2015.05.27 (Wed)


曽野綾子氏が「戦前と似てきた」論を撃破


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


体験もしないのに嘘を付くなと

 最近の安倍政権の施策、特に安保法制の整備について、野党やマスメディアがこぞって「戦前の日本に似てきた」と言い募り、国民もまたその気になっていることに違和感を覚えていた矢先、今日の産経新聞で曽野綾子氏がその風潮を完全論破して快哉を心の中で叫んだ。

 一言で言えば、「戦前の日本に似てきた」と言う人間のおそらく90%以上が「戦前の日本」の実情を知らないのだ。
知りもしないくせに、知ったような顔をしてあれこれ言う人間は一番嫌いだ。

 そこには曽野氏の言う「中国には一匹の蝿も居ない。人々は共産主義体制の中でみんな幸せだ」という誤ったメッセージを信じ込んでしまった自分がいる。
あれ以来、蝿といえば映画「座頭市」で茶碗飯を食っているの勝新太郎がぶんぶん飛び回る空中の蝿を箸でキャッチする場面と重なり合って脳裏によみがえってくる。

 自分が体験したこともないことを想像であれこれ言うのは論外だが、実体験したことを感傷的に訴える語り部の言葉も人々の判断を誤まらせる危険がある。
例えば、戦争の悲惨さを訴えることは必要だが、それが特定の思想信条を持つグループに利用されて非現実的な一国平和主義や憲法9条改正、安倍政権批判に利用されることは許せない。

 曽野氏が結語しているように、「流行りの表現でものを言うのは、ほんとうは恐ろしいこと」だ。
新聞の読者やテレビの視聴者は騙されてはならない。

産経新聞(2015/5/27)
【曽野綾子の透明な歳月の光】
「戦前と似てきた」論の奇妙
流行表現を受け売りする危うさ

 最近、週刊誌、新聞、テレビなどで、安倍政権批判とむすびつけて「最近の日本には、戦前の日本と似た空気を感じる」という表現を度々聞くようになった。

 戦前戦中の日本を、13歳まで知っていた私には、あまり思い当たることがない。昔の日本は、ある意味では健全に貧しく質素で、封建的空気があったから、今の自由な日本は私にとって全く違う世界だ。ただし当時は、「満州における日本の権益を支那の勢力から守るため」という一種の「国民的目的」は掲げられていたから、元気はあったような気もする。しかしいずれにせよ13歳の娘っこの記憶など当てにならない。

 つい最近も同じような言葉で、「戦前と似てきた」という72歳の読者の投書を読んだ。私は自分が83歳にもなる癖して、人間が70歳を過ぎていると、かなりの年だと思い込む癖がある。
 しかしその日ばかりは、私は少し冷静だった。今年83歳の私が、終戦の時13歳で、軍需工場に動員された「女工」の最年少組たった。当時の日本は、13歳の未成年さえ動員しなければ、終末的戦争に対応できなかったほど追い詰められていたのである。

 しかしいかにも体験からものを言っているように見えるこの72歳は、終戦時満2歳だ。開戦前日本のいやな空気を知っているというからには、それから少なくとも4、5年前を大人として生きていなければならない。そんな年にはこの方はまだ生まれていなかったはずだ。

 現在の安倍政権を批判するのは自由だ。しかし人の眼や言葉を借りてものを言うものではない。こういう批判には、必ず「流行の」表現ができるのである。 もう何十年も前のことになるが、日中平和友好条約が締結される前も、中国は日本にいろいろな形で圧力をかけた。日本の産経以外の新聞社やマスコミ、知識人の多くもそれに全く抵抗しなかった。なかには「アゴアシ」つきで招待された中国に何力月も滞在し、ほめもしなかったが、中国について一切批判しなかった文学者もいた。
 当時中国に行った人たちの多くが好んで使った表現がある。中国にはハエがいない。犯罪もない。毛沢東主席のおかけで、人民は一人残らず幸せに暮らしている。
 何億もの人民が、全員幸せだなどということがあるはずはないが、日本人は政府の役人から、農協職員、教育者までが、「中国では、子供たちの眼が輝いていた」と報告書に書くのがお決まりだった。

 自分の見聞きしたことだけで文章は書くべきだ。最近の流行りの安倍政権批判を「戦前の空気と似てきた」という言い方で書ける人は、開戦の昭和16年には、最低限15歳になっていて当然だろう。それでも戦前のいやな空気を意識したのは10歳を過ぎたばかりということになるから、早熟な秀才だけにできたことになる

 流行りの表現でものを言うのは、ほんとうは恐ろしいことなのである。新聞の読者も、世論をそういう形で見守る義務がある。


(引用終わり)


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:47  |  集団的自衛権  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★戦前とは明らかに違う。

韓酷の様なキ印国家も無かったし、支那共産党の紅の豚も無かった。
北朝鮮の様な粛清好きの刈り上げ君も存在して居なかった。
現代の方がキャラ起ちすぎだよ。
katachi |  2015.05.27(Wed) 12:54 |  URL |  【コメント編集】

★Re: 戦前とは明らかに違う。

周辺国も変わりましたが、日本も変わりましたね。
安倍保守政権に少しでも戦前のよき時代に回帰して貰いたいものです。
ponko |  2015.05.27(Wed) 13:01 |  URL |  【コメント編集】

コミンテルンの洗脳が、大東亜戦争以前より完全に行き渡っている、と言う
意味では似てきていると言えると思う。西側からジワリジワリと攻め込まれ
ているような感じが、似ているように思う。何れ尖閣、沖縄が戦場になりそ
うな気がしてならない。
今のところ米国が一応味方に居るようなので、そこが救いだが、米国も本
来は信用できない。
シナも国内事情によっては、習近平が暴発しかねないような感じだ。
大東亜戦争以前は東側に脅威があったが、今は西側の脅威があり、非常
によく似てきているような気がする。当時は西側は一応押さえていたから。
おっさん |  2015.05.27(Wed) 13:06 |  URL |  【コメント編集】

最近、年寄りの戯言が多くなってますね。何故、赤よりになるんでしょうか?
また、軍靴の音が聞こえてくるんでしょうか。
rey |  2015.05.27(Wed) 14:58 |  URL |  【コメント編集】

★年寄りの質 史上最低・史上最悪

最近の年寄りは、手柄や被害者的経験は自分、失敗や加害者的経験は他人と思いこむ。
戦後の復興だって、その主役たちはもうほとんどがあの世へいっているのに、自分たちが主役だったかのような口ぶりだ。

現在の日本の年寄りの質は、史上最低・史上最悪。この状態に似ている時代などない。
蒼猿 |  2015.05.27(Wed) 15:36 |  URL |  【コメント編集】

★年寄りと言っても戦争経験者は、ほぼ消滅。

有るのは、記録だけだ。
日本の自衛隊は、戦前の軍隊の踏襲が見られ帝国三軍としての継続が見られます。
敗戦国ですが、戦勝国と同様の歴史を保持している。
アメリカとも共有できる戦争経験は、敵であった日本だけである。
こう言うケースも珍しい。
今度は、味方で有った支那とアメリカが一戦交える様な構えですが、やらせですかね?
国連の関係もおかしくなるし戦後秩序が、変形してしまう。
本来は勝敗に関係なく国連供託金の多寡で決定するほうが道理に有っていると思うのだが、こう言う時は、敗戦国黙れなんでしょうね。
世界は都合によって動いているから日本も都合で金を減らしてもいいと思う。
戦後秩序を守る為日本は、利用されてきた。
今後は、どうなるか?発言権を金を減らすことで強まる可能性も有るかな?
katachi |  2015.05.27(Wed) 16:55 |  URL |  【コメント編集】

★戦後

戦争経験者や日本国内の状況や批判した人は国家地方公務員でも干され仕事もなく!一族路頭になり又暗殺やキチガイ脅しと!GHQ朝鮮人日本政府に昔の隣組制度や役所にされたら生きて行けないからな!だから口閉ざし一生懸命働いた!声や手紙日記写真も新聞テレビが取り上げるのは都合が良い物で!取材と偽り破棄したりしたのが戦後70年!中には社会党共産党又公明党と宗教や革命に身を守る為に入る人も多かった!そら一般兵士や下士官は貴族や軍や国家公務員や財閥は表は処罰された様に見えても裏優遇、取引!西洋人が好きな司法取引、金情報払えば優遇!が未だにされてる!今の国会議員や地方議員も国家地方公務員も縁故や口効き!共産党社会党公明党自民党も八百長て事!85歳以下の人は戦争は空襲に敗戦逃避行に戦後支配洗脳八百長運動家!
ぴ |  2015.05.28(Thu) 16:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3188-f9416ed5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |