2015.04.14 (Tue)


たかが韓国ごときが・・・


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


産経前支局長を拘束したのは許せない

 韓国に不法に8ヶ月近く幽閉されていた産経新聞の加藤前支局長がようやく一時帰国した。
セウォル号沈没事故の最中、朴槿恵大統領の空白の数時間を韓国の朝鮮日報を引用して日本に紹介した記事が大統領を怒らせた。
しかし、実際に大統領が怒ったのは、最後の数行で朴大統領はレイムダックだとした部分だろう。
司法と立法とは分立しているとか綺麗ごとを言っているが、戦時中の在韓日本企業に対して莫大な補償を求める司法の裏には政治の力が働いている。
産経新聞の支局長を不法に幽閉する一方、ネタ元の朝鮮日報はお咎めなしでは韓国の日本に対する嫌がらせであることは一目瞭然である。

加藤前支局長の乗った車に卵を投げつけ、ボンネットに寝そべる反日活動家を黙認するなど韓国はやりたい放題だ。

世が世ならば日本中に征韓論が噴出するような韓国の反日行動である。

ところが日本のマスメディアや言論人は、安倍政権がテレビ局に圧力を加えたのは言論の自由を奪うものだと大合唱する癖に、加藤前支局長の不法な拘留にはほとんど声をあげないダブルスタンダードだ。

新支局長が赴任し、加藤氏には本国での新しい仕事が待っていたのに8ヶ月も実質的には拘留されて仕事が出来なかったのは間違いなく人権蹂躙である。

日本と世界の人権で飯を食っている人権屋はもっと騒ぐべきなのに、騒がないのは、彼等が守りたい人権とは違うものだったということだ。

それにしても加藤元支局長の毅然とした態度にはエールを送りたい。

⇒産経ニュース(2015/4/14)
帰国の前支局長「ほっとした、素直に喜びたい」 
続く裁判「頑張らなければいけない」


反日0058

 出国禁止措置が解かれた加藤達也前ソウル支局長を乗せた航空機は14日午後7時20分過ぎ、東京・羽田空港に到着した。加藤前支局長は出迎えた報道陣に「ほっとしている。裁判はまだ続くが、頑張らなければいけないと思っている」などと語った。
 昨年8月から続いた出国禁止措置の解除が、弁護士を通じて加藤前支局長に伝えられたのは同日午前。帰国準備を整えて向かったソウル郊外の金浦空港では、日本のテレビ局や韓国の通信社の記者らが待ち受ける中、見送りに来た日本人記者と握手し、別れのあいさつをした。加藤前支局長は「日本で家族や友人に会えるのは素直に喜びたい」と述べた上で、裁判で受けていた「心理的な圧迫感」が取り除かれたと話した。
 羽田空港に到着すると、集まった約30人の報道陣に「こんばんは」と声をかけ一礼。久しぶりに日本の土を踏んだ感想を聞かれ、「まずはほっとしている」と述べた。

 出国禁止措置に関しては「自由に出国できないという事態は重く、行動の自由を制限するのは重大な問題だ」と言及。措置解除は「率直に言って驚いた。措置延長かと思っていた。理由は見当もつかない」。裁判については「これまで通り淡々と事実関係を伝えるだけ。次の裁判があるので、またすぐにソウルに戻ることになる」と語った。
 さらに「故郷に帰れないというのは厳しいものがあった」などと話した後、帰途についた。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

23:07  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

これに懲りて産経新聞は支局を引き上げろ。

大使館も同様。暴動が起きる度にクソを投げつけられる。こんな罰ゲームがあるか?害務省はもちろんどうしようもないがこの地に赴任させられる者が不憫でならない。一刻も早く逃げろ。
零 |  2015.04.14(Tue) 23:25 |  URL |  【コメント編集】

加藤支局長にご苦労様です、更に今後も頑張ってくださいと言いたい。
また、害務省には早く本来の外務省になれと言いたい。
更に、経済界は韓国と手を切ることを早急に考えるべきだと思います。
おっさん |  2015.04.15(Wed) 07:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3106-83d3f732

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |