2015.05.27 (Wed)


曽野綾子氏「移民歓迎ただし棲み分け」騒動について


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

人種偏見と言うバッシングは見当違い

 前エントリーで 曽野綾子氏の「透明な歳月の光」を引用したついでに、今年の2月11日付きの同コラムで「労働力不足と移民」を書いて波紋を呼んだことについて書く。

 曽野氏の主張は日本はもとより、海外のメデイアが「アパルトヘイトを賛美している」と言って大騒ぎし、安倍政権になてからこのような論調が増えたとか言い出す始末。
駐日ブラジル大使は「アパルトヘイト」を容認するのかと反論、アフリカ日本協議会は産経新聞に抗議文を送った。

この「事件」を当ブログは取り上げなかったが、一言で言えば、日本の労働力不足を移民で解決せよという主張には全面的に与することはできない。
しかし、棲み分けの必要性はあると思う。
ある地域に大量の異国人が移り住んで来たために、その国の住民が逃げ出すなどという例は世界各国枚挙にいとまがない。
日本とて同じ現象は起きている。
宗教や生活習慣が異なる民族が特定地域に共存することは不可能に近い。
リベラリスト達の主張する「共生」などというのは所詮はまやかしものなのだ。

例えばPonkoの住宅地に国籍が北朝鮮の家族が住んでいるが、仲良く交際している。それは彼等が日本人と区別が出来ないほど日本に馴染んでいるからだ。
これが一区画を多数の朝鮮人家族が占拠して独自の共同体を作ったらたまったものではない。
おそらく逃げ出すだろう。
それは人種差別などというものではなく、生活防衛のためだ。

 曽野氏のような硬派の正論は得てして世論のバッシングを受けるものだ。
生活保護者や年寄りを甘やかすな、主婦は子供生んだら家に居ろなどと言い出したら、世の中のリベラリストの絶好の餌食になるのは間違いない。
しかし曽野氏の論調は世間様からそんなに大バッシングを受けるようなものかというと、そうではない。
そこにはキラリと光る一片の真実(真理)がある。

【追記】アジア諸国からの若い看護婦の養成に日本語の難しさや試験の難しさが障害になっているために少しでも緩和しようとする動きがある。

産経新聞(2015/2/11)
【曽野綾子の透明な歳月の光】
労働力不足と移民 「適度な距離」保ち受け入れを

 最近の「イスラム国」の問題など見ていると、つくづく他民族の心情や文化を理解するのはむずかしい、と思う。一方で若い世代の人口比率が減るばかりの日本では、労働力の補充のためにも、労働移民を認めなければならないという立場に追い込まれている。

 特に高齢者の介護のための人手を補充する労働移民には、今よりもっと資格だの語学力だのといった分野のバリアは、取り除かねばならない。つまり高齢者の面倒を見るのに、ある程度の日本語ができなければならないとか、衛生上の知識がなければならないとかいうことは全くないのだ。

 どの国にも、孫が祖母の面倒を見るという家族の構図はよくある。孫には衛生上の専門的な知識もない。しかし優しければそれでいいのだ。

「おばあちゃん、これ食べるか?」

 という程度の日本語なら、語学の訓練など全く受けていない外国人の娘さんでも、2、3日で覚えられる。日本に出稼ぎに来たい、という近隣国の若い女性たちに来てもらって、介護の分野の困難を緩和することだ。

 しかし同時に、移民としての法的身分は厳重に守るように制度を作らねばならない。条件を納得の上で日本に出稼ぎに来た人たちに、その契約を守らせることは、何ら非人道的なことではないのである。不法滞在という状態を避けなければ、移民の受け入れも、結局のところは長続きしない。

 ここまで書いてきたことと矛盾するようだが、外国人を理解するために、居住を共にするということは至難の業だ。

 もう20~30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった

 南アのヨハネスブルクに一軒のマンションがあった。以前それは白人だけが住んでいた集合住宅だったが、人種差別の廃止以来、黒人も住むようになった。ところがこの共同生活はまもなく破綻した。

 黒人は基本的に大家族主義だ。だから彼らは買ったマンションにどんどん一族を呼び寄せた。白人やアジア人なら常識として夫婦と子供2人くらいが住むはずの1区画に、20~30人が住みだしたのである。

 住人がベッドではなく、床に寝てもそれは自由である。しかしマンションの水は、一戸あたり常識的な人数の使う水量しか確保されていない。

 間もなくそのマンションはいつでも水栓から水のでない建物になった。それと同時に白人は逃げ出し、住み続けているのは黒人だけになった。

 爾来、私は言っている。

「人間は事業も研究も運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住だけは別にした方がいい」


(引用終わり)

アメリカに行ってまで「捏造ではない」と自分の正当性を主張する植村隆元朝日新聞記者を批判することを「バッシング」とは呼ばないが、曽野綾子氏の持論を人種差別だと批判するの「バッシング」である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

14:14  |  これぞ正論  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★人権を盾に嘘がまかり通る社会

人権問題が、最も間違った判断を方向づけている。
なんでも人権にもっていけば、保証される日本のあり方はおかしい。
何らかの区切りが必要になる。
日本人は、島国国家であるから混血・混ざると言うことをしてこなかった。
日本列島に住んでから民族としてずうとである。
今でも皇族を頂点として一般国民は、赤子の関係である。
先の戦争も天皇の一言ですべてが停止した。
このような国に働き手が減少したから移民と言う短絡な意見に抵抗を感じる。
日本は、期間労働てして入れる分には問題なかろうが、全く日本に定住となると近隣国にあるように思わぬ思考をする民族も居る。
それに左翼が便乗して飯の種にしがちである。
鮮人を見ているとどうしようもない民族だと思う。
そのアジアでも分別のある日本民族は、白人社会でも一応名誉白人扱いである。
でもそれが一緒の場所に住むとなると棲み分けになるだろう。
根本的なところで、何故日本人が、列島居住を選んだかを探れば、他との抗争を避けるためではなかったのか?それに神道と三種の神器を守るためではなかったかと思うのである。
欧米と戦争したとき陛下は、三種の神器を心配されたとか。
それほど日本民族を象徴する意味深長な物に違いない。
それさえなければ、どこの民族と混ざっても問題は、なかったであろう。
むしろ皇族も西欧のような婚姻関係になっているだろう。
日本には、根底に公にされていない歴史が横たわっている。
日本人は、三種の神器をあまり意識していないようだが、これが根本にあったと思われる。
今後起こるであろう窮極の宗教戦争に関係してくるように思う。
古い話だが、2度の元寇で一度は台風だが、もう一つは全く違う形で元の軍隊は消えているのである。
文献でも台風の話は記録されていない。
それを信じるかどうかは、あなた次第的なところがありますが、30人の白装束の童子が表れて云々とあり武士は、水城に引き上げていたという。
何かここで不可思議現象が起こったとしか言いようがない。
結論を言えば、日本にユダヤのアーク(契約の箱)が存在するのではないかと思っている。
元寇の神風は、昔からなんとなく引っかかっていた。
思わぬ方向の話だが、神風は、伊達に使われていない気がします。
アークは、映画にありますように下手に取り扱うと死をもたらします。
とてつもないパワーが出ます。
レプリカである神輿を祭の度に担いでいますが、国民は、形だけ残して深く考察はしていないように思います。
本神輿(アーク)は、宇佐八幡から移動して今は、一応行方知らずとされています。
和気清麿も宇佐で御宣託を受けていますが、イラストを見ると形は見えませんが祭壇から光だけが放たれています。
私は、これらの内容を信じています。
そうでなければこんなに例外的に日本だけが、このような歴史的継続が出来るとは、到底思えない。
マッカサーも知ったから皇室を残したのではないのか?本来なら勝者白人の立場ならインデアンを殺害したようにしている。
不思議に思わない方が、日本人がおかしいとしか言いようがない。



katachi |  2015.05.27(Wed) 16:14 |  URL |  【コメント編集】

曽野綾子さんが仰ることは殆ど自分の感じと同じことが多い。
働き手が少なくなるから、外国人を入れようなどと言うことは、基本的に
間違っている。高齢者で働けるものが沢山いることを忘れてはならない。
私自身も75歳だが、仕事があれば賃金など僅かで良いから働きたいと思
っている。確かに若い方のように無理は利かないが、少々のことはできる
と思っている。
おっさん |  2015.05.27(Wed) 16:25 |  URL |  【コメント編集】

子供のタブレットを借りてコメントさせて頂だきます。

外国人移民は 住み分けて済む問題では有りません。
安易に住み分けてをすすめないで頂きたいです
日本人達は既に被害を受け続けています。
邂逅 |  2015.05.27(Wed) 16:27 |  URL |  【コメント編集】

★最新版【保存版】日本国は、世界各国と比べれば、全く人口減少国家でなく、日本人出生率が上昇しており、むしろ人口増加国家です。日本国の労働力不足という発言も、韓国式大嘘です。

里美です。

最新版【保存版】日本国は、世界各国と比べれば、全く人口減少国家でなく、日本人出生率が上昇しており、むしろ人口増加国家です。日本国の労働力不足という発言も、韓国式大嘘です。

・ドイツなどの先進国においても、そして、その他のヨーロッパ各国やロシアにおいても、都市からちょっと出ると、人間が全く居住していない原野、山林などが無限に広がっています。

・安倍晋三氏へ韓国式取り入っている増田寛也(通名使用帰化在日韓国人疑惑)らは、韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人を日本国へ大量移民させて日本国を乗っ取らせたいみたいですね。

・日本人の同胞民族(gm細胞が同じ)の人口を見ても、
日本人 1億3000万人以上
ハンガリー人 1100万人以上
モンゴル人 630万人以上
フィンランド人 550万人以上
エストニア人 150万人以上
モルドヴィン人(エルジャ人+モクシャ人+ショコシャ人) 80万人以上
ウドムルト人 63万人以上
マリ人 60万人以上
ブリヤート人 55万人以上
コミ・ジュリエン人 40万人以上
カレリア人 7万人以上
ハンティ人 3万人以上
マンシ人 1万人以上
敦子 |  2015.05.27(Wed) 17:51 |  URL |  【コメント編集】

移民云々は別にして、曽野氏は南アのマンションの話はもう何度もエッセイで書いていたと思います。だから産経新聞のエッセイを読んでも別に何とも思いませんでした。むしろこの方はサヨクと言われる方々より、昔からずっと同じ事を言っている気がします。ぶれないと言うか。今回のエッセイもアパルトヘイトの事は一切書かれていませんし、付け火した人はどういう意図でしたのかなぁって不思議でした。一説によると付け火したのは築地にある新聞社だという事ですが、日本の報道にすぐ飛びついて報道した海外の新聞社の支局がその築地の新聞社内にあるってのも何だかなぁ・・・って気がしました。やっぱり安倍さん・自民党憎しなんでしょうか?
稲羽の白兎 |  2015.05.27(Wed) 18:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3189-6fe31c05

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |