FC2ブログ

2008.09.09 (Tue)


赤ちゃんポストやっぱり反対

赤ちゃんポストについては旧ブログ「反日勢力を斬る」で設置の当時から反対の立場であり今でも変わっていない。
賛成論にはそれなりの理由があることは認めるが、人や子供に対する「優しさ」が果たしてその人や子供にとってためになるのか疑問だからだ。
命の大切さを説かれれば反論するすべがない。
たとえば、共和党のマケイン大統領候補が指名したペイリン副大統領は人工中絶反対論者で、みずからの第5子を胎児のころにダウン症であると知りつつ出産した勇気は賞賛に値する。
不幸な子供の運命を一緒に背負うという決断はなかなかできるものではない。
しかし、一方ではこの世に生を受けたダウン症の子供自身は、生をまっとうするまで果たして幸せだろうかと疑問に思う。
あなたの娘さんが胎児を障害児と知りつつ出産すると決意したらどう反応するだろうか。

ペイリンさんのような勇気ある決断をする人が居る一方で、生まれてから障害があると分かって赤ちゃんポストに預けるという親は八つ裂きにしてしまえと思う。 
親切があだにならないかという思いはいまだに消えない。
みなさんはあれから一年経ってどう思うだろうか。


産経ニュース(2008/9/9 05:50)
赤ちゃんポスト 外国人の子供も預けられる

親が育てられない子供を受け入れる慈恵病院(熊本市)の「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)で、外国人の子供が預けられた例があったことが8日、分かった。有識者らによる検証会議が同日、熊本県に提出した中間取りまとめで明らかになった。
 ポストの運用状況については、昨年5月の設置から今年3月までに17人の乳幼児が預けられていたことを、熊本市が既に公表している。
 報告書は、外国人の子について詳細は明らかにしていない。このほか分かっている範囲で、母親の年齢層は10~40代と幅広く、1人で自宅や車の中で出産した事例が3割あった。家庭の状況は既婚が6割で、4割は離婚などで親が1人のケース。未婚者の事例は確認されていない。また、母親が1人で預け入れに来た以外に、男女や祖父母が来たケースもあった。
 関係者の話で明らかになっていた障害のある子が入れられたケースについても明記された。
 座長の柏女霊峰淑徳大教授(児童福祉)は「建前論だけでは対応できないギリギリの状況が浮き彫りになった。議論を進めるため預け入れの背景を公表した」と話した。


ランキングのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2


テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

12:43  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/323-b06c9477

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |