陣の取材に対し、「今また戦争が起こりそうな気がしてならない。昭和16年から17年ごろの、表向きは平和だが、すぐ後ろに軍靴の音が聞こえていた雰囲気に似てきているように感じる」と指摘しました。
そのうえで、「殺すなかれ、殺させるなかれということばはいちばん大事なことだ。私の最後の力を出して法案に反対の行動を起こそうと思った。安倍総理大臣には、本当に国民の幸せのためになることを考えてほしい」と述べました。


(引用終わり)

朝日デジタルは瀬戸内寂聴の拙い演説の動画を入れて「戦争が近づいている」というデマゴーグを拡散しようとしている。
彼女は年老いての被害妄想からこのような行動に出たのだろう。
いままで彼女は反日左翼的な言動が多い。
晩節を汚すとはこのような行為を言うのであろう。

⇒朝日新聞DIGITAL(同上)
寂聴さん「戦争近づいてる」 国会前で安保法案反対訴え
(動画あり)


 僧侶で作家の瀬戸内寂聴さん(93)が18日、東京・永田町の国会前であった安全保障関連法案に反対する集会に参加した。約2千人(主催者発表)の参加者を前に、「最近の状況は戦争にどんどん近づいている。本当に怖いことが起きているぞ、と申し上げたい」と語りかけ、廃案を訴えた。
 寂聴さんは昨年、背骨の圧迫骨折や胆囊(たんのう)がんに相次ぎ見舞われ、寂庵(じゃくあん、京都市右京区)で療養してきたが、今年4月に約11カ月ぶりに法話を再開。今回の集会を主催する市民団体の一つの呼びかけ人でもあり、「最後の力を出して戦争に反対する行動を起こしたい。国会前で抗議の座り込みをしてもいい」と申し出て、療養後初めての遠出が決まった。
 衆議院第2議員会館前で「とめよう!戦争法案」「(憲法)9条壊すな」と書かれた横断幕やプラカードが掲げられる中、黒い法衣姿の寂聴さんは車いすから降りて、歩道上でマイクを握って約5分間演説。自身の戦争体験に触れながら、「戦争にいい戦争は絶対にない。人間の一番悪いところ。二度と起こしてはならない」「若い人たちが幸せになるような方向にいってほしい」と語ると、大きな拍手が起きた。(岡田匠)


(引用終わり)

中国は東シナ海で日本固有の領土ある尖閣諸島を虎視眈々と狙っているだけでなく、南シナ海では珊瑚礁を埋め立てて軍用機が離着陸できる滑走路を作り、軍艦が寄航できる軍港を作っている。
このような力による支配を見過ごしてきたアメリカを始めとする諸国にも責任があるが、戦争を起こさないためには、この中国の力による支配に対抗する力による圧力で「バランス・オブ・パワー」を保つことこそ戦争を起こさない手立てである。

従って、安倍政権が急ぐ安保法制案の成立を妨害し、日米安保の強化に反対する者こそ中国の手先であるといっても過言ではない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

00:31  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

写真を見るとジジババばかり。ネットできない情報バカ
昔から瀬戸内晴美は嫌いだった
自制の効かない自己中女
離婚の原因は夫が風邪ひき喉に焼きネギ巻いたからだと
てめえは世話せず正当化
温かさの微塵もない奴
今は説教の垂れ流しで悦に入っている
Mimi |  2015.06.19(Fri) 06:23 |  URL |  【コメント編集】

戦争は殆どの人が嫌なのは判っています。シナの動きを見ていると、戦争
が近付いているのも痛切に感じます。ここからが、人により考えが変わって
くるところです。戦争を避けるために軍事力を強化するという考えと、戦争
をせずに、相手の軍門に下り、占領を許し、それ以降は相手の言いなりに
弾圧を受けることを受け入れる考えがあります。自分は前者を取ります。
シナはシナの国内情勢から、国民の目を外国に向けさせる必要があるか
ら、近いうちに武力行使をしてくるでしょう。これにしっかり対抗できる体制
を早急に立てなければ、シナの配下になります。そうなったら、今シナより
の人間の大半は粛清されることになります。売国奴はどの国も歓迎しません。
おっさん |  2015.06.19(Fri) 07:49 |  URL |  【コメント編集】

報道機関は、現在のシナの動きを積極的に報道すべきです。シナが日本
を虎視眈々と狙っていること、沖縄がシナに籠絡されそうな現状にあるこ
と、シナに下ったら、ウィグル、チベット等のようになる恐れがあること等
を、もっと大々的に報道すべきです。
おっさん |  2015.06.19(Fri) 07:57 |  URL |  【コメント編集】

★いい齢をして、先祖返り。

もう半世紀以上前ですが、瀬戸内晴美が、「私は左派社会党支持者だ」、と言っていたのが、記憶にあります。《私は左派社会党が大嫌いでした。今でもその後を継ぐ民主党左派が大嫌いです》

そのような人間が、今東光に相談し、出家した時には、一体どうしたことか、と吃驚してしまいました。

昨年の都知事戦でも、細川護煕のような、欠陥・クズ人間を担いでいたのを見て、年を取ると、何十年も飛び越して、先祖返りすると言われますが、その通りだなと思いした。

つい先日もNHKだかで、「人生大切なのものは、恋と革命だ」、と語っているのを聞き、まったくいい齢をしてまだ、「ホレたハレた、革命だ!」、などと言っているのか、と呆れました。ました。



町工場の親方 |  2015.06.19(Fri) 08:56 |  URL |  【コメント編集】

★サヨクは戦争狂。戦前から現在まで戦争がお好き

抑止力の観点が完全に抜けて居る人達と被占領希望者、特亜系で構成された人達でしょうね。

この人達がやってる事は戦争を招かないの逆をやってるだけで支那が東アジアで膨張を招く支援をしているのと同じです。
シーレーン寸断が日本に危機を齎し生きる為に戦争に巻き込まれる事を望んでるのでしょうか。
短絡的な思考で抑止的な法改正に反対すれば生死の掛った局面を招く事は必至、サヨクの時代に逆行する行動が戦争を招く。

サヨクの行動思考は相変らず逆説的ですな~戦争好きは戦前も左翼、戦後もサヨク日本のサヨクは戦争がお好き

事実です
民の声voice of tami |  2015.06.19(Fri) 09:09 |  URL |  【コメント編集】

★NHKとアカヒ新聞は、「韓国は、戦争が近い」を「日本国は、戦争が近い」へ韓国式主語を入れ替え捏造すり替えステマしています。

NHKとアカヒ新聞は、「韓国は、戦争が近い」を「日本国は、戦争が近い」へ韓国式主語を入れ替え捏造すり替えステマしています。
敦子 |  2015.06.19(Fri) 09:27 |  URL |  【コメント編集】

★《国民洗脳電波》

本当にこの朝日、毎日、NHKという反日マスコミは支那のしもべだ。

報道も何十年間も日本の立場で語るのではなくて、いつも中国や韓国の代弁というものだ。
あの言葉、マッチポンプ。
火のないところで煙を出して、やがて大火事にするということを何回これらのマスコミはしてきたのか。

瀬戸内寂聴など共産党公認九条護憲派ではないか。
鎌田實など九条派がマスコミで偏って取り上げられ過ぎでしょう。

だからこれだけをもっても日本のマスコミは偏向しているということです。

ここをなんとかしないといくら正論を述べても屈折してフィルターを通して国民にインプットされるという仕組みです。

朝日・毎日・NHK

マスコミと言えるようなものではなく、《国民洗脳電波》です。

「戦争が近い、戦争が近い」という洗脳に乗ると中国の恫喝が有効に作用するんですよ。

しかしねえ、こういう知名度のある瀬戸内寂聴なんかが国民を納得させちゃうんだよね。

M |  2015.06.19(Fri) 12:03 |  URL |  【コメント編集】

しかし日本の爺、婆共にまともな人間が居ないね。
まさしく老害だ。早く棺桶にでも入れば清々するな…と思うのは俺だけかな?
平々凡々 |  2015.06.19(Fri) 12:14 |  URL |  【コメント編集】

ブサヨの発狂っぷりがすごいですねw
名無しさん@ニュース2ch |  2015.06.19(Fri) 16:17 |  URL |  【コメント編集】

私たちが理解できるように説明してほしい・・・・・
多くの国民が分かりにくいと言っている・・・・・

政府の説明を分かろうと努力しているのか甚だ疑問である。
安倍首相を初めとして礒崎、高村、稲田、小野寺さんなどが丁寧に分かりやすく我慢強く何度も説明しているではないか。
何度聞いても分からない、理解出来ないのはアホだからである。
理解しようとしていないからである。それほどむつかしいことではない。
国防を議論するのにアホを相手にしていては議論の無駄である。アホを除いての議論でないと正しい選択はできない。

支那の好戦的発言と実行をなんと心得るのか。攻撃が何時始まってもおかしくないとの判断の下に今手の打てる可能な対策は何かと考えれば今の政府の対応は当然である。
批判する野党、憲法学者は現実に対応する政府の苦闘を理解出来ないアホな世間知らずである。
支那の攻撃がそこまで迫り来たっているとの最悪の想定に立っての対策を野党、憲法学者は国民に示してみよ!

しかしそれは望むべくもなし。それは彼らの発言している姿を見ればすぐに分かる。政府側の説明者達のことの重大さと国民への責任を充分に認識した上での説明態度にはその悲壮な真面目さと国民に理解を求めるための誠実さがひしひしと感じられる。それに引き替え批判する野党、憲法学者の発言、陳述の態度には国民を愚弄し、自己の過てる思考回路に気づかず、大局観に欠けた傲慢さが充ち満ちている。自分は正しいことを言っている良い人なのだと思い込んでいる様に満ちている。百害あって、哀れなり。
憲法学者はまさに学者馬鹿という者が存在することを示してくれた。
岡田代表の党首討論での謝罪拒否、暴力支持、討論拒否の態度発言は一党の党首のものとすると訴訟ものではないか?
竜胆干城 |  2015.06.19(Fri) 16:25 |  URL |  【コメント編集】

ブログ主様。「晩節を汚す」の使い方が間違っていると思います。この生臭クソババアは元々低レベルのまま推移しているので当てはまらないと思います。
零 |  2015.06.19(Fri) 22:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3236-dc562065

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |