FC2ブログ

2015.06.06 (Sat)


安保法制、民主党政権になったら御破産にと辻元清美議員


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 民主党の辻元清美議員は自民党が成立を急ぐ安保関連法案がたとえ成立しても「民主党政権になったら元に戻す」とテレビ番組で言ったそうな。

天地がひっくり返ってももう二度と民主党政権などということはあるまいに。

あれほど自衛隊の存在を否定したピースボート(社民党の辻元清美議員が1983年に創設)がソマリア沖を通過するとき、海賊が怖くて海自の護衛を要請したという笑い話はあまりにも有名である。

民主党の岡田代表はこの辻元議員と蓮舫議員がいずれは民主党の党首を狙える人達だと激賞したというが、いずれも顔を見たくない、喋る姿も見たくない議員様達である。

⇒産経ニュース(2015/6/6)
民主・辻元氏「民主党政権になったら元に戻す」 
集団的自衛権行使容認の憲法解釈変更


 自民党の小野寺五典元防衛相と民主党の辻元清美政調会長代理が6日のテレビ東京番組で、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使を含む新たな安全保障関連法案をめぐりバトルを繰り広げた。
 辻元氏は行使を可能とする解釈変更について「(再び民主党政権になったら)元に戻した方がいい。元に戻すことをしなくて済むように廃案にしたい」と強調した。
 小野寺氏は安保法案について「全ての国民の命を守るためだ」と反論。
衆院憲法審査会で法案を「違憲」と断じた参考人の憲法学者を念頭に「先生方は優秀かもしれないが、私たちは日本人を守る責任を負っている」と語った。辻元氏は、日本人を乗せた外国艦船防護に関しても「リアリティーがない。戦争中に民間人を外国の軍の船が乗せることはない。テロリストが乗ってきたら困る」と批判。その上で「集団的自衛権を認めていなかったから日本はこれまで戦争に巻き込まれなかった」と訴えた。
 これを受け、小野寺氏は「あまりに現実を無視した話だ。日米両国は日本人を含めた輸送業務を決めている。いざというときは米艦を含めて安全を確保する」と主張。さらに「『こういうことは起きない。あり得ない』といわれたら、安全保障の議論をどうしたらいいのか。もし起きたときに対応できるように考えるのが基本だ」と強調した。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:32  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

辻元のような気違いばばあを公の前にだすな・
たかさん |  2015.06.06(Sat) 23:25 |  URL |  【コメント編集】

高槻には行きたくないな。真っ赤な土地だしな。
この前科者を議員に選ぶなよ。高槻市民!
sin |  2015.06.07(Sun) 02:09 |  URL |  【コメント編集】

「民主党政権になったら」・・・あの年齢で未だに清美ちゃんは夢見る乙女なんですね、カ・ワ・イ・イ!
ポッぺリアン |  2015.06.07(Sun) 08:47 |  URL |  【コメント編集】

辻元、相手にしないこのクズ議員。
日本の事なんかこれっぽっち考えていない!!
クズ議員です。
日本大好き |  2015.06.07(Sun) 08:54 |  URL |  【コメント編集】

次回ピースボートで、ソマリアへ行く機会があったら、

ぜひ、「自衛隊無し」の「護衛無し」で、

いっていただきたいね。

だが、そういう輩ほど、

自衛隊が、拒否すると、

「自衛隊は、国民を守る義務がある。

その義務違反だ。」

だと、騒ぐ。
英 |  2015.06.07(Sun) 09:12 |  URL |  【コメント編集】

★保護対象の選別がひつようか。

自衛隊の保護対象は日本国民及び在留外国人で民主党議員・党員その他共産党・社民党は除外すべきで、辻本のソマリア事件は、反日なので放置すべきであった。
どちらにしても国を守る体制は攻守並立するものであり、守りだけでは不十分である。玉砕を望むなら別だが。
辻本のような人間が、国を亡ぼす。
katachi |  2015.06.07(Sun) 11:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3207-95340dde

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |