FC2ブログ

2015.05.25 (Mon)


日米のレーザー新兵器が中国に勝つ?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

問題は中国の大気汚染という防御壁?

 民主党のオバマ大統領は中国に対して弱腰で完全に押し込まれている。
同盟国の日本としてはなんとも情けない話だ。
共和党のマケイン議員が大統領になっていればこんな事にはならなかったのに。

 日米共に民主党政権だった時は最悪だった。
日本は幸い自民党政権が復権したが、アメリカでは民主党のミセス・クリントンが取り沙汰されている。
もういい加減にして欲しい。

 そんななか、産経新聞に興味深い記事が載っていた。
米中の第三次世界大戦の可能性も否定できない国際情勢のなかで、戦争に突き進まない予防のための最新兵器がアメリカで開発中だという。
中国の量的優位の対抗するために「電磁波兵器など最先端兵器の組み合わせ」で好戦的な中国に思い止まらせるという戦略らしい。
日米が協力して科学の粋を結集すれば可能らしいが、中国には大気汚染という防御壁があるから有効な武器になるかどうか分からないと皮肉っている。

 日本では安倍首相の安保法制改革案に対して野党とマスメディアが反対し、産経・FNNの合同世論調査によれば、反対(57.7%)が賛成(31.7%)を上回っている。
このような野党とマスメディアの大気汚染を前に日本は平和を維持できるのか?
まことに心もとないと言わざるを得ない。

⇒産経ニュース(2015/5/25)
【野口裕之の軍事示情勢】
世界のガン(中国)を消す日米「レーザー相殺手術」


(前文略)

・・・気になるのは、わが国の防衛体制だ。集団的自衛権の限定的行使容認程度で批判が起きる国際的非常識も致命的だが、技術防衛もお粗末極まりない。相殺戦略も重視するステルス性を支える炭素繊維は、日本が最先端を走るが、同盟国とはいえ米国に安売りしてしまった。精密機械/冶金/ロボット/デジタル・カメラ/再生エネルギー/ナノ/液晶/ウェアラブル(携行)端末…、中国は合法・非合法あらゆる手段を駆使して日本の先進技術を強奪している。だのに、日本は売れば国益に資する兵器を禁輸し、売ってはならぬ「利敵民生品」を平然と輸出する

 もっとも中国は既に、一部の電磁波兵器を遮断できる「防衛網」を確保した。PM2.5の大気汚染は、波長にもよるが電磁波を遮断する。人民の健康を損ねる真っ黒な空が「人民の盾」ではないと信じたい。(政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS)


(引用終わり)

安倍首相を盛り立ててこの難局を凌がないと日本の未来は無い。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:11  |  -中国  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★チキン野郎

けっきょく中国との戦争は

飽和攻撃 VS 軍事テクノロジー

と肝心なのが
チキンくらべでしょう。

日本のチキン野郎
柳澤 協二は今からもう白旗をあげてます。
M |  2015.05.26(Tue) 12:26 |  URL |  【コメント編集】

★日米共に民主党は、日本に合わない。

とにかく民主党は、日米共に基本的に反日傾向が、強い。
先の戦争のルーズベルト大統領もそうだ。
しかも狡猾であり白人優先もろ出しの人間である。
当時もホワイトハウスに共産主義者が、存在した。
民主党は、共産党の亜流に思える。
リベラルと言えば聞こえがいいが、中味は隠蔽体質を持つ共産的左翼主義者の巣窟だ。
だから日本に於けるリベラルの意味合いは、自由では無く色づけされた左翼の意味合いを持つ。
ご都合主義の左翼イデオロギーには、もううんざりだ。
katachi |  2015.05.26(Tue) 12:32 |  URL |  【コメント編集】

軍事力の優劣は規模ではなく、使用する武器によって決まるということですね。
猪鹿蝶 |  2015.05.26(Tue) 16:31 |  URL |  【コメント編集】

★南シナ海戦が、起こりそうか?

アメリカも大統領に関係なく動くようで、アメリカとは、そう言う国らしい。
つまり本性は、軍産複合体の白人が決断を下すと言うことだろう。
仮に支那と海戦になったら、支那軍兵站部から攻撃をしてケツ上がりに全戦にせりあがれば決着する。
そのために背後からミサイルで攻撃していけばよい。
潜水艦もレベルが違うから支那は、全て失う可能性がある。
高速鉄道で素早く移動できるようになった支那軍は、武器が遅れてついてくる。
katachi |  2015.05.26(Tue) 17:57 |  URL |  【コメント編集】

★安保法制改革案の世論調査は反日メディアの思惑通り

安保法制改革案の賛否は、反日メディアがどれだけ浸透しているかの調査と言えるでしょう。

反対している者に内容を確認してみれば分ると思う。

反日メディアが言っている内容をそのまま言うでしょう。

正論にはほど遠いと思う。
鉄兜 |  2015.05.26(Tue) 18:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3185-d3fdca93

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |