FC2ブログ

2015.04.14 (Tue)


統一地方選、民主はほぼ現状維持と嘘つき枝野幹事長


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

選挙の総括もできない民主党

 地方統一選は民主党の惨敗だというのに、枝野幸男幹事長は記者会見で「ほぼ現有維持できた」と強弁した。
東日本大震災では毎日テレビに出演し、大丈夫だ、メルトダウンしていないと嘘付き捲った枝野氏。
もう誰もあの人の言うことは信じない。

主党広報(2015/4/13)
「ほぼ現有維持できた。反転攻勢に向けた土台作りを固めていく」枝野幹事長


 枝野幸男幹事長は13日午前、記者団の取材に応じ、道府県議会・政令市議会議員選挙の結果等について見解を述べた。
 枝野幹事長は「『現有プラスアルファを目指す』という中で、若干減だがほぼ現有を維持できた。特に、石川県、高知県で議席ゼロを解消でき、北関東や四国などで堅調な結果が出せた」と評価。「後半の一般市町村議会選挙では民主党系の議員を1人でも多く確保して反転攻勢に向けた土台作りを固めていきたい」と述べた。


少なくとも大阪では壊滅状態だ。

⇒産経ニュース(同上)
民主“大惨敗”大阪市議選「0」府議選「1」…府連代表「独自色出せず、厳しい結果」


⇒JCASTニュース(2015/4/13)
「民主党、大阪で壊滅状態、府議は当選一人だけ、市議全滅、堺も不振」


今朝の読売新聞によれば、民主党内でも、民主の退潮は「底なし」か「底打ち」かで意見が分かれているという。
相変わらず選挙の総括も出来ない民主党では国民の信頼を得られないだろう。

読売新聞(2015/4/14)
民主の退潮「底打ち」「底なし」意見分かれる


民主党は統一地方選前半戦で議席を大幅に減らしたことで、党勢の地盤沈下が止まらない危機感が広がっている。
 当初は反転攻勢の足がかりと位置付けていたが、政令市議選では共産党を下回る「野党第2党」の勢力に転落するなど、目標とは程遠い結果に終わったためだ。党内には、政権奪還に向けたシナリオを描けない執行部への不満にとどまらず、党の将来性を悲観して、野党再編を求める声も再び出始めている。
(以下略)


それによれば、「底打ち派」は枝野幹事長と長妻地代表代行、「底なし派」は細野政調会長と長島元防衛副大臣。
なんのことはない、党内の主導権争いというコップの中の嵐に過ぎない。

反日0056

(引用終わり)

与党の政策に対する代替案も提示できず、党内抗争に明け暮れているようでは、先にご紹介した元フジテレビアナの長谷川豊クンではないが、「もう民主党は解党でいいのではないか?」
である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

11:09  |  2015地方選  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

民主党などさっさと消えて欲しいですね。
公明党も猶更で、政教分離ができないので、邪魔な政党ですね。
おっさん |  2015.04.15(Wed) 13:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3105-5cf09b68

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |