2015.04.15 (Wed)


たかが福井地裁ごときが・・・


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

裁判官の知見が規制委員会の知見に勝るのか?

 高浜原発の再稼動については原子力規制委員会がゴーサインをだしたにも関わらず、反日市民活動家の運動に押されて福井地裁が再稼動を差し止める仮処分を決定した。

朝日新聞は嬉々として報じている。

単なる法律屋が原発の専門家の下した判断をどのような知見をもって覆す事ができるのか、あきれてものが言えない。

沖縄基地問題も原発再稼動問題も反日勢力が市民運動の仮面を被って妨害活動を展開している。
それに朝日新聞などの反日メディアが加担して日本を立ち往生させようとの魂胆だ。

韓国といい、アーミテージといい、福井地裁といい、たかが・・・

朝日新聞(2015/4/14)
高浜原発再稼働を差し止め 福井地裁が仮処分決定

反日0059

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町、定期検査中)の再稼働をめぐり、福井地裁の樋口英明裁判長は14日、住民らの訴えを認め、運転を禁じる仮処分決定を出した。原発再稼働の可否を決める新規制基準は「緩やかにすぎ、合理性を欠く」と指摘し、新基準を満たしても安全性は確保されないと判断。政府の原発政策に根本から見直しを迫る内容となった。

「新基準は合理性欠く」仮処分決定要旨

 原発の運転をただちに差し止める司法判断は初めて。仮処分決定はすぐに法的な拘束力を持つため、今後の司法手続きで覆らない限り、再稼働はできない。関電は福井地裁に異議を申し立てる方針だが、審理は上級審に及ぶ可能性もあって長引くとみられ、目標とする11月の再稼働は見通せなくなった。再稼働に向けた原子力規制委員会の審査に法的な影響は与えない。

 仮処分を申し立てたのは福井、京都、大阪、兵庫4府県の住民9人。高浜原発から約50~100キロ離れた地点に住んでいる。

 樋口裁判長は決定理由でまず、各電力会社が原発の耐震設計で想定する最大の揺れ(基準地震動)を超す地震に2005年以降だけで福島第一など4原発が5回襲われていることを挙げ、想定そのものが信頼性を失っていると述べた。

 さらに高浜原発では、基準地震動700ガルを下回る地震でも外部電源が断たれて給水が止まり、原子炉の冷却機能が失われる可能性がある▽使用済み核燃料プールは原子炉のように堅固な施設に囲われていない――などと指摘。「万が一の危険という領域をはるかに超える、現実的で切迫した危険」があると認定した。

 そのうえで、高浜原発の脆弱(ぜいじゃく)さは、基準地震動の大幅な引き上げとそれに応じた耐震工事の実施▽原子炉冷却にかかわるシステムや、使用済み核燃料プールの給水設備の耐震性を最高レベルに強化――などの条件を満たさない限り解消されないとした。

 高浜原発は今年2月に再稼働に向けた規制委の主な審査に通ったが、樋口裁判長は新規制基準がこうした抜本的な対策を求めていないと判断。新基準は「深刻な災害を引き起こすおそれが万が一にもないといえるような厳格な内容」であるべきなのに、「緩やかにすぎ、安全性は確保されない」と結論づけ、住民らの人格権が侵害される危険性があると認めた。

 樋口裁判長は昨年5月、関電大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転をめぐる訴訟で、東日本大震災後では初めて原発の運転差し止めを命じる判決を言い渡した。だが、関電が控訴して判決は確定せず、規制委の審査が終わって知事の同意などがあれば再稼働できる状態にある

 このため住民らは昨年12月、より法的な即効力がある仮処分の手続きをとり、大飯、高浜両原発の再稼働差し止めを求めて訴えた。樋口裁判長は、審査が先行する高浜原発についてまず判断する考えを表明。慎重な検討を求める関電側の主張を退け、3月に審理を打ち切っていた。(室矢英樹、太田航)


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:37  |  原発再稼働  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

三権分立ではなく、司法が最高位で何でも裁判官たった一人で行政で
決めていることをひっくり返せるということです。

判決理由から考えたら、自動車の製造は禁止しなければなりませんね。
自動車事故では毎年五千名以上の死者が出ており、負傷者を入れたら
百万人程度は被害者が居るわけですから。

原発による被害者などはこの40年間殆どいません。僅かに、やってはな
らないことをして死亡した方が二名ほどいる程度です。東北大震災の被害
で原発から放射線が放出された事故でも、誰一人、直接の被害は出てい
ません。被害があったのは、必要のない出荷停止や、必要のない、強制移
住で被害者が出ただけです。広島、長崎の原爆投下直後から、爆心地近く
で生活した人も大部分が普通に生活しており、その時の放射線の強度の
一千六百万分の一しか、原発からは放射線は発出されていないと、のこと
ですから、今回は移住しなくても何ら問題になることはなかったはずです。
おっさん |  2015.04.15(Wed) 08:31 |  URL |  【コメント編集】

★司法とは誰の為に?

【原発の被害!人体を蝕む?原発は0にするべき!】とは反日、左よりの極、極少数派なんです。  再稼働は、専門家に任せましょうよ!

何を根拠に言ってるのか?代替エネネルギーだけではまだ未知数です。って言うか不可能です。オール電化に慣れ過ぎてる現代人にとってどこまで快適に生活維持出来るのか・・・・ 放射能被害との言葉だけが一人歩きしてます

おっさんが言われてる通り、長崎、広島の放射線率は約1800万倍相当で、75年間は草木も生えないといわれてましたが、3週間目にはアリの大群。
亡くなられた方の多くは熱線です。

健康に良いからとラジューム温泉にいけないのでは・・・・?これも放射線ですよ。
人間の身体には5000ベクレルの放射線を出してるといわれてます。
   長崎在住です。
福島原発での避難、移住が適切だったのか、どうしても疑問が残ります。
福島の方々は一生懸命復興に頑張っておられます。足を引っ張らず、手を差し伸べましょう。放射能被害云々を叫ぶのは、これも、一種のヘイトスピーチでは・・・?????
yamanba |  2015.04.15(Wed) 14:30 |  URL |  【コメント編集】

★呪われた判決

  呪われた判決

裁判官.樋口英明は、高浜原発に対して、 「合理性がない」・「人格権が侵害される危険性がある」 などとして3,4号機の仮処分決定を下した。
裁判官.樋口英明は、法と人権を重んじる立派な裁判官でありましょうか?
そうではないはずです。
裁判官.樋口英明は、別訴で、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 との判決を被害者に言い渡したのです。(※1)
言うまでもなく、万が一にも虚偽事由などが許されることなどありません。(再審事由)

今回、原子力規制委員会の田中俊一委員長からは、当仮処分内容には 「事実誤認がいっぱいある」 と指摘されているようですが、裁判官の「虚偽は正当」 との基準からすれば、その様な指摘が出てくることは当然のことでもありましょう。
裁判官.樋口英明は、嘘の主張で対立させて争わせて、何を判断するというのでしょうか。
法廷で嘘をつかないように「宣誓」 までさせておきながら、何故、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と言えるのでしょうか。
裁判官.樋口英明は、法と国民を愚ろうし社会秩序を乱す国賊ではないのでしょうか。

 (※1) 福井弁護士会所属の弁護士(2名)は、「虚偽を依頼者に教唆し事由としたことを滑らせて自白した」、 しかし、その後、 「虚偽.侮辱することは正当な弁護士業務だ」 と主張し続けて罪を重ねた。(弁護士3名、他多数) 
  裁判官は、自白を裁判の基礎とせずに(基本原則違反)、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と判決したのである。
  結果、福井弁護士会の弁護士3名(多数)は、今もこの主張を撤回しょうとせず、被害者に恐怖の日々を与えている。

裁判官.樋口英明は、被害者の苦しみを知りながら、恣(し)意的に侮辱する行為(人権侵害:国際法違反)を良しとし、訴訟詐欺を認めているのである。
 |  2015.04.19(Sun) 15:10 |  URL |  【コメント編集】

ちょっとコメントよろしいでしょうか?

原発再稼動を遅らせたのを犯罪扱いしているようですが、私はむしろ大歓迎です。

福島を見なさい。未だに立ち入りは規制、東北と首都圏を結んでいた常磐線が分断されています。
福島だけでなく、群馬や茨城にも高い放射線が押し寄せました。
一度原発事故を起きたら、原発を受け入れた自治体だけでなく、遠くの土地にまで被害をもたらすのです。

福島の場合は太平洋沿いだからまだどうにかなったかもしれません。
日本に吹く風が単純に西から東と考えるとです。

しかし福井で事故が起きたら確実に石川(私の地元です)、滋賀にまで被害が出ます。
石川の滋賀原発は停止中ですが、私は別に不自由なく暮らしています。
せっかく原発なしで充分やれている所にまで迷惑かけていいんですか?

ついでに言うと、放射性物質の半減期とやらを速めて汚染から回復させる技術の研究は既にあったようですが、「原発事故は起きない」というクズ以下の判断で辞めさせられたとのことです。

起こる前だったからといえばそれまでしょう。
でも2011年の一件で皆全てを悟ったはずです。
「ああ、日本に原発を作るのは間違っていたんだ。日本は自然災害が多い。そんなところに放射能を出す施設なんて作ること自体おかしいことだったんだ」と。それは法律なんて関係ない、「人間としての良識」です。

挿し止めを下した裁判長だってそれが分かっていたから法律より「人間の良識」を選んだんです。きっと。
あなたの言う犯罪の定義は何ですか?災害が多いと分かっている土地柄に原発を作ることは犯罪ではないんですか?

これだけは書きましょう。
福井の再稼動は遅れてくれた方が、石川に住むこっちにとってありがたいことです。
それでも再稼動してしまうなら仕方ないですが、せめて施設内に「機関車トーマス」の「事故は起きるさ」という曲でも流しておいてほしいです。

ダラダラと書いて失礼いたしました。
ただ、この記事のタイトルは変更してください。
原発を恐れるのと反日は関係ないでしょう。
あなたの発想がまるで理解不能です。
妄想大好き人間 |  2015.12.26(Sat) 22:26 |  URL |  【コメント編集】

★弁護士は虚偽事由で提訴する!

弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。
 |  2016.04.05(Tue) 13:52 |  URL |  【コメント編集】

★二枚舌を使う者

>原発訴訟団の弁護士島田宏は、「国民の常識が司法に生かされ国民の安全と基本的人権が守られる時代の到来を期待しています」と述べた。 とありますが、そんな発言を本当にしたのですか?
弁護士島田宏は、「虚偽事由で提訴したり侮辱したりすることは正当な弁護士業務」 と福井弁護士会長のときに胸を張って主張していた人物です。
せっかくの活動にも興ざめします。仲間を選んでください。
疑うのであれば以下の件、本人に確認下さい。

弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。
 |  2016.05.10(Tue) 11:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3108-745b5053

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |