2015.05.25 (Mon)


日本人には悪い奴が居る

.
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

それは私です

000.jpg

 3000人の利益団体を引き連れた日本の政治家が中国を訪問し、習近平国家主席を表敬訪問。
握手する習主席の手を持ち上げて写真に納まり、媚びて見せた。
さらに大連で講演し「日本人に悪い奴はいない」として、日中のマスコミを批判したという。

 しかし日本人の中には同じ政党に居ながら隙あらば安倍首相の寝首を掻こうとする「悪い奴」がいる。
名前を2Fというらしい。
江沢民の銅像を日本全国に建てようと「江沢民碑 全国建立運動」を計画し頓挫した。
はなからの媚中派である。
和歌山3区の有権者の皆様はどう思っているのだろうか。

⇒産経ニュース(2015/5/25)
「日本人に悪い奴いない」 訪中の二階氏が大連で講演


 【大連=沢田大典】中国を訪問中の自民党の二階俊博総務会長は25日、大連市の東北財経大で学生らを対象に講演し、「日本人は付き合ってみたらそんなに悪い奴はいない。若い人たちがその気になって立ち上がり、明るく日中関係をやっていこう」と述べ、日中関係の改善を呼びかけた。
 二階氏はまた、「へんな中国のマスコミ、中には調子に乗った日本のマスコミも『日本は悪い国だ』という。これでは日本人は外に出ていけない。立つ瀬がない」と述べ、日中の反日報道を批判した


(引用終わり)

二階氏は中国マスコミの反日報道も批判したというが、本当だろうか?
一党独裁政権の中国では、マスコミ = 中国政府である。
中国マスコミ批判 = 中国政府批判となる。
そんなことが媚中2Fに出来るはずがない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:40  |  反日政治家  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

和歌山に刺客候補を送らないということは自民党も承知の上か?うまく利用するにしてもこのバカに限っては無理だろう。自民党の本気度が試されるところだ。

清濁合わせ呑む、と言ってもこいつは濁り過ぎて話しにならない。このまま放置で好き勝手やられて失点に繋がったら自民党執行部の汚点である。帽子野郎共々ガツンとやる時期だろう。さもないとチョンと同じくますます増長するぞ。甘過ぎる。
零 |  2015.05.25(Mon) 23:59 |  URL |  【コメント編集】

こんな二階議員みたいな中韓に媚びて利用されてる売国奴を「パイプがある」とは言わない。
こんな議員は居ない方がいい。
 |  2015.05.26(Tue) 01:40 |  URL |  【コメント編集】

「日本人に悪い奴はいない」とは、日本の悪の権化が良く言うよ。
さすがはシナ、朝鮮の仲間だ。
おっさん |  2015.05.26(Tue) 07:26 |  URL |  【コメント編集】

★2Fに支那と韓酷が、どう見えているのだろうか?

そう言う意味で国民の側からすれば先見の明の無い奴としか映らない。
時代は、再び日本であることが見えないようだ。
アジアの盟主は、名実共に皇国日本であります。
2Fが支那に行っても何の効果もなかろう。
AIIBに参加しなければ支那としては、2Fと握手の意味は無い訳で。
安倍氏は、ロシアのプーチンと会談するようですが、こちらの方がより意味が有ります。
日本の代表は一人良い。大物ぶって出しゃばるな。
katachi |  2015.05.26(Tue) 12:48 |  URL |  【コメント編集】

★添といい2Fといい嫌な写真ですね。

これほど卑屈に媚びる必要がどこにあるのか?
太鼓持ちみたいだ。
日本の政治が3流にしか見えない姿がこれだ。
これは、アジア特有のスタイルなのか?
安倍首相と違いが大きすぎる。
katachi |  2015.05.26(Tue) 16:00 |  URL |  【コメント編集】

自民党を支持しきれないのは、こういう議員が混ざっているからだ。
親中じゃなく媚中でしょう、これ。
キンぺーに褒められて小便垂れるほど喜んでる情けない奴だ。
東光 |  2015.05.26(Tue) 18:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3186-b4669d7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |