2015.06.01 (Mon)


朝日の反安倍キャンペーンが大成功!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 朝日が新聞とテレビで徹底的に展開した反安倍、反安保法制が見事に成功した。

 今日のテレビ朝日の報道によると安保法制に反対が45%で賛成の24%を上回ったそうな。
テレ朝は国民の90%が安保法制を理解していないから安倍政権は丁寧に国民にせよとのたまっていたから、この数字にどれ程の意味があるのかは不明である。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(2015/6/1)
ANN世論調査 安保法制 反対が45%で賛成を上回る

反日0127

反日0125

安倍内閣の支持率は・・・

反日0126

支持する・・・・44.3%(↓3.0ポイント)
支持しない・・33.8%(↑0.8ポイント)

ナレーション
「また、安倍総理が安保法制の成立で「日本がアメリカの戦争に巻き込まれることは絶対ありえない」と説明していることに対し、71%が納得しないと答えました


「戦争に巻き込まれる」という表現そのものが間違いで、同盟国のアメリカと「自衛のためには共に戦う」が正しい。
だから71%の中には「共に戦うべし」という意見も含まれている。
捏造がお手のものの朝日といえども、世論調査を捏造してはいけない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

15:31  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

岸首相が安保改定をしている時も、すぐにでも戦争に巻き込まれるような
報道があったと思う。しかし、何十年もそのようなことはなかった。今は、シ
ナが武装を強化し、米国とも対等に戦えると自信を持ったのか、極めて好
戦的であり、領土的野心をあらわにしている。このままでは、尖閣は勿論
沖縄も占領されてしまう。沖縄は、70%かたシナの支配下にあるような感
じがしている。沖縄が戦わずに取られてしまいそうな気配がある。そうなっ
たら、次は日本全体がシナの配下に入ることになる。戦わずしてシナの配
下に入りたい人が多いのが問題だ。
おっさん |  2015.06.01(Mon) 16:12 |  URL |  【コメント編集】

★偏向マスコミの統計を盲信する愚は避けよう

 NHKや朝日新聞等の示威的な統計を真に受けてはならない。
 統計数字は、やり方によって如何様にも世論誘導の手段として使われることは明白である。
 質問の仕方や、対象者の取捨選択など、どうにでも編集可能である。
 統計数字の見方は、専門家ならある程度詐術的方法を見抜くことが出来るが、一般大衆は、数字を一方的に信じこんでしまうから非常に危険である。

 マスコミの統計数字を表面に出す記事は、世論をおおむね彼らの主張に誘導するためとみて間違いないと識るべきである。
tbsasahinhk |  2015.06.01(Mon) 17:02 |  URL |  【コメント編集】

★アカヒはアカヒでしかない!

これって「メディアが正確な報道をしないで、安倍政権批判報道」の結果だよね!!
所謂”マッチポンプ”ってヤツですかね!!
ニュース報道にも、モノ造り現場での「品質管理」に準じた手法を取って貰いたいものだ…が、無理だろうな!!
まあ、故三宅久之氏に「安倍の葬儀はウチが出す」とアカヒの主筆が云ったそうだが、三宅久之氏が亡くなったら「そんなことは云っていない」と開き直ったそうな!!

三太夫 |  2015.06.01(Mon) 17:40 |  URL |  【コメント編集】

★ヒトラー岡田とゲッベルス古館

民主党、朝日・毎日には中国・ISは脅威ではないのか?
又それらが行っていることを肯定しているのか?

日本が単独でそれらに向き合うことは力不足。
だから米国を中心として民主主義国が団結して行動する。

それが日本の国益だし、国益どころか国民の生命を守ること。
しかし民主党、朝日・毎日にはそれより日本の安全をしばりあげることが最優先のことなのだ。

M |  2015.06.01(Mon) 23:52 |  URL |  【コメント編集】

ざまあw

ほんと朝日はバカですね
 |  2015.08.23(Sun) 17:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3198-031d9edb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |