FC2ブログ

2008.09.07 (Sun)


ナベツネ読売は反日か


民主党ヨイショの日本テレビ

昨日の日本テレビ「ウェークアップ」は酷かった。
福田首相の突然の辞任を批判するのはいいとしても、総裁選の話題で影が薄くなった民主党を宣伝しようとする編集意図が見え見えの番組だった。

鳩山幹事長は北朝鮮の拉致調査延期は福田首相辞任のせいだと批判した。
それと同じことを前原誠司は言っていた。
辛坊治郎が小沢一郎の無投票三選の民主党に疑問を呈すると、窮した前原は話を反らせた。


前原
「総理大臣は国のトップだ。たとえば北朝鮮が拉致再調査の委員会設置は延期するといってきた。日本の総理大臣が辞めたことで外交関係が途切れた。日中関係でも胡錦濤氏は福田首相に期待していた。それをとぎらせるのは小さな政治だ。国の将来を考えれば、民主党をどうのこうのというのは結構だが、日本の国から言うと極めて問題だ」


北朝鮮のいつもの恫喝外交を真に受けて、こともあろうに国内の政争の具にするとは民主党も情けない党である。

司会の辛坊治郎はその発言を無視して


辛坊
「政策の話は後で聞くとして、民主党もまだ間に合う。誰か出ればいいじゃないかと」

前原
「いろんな経緯があって誰も出ない」

【福田首相辞任に列島"怒りの嵐"】

インタビューで国民がいかに怒っているかをこれでもかこれでもかと見せる。
酪農家、漁師、たこ焼屋、クリーニング店、投資家、教職中の若者・・・


秋葉原の若い女性
「マッサージ・チェアなんて買いやがって!」、

巣鴨のおじいちゃんおばあちゃん
「後期高齢者制度なんてとんでもない」
自民党なんて引っ込んでりゃいいんだ。民主党に政権を譲ったほうがいい! そのほうがずっと良くなるよ!」

「辞めてくれて良かった」という意見はひとつも出ない。

【また途中投げ出しの自民党に疑問の声】

鴻池祥肇(参院議員)
「この二年間でお腹が痛いとすぐ辞めたり、冷たく『あなたと違います』といって辞めたりした。候補者は全員詫びなければならない」


鴻池って野党の議員だっけ?

後藤田正純(与謝野支持)
「与謝野とは与党が野党に謝すると書く。与党は野党に謝り、国民の側に立った政策論争をすべきだ」


叔父は売国奴だった後藤田正晴、推して知るべし。
アシスタントが視聴者から送られたFAXを読む。


34歳女性
「辞任会見を見てすごく腹がたった。人事のように淡々と話しているのが無責任に感じた。日本のトッブとして恥だ。」

48歳男性
「二度も続けて政権を投げ出した自公に政権を担当する権利はない。即刻野党に政権を移譲し、野党政権のもとで総選挙を行うべきだ。自民総裁選など待つ必要はない」

51歳男性
「福田首相は就任時から熱意が感じられなかった。阿部氏もそうだが、二世三世の議員は出すべきではない。ここはいかに頼りない民主党といえども一度は政権を取らせる必要があると思う

という怒りのFAXが多数寄せられています」


「いかに頼りない民主党といえども」で前原議員は苦笑い。
よくまあ民主党支持の意見だけ拾って読み上げたものだ。
二世三世血縁議員がダメなら、後藤田も小沢もみんなダメだ。

「国民の目線」とか「国民の側に立つ」という言葉は、それを言う人を見ていると、嘘っぽく聞こえるし、嫌いな言葉である。
国民の目線は今日明日が食べて行かれるかということだけだ。
それが無意味だとは言わないが、政治家はもっと高い目線から遠くを見つめてほしい。
それが自分たちの子孫にとって良いことならば、今日の飯が食えなくても我慢するくらいの国民であって欲しい。
今日明日の飯が食べられても、子孫が食べられなくなるようでは困るではないか。
国民の声は必ずしも正義とは限らない。
国民を一時的に騙してでも、明日のための国づくりをするというようなスケールの大きい政治家が現れないものか。


ランキングのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

13:10  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

読売テレビは昔からゲスい。
名前非公開 |  2016.06.12(Sun) 14:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/318-62750212

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |