2015.06.12 (Fri)


憲法学者の妄言を楯に取る民主枝野氏は政治家失格


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

国民の安全を守るのは憲法学者ではなく政治家である

 安保法制を巡る与野党の攻防は激しくなっている。
しかし、冷静に分析すれば民主党などの野党の言い掛かりが如何に無理筋であるかに誰でも気が付くはずである。

⇒「素人が一生懸命反論しているのは非常に見苦しい」(民主・枝野幹事長)

⇒「憲法学者なら確実に違憲と言う法案を無理に出してきた」(民主・安住氏)

枝野氏は憲法学者は専門家だが、政治家は憲法の素人だと言った時点で政治家としての責務を放棄している。

財経新聞(2015/6/12)
安保法案の違憲性「素人が一生懸命反論しているのは非常に見苦しい」
民主・枝野幹事長


 民主党の枝野幸男幹事長は11日午後、同日の衆院憲法審査会での集団的自衛権の行使容認を含む安保法案の違憲性をめぐる議論について「専門家の方が論理的に(違憲の)見解を示されたことに対し、素人の方が一生懸命反論しているのは非常に見苦しい姿だと思った」と憲法の専門家が違憲と判断するものを合憲として通そうとする政府の姿勢を批判した(以下略)。


(引用終わり)

しかし、一方で正論を主張する人もいる。

BLOGOS(2015/6/12)
憲法9条の合憲性を議論すべきは、憲法学者ではなく国会議員


「憲法9条を巡っては、一般的な法解釈学の世界とは別次元で、政策の現場でリアルな憲法解釈論が組み立てられてきた歴史があります」

 第一、憲法9条が昨今の国際状況をまったく念頭に置いていない(70年前だから当たり前だが)悪法である。
それを政治家達が何とか知恵を絞って現状に合わせた憲法解釈をして日本の平和を守って来たのである。

「そもそも、憲法9条は、条文だけをみれば、『戦力』と『交戦権』を認めないというのですから、集団的自衛権どころか、自衛隊の存在そのものに疑いがあります」

「実際、憲法学の通説では、近年に至るまで、自衛隊は警察力を超える実力保持にあたるので違憲、とされてきました」

「一方、現実の規範となってきたのは、これとは別に、政策現場で作られてきた憲法解釈論です」

「憲法9条の解釈は、政府関係者と、与野党を超えた国会議員たちが作り上げてきたといってもよいでしょう」

「情勢判断や政策判断と表裏一体での憲法解釈を責任もって議論すべき立場にあるのは、憲法学者以上に政治家たちのはずです」
(原 英史・株式会社政策工房代表取締役社長)


(引用終わり)

まさしく正論である。

11日の記者会見で、産経新聞の記者に答えた稲田朋美政調会長が「国会議員の責務」を次のように語っている。

稲田朋美政調会長
「こと憲法に関する問題ですので、やはりきちんと説明することは必要だというふうにお思います。それで、飽くまでも憲法審査会の、憲法の学者の方々が言われたことですよね。そして、憲法の最終的な判断は最高裁ということに、憲法の中に書いてあって、そして砂川判決ばかり持ちだすとおっしゃいますが、唯一憲法9条について判示をしたのは、後にも先にもこの砂川判決のみなんですね。そして、その砂川判決の中の、日本の国の存立が脅かされているときには自衛権を行使できる。その中に個別か、集団的かの区別はないし、更には一見明白に違憲という時以外は、日本の国の存立にかかわる安全保障については国会と内閣に任されているというふうに最高裁自身が判示をしております。その意味からは、もう憲法に違反するかどうかという議論をこれ以上続けていくことにはそんなに意味はないのかな、というふうに思います。むしろ平和安全法制の中身を議論するべきだというふうに思いますし、その点どうやってこの溝を埋めていくのかは難しいところですけれども、砂川判決で判示されたことについてきちんと野党にも理解してもらって、しかもこの平和安全法制は集団的自衛権の問題だけではなくって、さまざまな後方支援ですとか、グレーゾーンの問題ですとか、PKO、様々な観点がありますので、そういった議論を深めていくことが私は、国権の最高機関としての国会の責務だと思います」


稲田朋美政調会長は3人の憲法学者が違憲だと表明した時点で、「憲法解釈の最高権威は最高裁」だと発言している。

⇒過去記事:「自民党のチョンボで国会大揺れ」(2015/6/6)

しかし、その最高裁ですら左翼の巣窟で、いまや信用できない。

【追記】「財経新聞」をググってみたら、民主党の広報誌まがいだと判明した。
野田政権にとって領土問題急浮上は解散風を撥ね退ける政権運営上の「神風」になりそうだと財経新聞(2012/8/27)

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

15:53  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

学者が言う通りに政治をやってよければ、政治家など不要である。
学者ではできないから、政治家が居るのだ。
学者には時には学者馬鹿と言われる者もいる。
今の裁判官もこの学者馬鹿に相当する者が多い。
原発が絶対安全ではないから差し止と判決した馬鹿が居る。
世の中に絶対安全などない。この裁判官の判決に従えば、自動車など製
造できないし、航空機も運航できない。世の中のあらゆることがストップして
しまう。世の中のことを知らないから馬鹿としか言いようがない。
稲田議員が言われていることがまともだと思う。
おっさん |  2015.06.12(Fri) 18:17 |  URL |  【コメント編集】

そもそも
国家の自衛権や生存権は
憲法に優先する。
憲法を守って国家が滅んだら
世界の笑い者です。
 |  2015.06.12(Fri) 20:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3221-7468646a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |