2015.05.27 (Wed)


国会論戦、戦争が怖いと野党、国民の不安煽る


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

朝日新聞も不安煽る

 今日の安保法制を巡る国会論戦の後半をテレビで見た。
維新の党の柿沢未途議員が質問していたが、早い話が自衛隊員に一人でも犠牲が出てはいけない、自衛隊員の命を守れという一点であった。
安倍首相も呆れながら丁寧に答弁していたが、答弁の時間が長すぎると議長に注意された。
テレビ中継を意識して、国民に丁寧に分かりやすく説明しようとしているのに、愚問によってその意図が阻まれるやりとりが多々見られた。

朝日新聞は昨日の国会を報道するなかで、自社の世論調査で今国会で成立させる「必要が無い」という回答が60%(「必要がある」は23%)という結果が出たと喜び勇んで引用していた。

朝日新聞(2015/5/27)
安保国会、怒号・野次で開幕 審議後半には退席相次ぐ


(前文略)

■「人の命の問題」国会前、抗議の声

 「戦争法案、今すぐ廃案!」「戦争する国、絶対反対!」。本会議開会を1時間後に控えた正午、国会前には約900人(主催者発表)が集まり、抗議の声を上げた。作家の鎌田慧さんらが発起人の「戦争をさせない1000人委員会」などが呼びかけ、民主、共産、社民などの国会議員も加わった。


(と抗議活動を紹介)

東京都小金井市の主婦、東京都小金井市の主婦、浅野由紀子さん(65)は、自衛隊員のリスクをめぐる議論について、安倍首相が「木を見て森を見ない議論が多い」と発言したことに疑問を感じて来た。「人の命の問題。首相は日本の安全のためと言うが、実際はアメリカのために隊員の命を軽んじているのでは」
東京都東村山市の元地方公務員の男性(67)は妻(66)と初めて傍聴に来た。「再び戦争になるのでは。黙って家にいられない


(と例のごとく、市民の声を取り上げる。
「再び戦争になるのでは。黙って家には居られない」と仰る定年退職後の公務員さん、もしかして高校の卒儀式で起立して「君が代」を斉唱しなかったために定年後の再就職断られて訴訟した教員さんとちゃいますか?

朝日新聞の天声人語が「てだれの志位共産党委員長」と褒め称えた志位氏も自信ありげに質問していたが、「ポツダム宣言は世界秩序の起点だ」と主張する天声人語と一心同体)

しかし、一方ではZAKZAKの戦後まもなく機雷掃海に参加した人たちの記事は胸を打つ。

⇒ZAKZAK(2015/5/27)
旧海軍出身者が引き受けた「肉弾掃海」 復興を助けた自己犠牲の精神


(前文略)

 しかし、誰もが貧しかった時代とはいえ、いくら高額な手当が付いても、戦争が終わったというのに自ら機雷に当たりに行こうという者は民間にはいなかった。まして、民間船は戦時中に多くの犠牲者を出した経験もあり、労働組合が力をつけていたことから、結局、この危険な仕事を引き受けたのは旧海軍出身者たちだったのだ。

 一度は国に捧げた身、水漬く屍(みづくかばね=海行かばの一節)となる覚悟はあったものの、すでに世の中が手のひらを返したように平和を謳歌(おうか)し、御国のために死ぬなんてバカげているといった空気が生まれていたころである。誰もが躊躇(ちゅうちょ)しなかったと言えば嘘になるだろう。しかし、「やはり俺たちがやらねば」と立ち上がった人たちがいたのだ。

 当時の回顧録には「多くの戦友が眠る海に、もう一度行かねばならぬ」とある。日本の価値観はガラリと変わったが、実際に復興を助けたのはこうした自己犠牲の精神だったのだ。日本人はあたかも自然に国が立ち直ったかのように思っているようだが違うのだ。
わが国の独立についても同じことが言える。朝鮮戦争が勃発し、日本の掃海部隊は米国の命によりここでも掃海作業を行い、1人が殉職している。そのことがサンフランシスコ講和条約を有利に進めたと言われているのである。

 航路啓開(けいかい=水中の障害物を除き、船が航行できるようにすること)による殉職者77人にしても、戦争が終わり復員して親を喜ばせたばかりである。また、新婚の者もいた。彼らの死は長年秘匿されたが、当時の海上保安庁長官は事故が起こると現場に行き、隊員たちが人知れず散った海に花を投げ涙を流したのだという。

 その後、日本は平和を満喫し、一人前の国になった。しかし今、彼らのために誰が泣き、感謝をするのだろうか。戦後の日本はこうした真実から目を背けてきた。
安保法制議論以前に知るべきは、「人任せで得られる平和はない」ということではないか。

 ■桜林美佐(さくらばやし・みさ)

(引用終わり)

一方で安保法制の成立を目指す安倍首相を潰そうとしている中国が居る。
今国会で速やかに成立されることは焦眉の課題なのである。

⇒ZAKZAK(同上)
【スクープ最前線】南シナ海で暴挙続けば米中開戦の恐れ 死に物狂いで“安倍潰し”に走る中国


(前文略)

外事警察関係者がいう。

 「中国側による、日本への(サイバー)攻撃が確かに激化している。『安倍晋三首相さえいなくなれば、日本はすべて言いなりになる』と、新たな『安倍首相潰し』『安倍政権潰し』の工作が、韓国側や一部メディアとともに、国内外で展開されている。歴史認識や安全保障をめぐる突出した批判もこの一環だ。沖縄での動きが特に激しい」

 安倍首相が狙われている。中国は死に物狂いだ。その背景には、安倍首相の4月訪米が大成功し、日米同盟が深化・強化され、現実に動き始めたことがある。中国が世界の政治、文化の中心であり、漢民族は他民族に優越している、そんな「中華思想」に基づいて世界覇権を狙う中国にとって、これに立ちはだかる日米同盟は邪魔なのだ。

 安倍首相に申し上げたい。米中両国から「どっちの味方だ」と責められて頭を抱えている、朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国などは放っておけばいい。ただ、中国については、微塵(みじん)たりとも油断してはならない

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト


(引用終わり)


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

18:49  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★兵隊の命を守るネガティブリスト

戦争を前提にしているならネガティブリストにしておくべきだ。
支那が、挑んで来るなら迎え撃つしかない。
今更中華思想などどこを見て言っているのだろう。時代錯誤だ。
韓酷の小中華も同様で、朝貢外交の残照だ。
日本の行く末は、アメリカと同等の同盟であり今までのように片務的ではない。
しかし全ての問題に日本が係る必要は無い訳で、国益に沿った行動をとればよい。日本は、世界の警察ではない。
国連の分担金でそれ相応の役割を果たしてきた。発言権を与えるべきだ。
拒否権はもらえないだろうから、あまり物事に深入りしないように距離をとるべきだ。
日本が、必要と思うことだけに加担すればよい。
巻き込まれることだけは、避けなければいけない。
日本に手を出せば痛い目に合うこと知らしめればよい。
政府・国会議員が、世界に騙されないことを願うばかりだ。
戦争の不安よりきわめて鈍感な議員が多そうだから不安である。
katachi |  2015.05.27(Wed) 19:31 |  URL |  【コメント編集】

★週刊文春「佳子さまを慰安婦に」暴言韓国人教師と現地で直接対決

週刊文春「佳子さまを慰安婦に」暴言韓国人教師と現地で直接対決
週刊文春「佳子さまを慰安婦に」暴言韓国人教師と現地で直接対決 |  2015.05.27(Wed) 20:19 |  URL |  【コメント編集】

テレビニュースで見たので切り貼りは当たり前だが今日の国会答弁はひどかった。9条を盾に日本を雁字搦めにして特亜の味方するバカサヨク議員どもVS9条バリアで身動き取れず苦しい言い訳に終始する政府側という構図にしか見えなかった。改憲すれば何も問題なくなるのだが。

日本を戦争出来ない国として封じ込めて誰が得するのかをお花畑層や嘘つきテレビ新聞に騙されている事すら気づかない大バカB層は考えてもらいたい。まあ大バカだから寝たきりで覚醒しないかも知れんが。
零 |  2015.05.27(Wed) 22:47 |  URL |  【コメント編集】

「命の問題」というのは反対の為の方便ですね。

日本には国際緊急救助隊という組織があります。
これまで、世界各地で震災や台風などの大規模災害が発生した場合に、何度も災害救助に派遣されてきました。
勿論、戦闘地域への派遣とは全く違いますが二次災害などにより命の危険にさらされてきたのは間違いない事実です。

むしろ、自衛隊の派遣は純粋に日本国民の生命や生活を守る為の行動ですが、災害派遣は日本国民の生命や生活とは直接関係ありません。
日本国民の生命や生活を守る為に自衛隊の命が危険にさらされることには反対する。
その一方で、災害派遣で隊員の命が危険にさらされるのは看過するのはなぜなんでしょうかね?

政府は国民の生命や安全に責任を負うと同時に、自衛隊員の生命と安全にも責任を負っています。
従って、自衛隊のリスクを最小限に抑えるべきだと思います。
しかし、自衛隊員のリスクを抑える為に日本国民のリスクを高めることになるとすれば本末転倒ですね。
taka |  2015.05.28(Thu) 02:39 |  URL |  【コメント編集】

朝鮮戦争時の満州地区の偵察飛行も旧軍のパイロットが行っています。
アメリカは撃墜されまくって日本に頼んできました。極秘で。
日本人は一人も撃墜されなかったそうです。
それによって日本航空の海外運行が許可されました。
これも秘匿された歴史です。

私は マッカーサーの仁川逆上陸も 日本の軍人が立案したか指導したと確信しています。
八目山人 |  2015.05.28(Thu) 08:07 |  URL |  【コメント編集】

桜林美佐氏、加賀孝英氏 大いに頑張って欲しい。

今のままでは自衛官は手足を縛られており、命の危険が多く、法令を変えて
必要最小限度の制約で(ネガティブリストと言われている)、臨機応変に対
応できるようにしなければ、動きが取れないことがあります。あらゆる事象
を国会事前承認など考えられません。これこそ、自衛官の命を軽く見ている証
拠だ。
おっさん |  2015.05.28(Thu) 08:11 |  URL |  【コメント編集】

「人任せで得られる平和はない」

なんと重い言葉だろう。それに比べて共産党始めマスメディアの語る言葉の何と軽いことか。
平和とは、ぬくぬくと安楽椅子に座って得るものではない。ましてや他国の若者を犠牲にして得て良いものでは断じてない。
憲法を言い訳に、汗も流さず血も流さない、他国のことは知らぬ存ぜぬ、そんな国民は「平和」を語る資格などない。

国民の生命と財産を守る。その為には命を賭さねばならない。死も覚悟しなければならない。だからこそ、平和は何よりも尊いのであり、任務に命を賭ける軍人や兵士は尊敬に値するのである。
名無しの日本人 |  2015.05.28(Thu) 17:13 |  URL |  【コメント編集】

★電話営業しながら煽りを入れる朝日

経営的にも往年の力は、内容で電話営業しながら勧誘している。
会社の責任を何と心得ているのか嘘情報で国民も国も貶めてまだ経営しようとする浅ましさ、反省もなく生き残るつもりか?
普通の人間なら異常だよね。鮮人と同様のメンタリティーだ。
katachi |  2015.05.29(Fri) 08:46 |  URL |  【コメント編集】

★中国様の核ミサイルを称賛する反日変態左翼

中国様の軍事力を称賛!!韓国の国益が最優先! 北朝鮮による日本人拉致被害者には無関心な人格者達↓
朝日新聞、jiji、NHK、創価学会、部落解放同盟、国連委も大絶賛!!

福田康夫 麻生太郎 二階俊博 額賀福志郎 後藤田清純 野田毅 野田聖子 大塚高司 村上誠一郎 河野太郎 木内実 舛添要一 加藤紘一 橋本龍太郎 河野洋平 野中広務 古賀誠 海部俊樹 宮沢喜一 竹下登 金丸信
李高順 村山富市 辻元清美 福島瑞穂 岡崎トミ子 土肥隆一 田英夫 田辺誠
小西洋之 小山展弘 前原誠司 陳哲郎 細野剛志 枝野幸男 有田ヨシフ 原口一博 高木義明 山岡賢次 輿石東 江田五月 千葉景子 柳田稔 平岡秀夫 郡和子 小川敏夫 赤松広隆 横路孝弘 松本龍 中井洽 謝蓮舫 野田佳彦 鳩山由紀夫 菅直人 小沢一郎 細川護熙 仙谷由人 岡田克也
山本太郎 翁長雄志 堂本暁子 嘉田由紀子 越直美 高橋はるみ 上田文雄 黒岩祐治 高島宗一郎
松野頼久 江田憲司 三谷英弘
山口那津男
志位和夫

反日変態売国左翼の変質者 |  2015.05.30(Sat) 07:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3191-4241b58e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |