2015.04.08 (Wed)


教科書検定を批判する朝日と東京新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経新聞は歓迎

 中学校の教科書検定が公表され、産経新聞は7日の社説で・・・

「教科書検定 偏向是正を授業に生かせ」

と高く評価した。

「教科書編集の指針となる検定基準が改正され初めての検定である。日本の領土や歴史について他国の主張ばかり強調する偏向した内容の是正が進んだことを評価したい。実際の授業に生かしてもらいたい」

一方、ズル賢い朝日新聞は正面から批判しないで、子供に教えるような形をとって政府の教育への関与だと暗に批判した。

朝日新聞(2015/4/7)
(いちからわかる!)教科書検定ってどんな制度なの?


(後半部分)
コブク郎 教科書に書くべきことは決まっているの?

A 学校教育の方針(ほうしん)は国が学習指導要領(がくしゅうしどうようりょう)で決めていて、その中身を細かく書いた「解説(かいせつ)」に沿(そ)って教科書はつくられる。「解説」は去年、「日本の領土(りょうど)についてより詳しく教えなさい」と変わったんだ。

コ ほかにも変わった?

A 検定のルールを決めた「検定基準(きじゅん)」も、同じころに変わった。社会科で、「近現代史(きんげんだいし)で通説(つうせつ)の無(な)い数字を書く場合、『通説が無い』と示す」「政府見解(せいふけんかい)のある事項(じこう)は、それに基(もと)づいた記述(きじゅつ)をする」などが追加(ついか)されたんだ。

コ なんか難(むずか)しそう。

A 近現代史は事実(じじつ)やその評価(ひょうか)が定(さだ)まっていないケースがあるので、国は「バランスのとれた書き方を」と言うんだ。ただ、「中身を国が決めすぎることになり、創意工夫(そういくふう)のある教科書づくりを妨(さまた)げる」と心配する声もある

コ 学校で使う教科書はどう決めるの?

A 公立の学校は各地の教育委員会が教科書を比べて選ぶ。「採択(さいたく)」ともいう。これに関連(かんれん)する地方教育行政法(ちほうきょういくぎょうせいほう)も去年変わった。自治体のトップと教委が入る「総合教育会議(そうごうきょういくかいぎ)」が新しくできて、教育全般(ぜんぱん)の方針を話し合う仕組みになった。
政治家であるトップの考えが採択に影響(えいきょう)するかもしれないと言われている
(岡雄一郎)


これに比べて東京新聞はあからさまだ。

東京新聞社説(同上)
中学教科書検定 「なぜ」考えさせる授業に


 来春から中学校で使われる社会科教科書は、日本の領土に関する記述が豊富になる。安倍政権の意向が反映された形だ。
中身をうのみにさせるのではなく、なぜなのかを考えさせる授業が大切だ。

 文部科学省は一年前、社会科教科書の検定基準を見直した。例えば、近現代史では政府の統一見解や最高裁の判例があれば、それに基づいて記述するとした。
 教科書作りの指針となる中学校と高校の学習指導要領の解説書も改めた。地理や歴史、公民の分野で、北方領土のみならず、竹島と尖閣諸島を「固有の領土」などと明記するよう求めた。
 日本を悪者扱いばかりする。国益を損ないかねない。そうした偏った見方を排し、愛国心を養うといった教育基本法の目標にかなう教科書にそろえる狙いからだ。

 合格しないと日の目を見ないから教科書会社は従うほかない。竹島と尖閣諸島の領有権を取り上げたのは三分野の全十八点に上り、日本編入の経緯も記された。

 バランスの取れた教科書に仕上がったといえるのだろうか。教科書会社の考え方によって扱い方の大小に差が出るのは当然としても、気がかりなのは中身だ
 日本の立場については、竹島は「韓国が不法占拠している」、尖閣諸島は「領有権の問題は存在していない」などと横並びの表現をしている。外務省のホームページを参照したケースも多いという。
 ところが、韓国や中国の主張も、対立の歴史的背景も見当たらない。これでは子どもたちに政府見解ばかりが刷り込まれ、敵対心をあおりかねない。なぜ問題になっているのかという素朴な疑問を素通りしては教育とはいえまい。 竹島について韓国は「朝鮮の古い文献や地図に載っている」、中国は尖閣諸島をめぐり「日本が日清戦争を通じてかすめ取った」などと反論している。先生は授業で取り上げ、子どもたちと共に調べ、議論する工夫が欠かせない。
 歴史では、新規参入の教科書会社が初めて一九九三年の河野談話を載せた。自虐史観批判を受けて、十年前に教科書から消えた慰安婦問題が再び登場した
 無論、軍や官憲による強制連行を示す資料は発見されていないとする政府見解も、併せて紹介している。検定の決まりを守れば、題材選びは自由と心得たい。

 重要なのは、子どもたちに正確な素材を多く与え、考える機会をつくり出すことだ。大人の萎縮は教育の放棄につながりかねない


(引用終わり)

要約すれば、竹島や尖閣諸島の領土問題は、韓国や中国の言い分も教科書に載せろというのである。

「これでは子どもたちに政府見解ばかりが刷り込まれ、敵対心をあおりかねない」

馬鹿なこと言っちゃあいけない。
領土問題は日本国(政府)の見解を載せるだけで十分だ。
教師が中国や韓国が不当な言いがかりを付けてきていると教えればよい。
そうすれば、そこで初めて「敵対心」が生まれるだろう。

産経新聞社説は・・・

「新検定基準では、政府見解や確定判決を踏まえることや、見解が分かれる事柄はバランスよく取り上げることを求めている。こうした当たり前のことが守られず、どこの国の教科書か分からない記述が少なくなかった」

と今までの偏向した教科書を批判している。
どちらが本当で正しいのか。

「大人の萎縮は教育の放棄につながりかねない」とは何を言いたいのか。

自虐史観を教え込もうとする左翼教師が萎縮して教育を放棄してくれるのは結構なことではないか。
それが不満だというなら、東京新聞は日本を解体しようとする左翼分子の片棒を担いでいるいうことになる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:00  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

朝日新聞のいう創意工夫とは嘘、捏造、歪曲をいう。
売春婦の強制連行、南京大虐殺がいい例だ。
名無し |  2015.04.08(Wed) 12:47 |  URL |  【コメント編集】

左翼番組『ちちんぷいぷい』15/04/07(火)

◆教科書検定に批判的発言

秋山豊寛(京都造形芸術大学教授。日本人初の宇宙飛行士。現在は大学で「農作業」「メディア論」を教える)

秋山豊寛
「問題は、政府の統一的な見解がある場合にはそれに基づいた記述って言うと、これは竹島とか尖閣とかああいう領土問題についても政府の言う事を言うのはそういうものでしょう。

取りあえず日本としてはこういう立場を取っていますよと。だからそれだけが突出してね、現代に事実上起こっている中国との関係、韓国との関係、

向こう側がどう主張してるか、そういう事も併せて書いてないと。
教科書っていうのはあくまで生徒達が理解するためのですからね。何かを広報する為のものじゃないって事に戻って考えれば、
その辺の所がどういう方針でやるかっていうのはハッキリしてくるんじゃないかって気はしますけどね。」
 |  2015.04.08(Wed) 15:22 |  URL |  【コメント編集】

★太川陽介(俳優)と田中ウルヴェ京(鹿屋体育大学客員教授)に反論する

15/04/07(火)報道番組『ゆうがたLIVEワンダー』にて、今回の中韓から反発が出た安倍政権での中学教科書検定について、太川陽介と田中ウルヴェ京から反日左翼的発言が発せらた。


岡安キャスター
「下村文科大臣が言うのは、『影の部分のみならず光の部分を含めてバランス良く』教えることが必要だという事なんですね。」

太川陽介&田中ウルヴェ京(不服そうな表情で聞く)

岡安キャスター
「実際にどう改訂されるのか、ご覧頂きましょう。
これは歴史の教科書ですが、例えば領土について、これまでの教科書は島根県の竹島、沖縄県の尖閣諸島については地図や写真で紹介してあって詳しい記述については余り見られなかったんです。

それが新しい教科書では、『日本固有の領土』と明記。併せて載せましょうと。」(太川陽介ら不服そうな表情)

藤本アナ
「という風に国の見解を発信してますっていう事を載せているという訳ですね。」

岡安キャスター
「今までは載せていない教科書もあったぐらいで、例えば尖閣諸島についてはこういう記述が2.6倍に増えているとか数自体も増えている。

そして、戦後補償について『1995年の村山談話で国の公式謝罪だけ掲載。』これが今までの教科書です。
これがどう変わったかと言うと、『日本政府は国家間の賠償などの問題は解決済み』と明記しましょうと。日本政府のスタンスも併せて載せましょうという事なんですね。

先程、下村文部科学大臣の『バランス』って意見がありました。要は両方載せましょうという事なんですよね。

慰安婦問題については、これまでの教科書では『元(韓国人)慰安婦女性の証言のみ掲載』していたのが多かったんですが、
新しい教科書は『軍や官憲による強制連行を示す資料は発見されていない』と追記という事なんです。

(中略)
田中ウルヴェ京(鹿屋体育大学 客員教授。2児の母)
「ただここで大事ですよね?光と影ってとっても良い言葉だと思います。バランスって大事なので。光と影って事はつまり日本にとっての光、影は逆に他の国からどういう風に見えるだろうね?って
事ですよね?つまり明確な私達の日本のスタンスを出しながらも、これってでも他の国から見たらどういう風に見えるだろうね?っていう事の思考能力を入れる事が
これから考える力って大事になりますから、例えばこれってヨーロッパでは当たり前のようにやりますものね。 ドイツとかフランスってお互い喧嘩しながらも、ドイツから見ればこれだねってっいう事ですものね。
(←日本をドイツと重ねるという中韓等の反日勢力の言い分を思い起こさせる。中韓がどう見てるかを気にし過ぎて日本に自虐的な姿勢で主張しているが日本の教師はこんなのが多い。また中韓が歴史捏造しているという事実を指摘しないのが反日左翼の特徴。)

藤本アナ(田中ウルヴェ京を見ながら諭す様に)
「中学の教科書ですから、まずベースを作りましょうっいう事ですよね。」

橋本崇(報道デスク)
「まず自分達の国の事を自分達が知らない事には相手方と話が出来ませんし、どこで食い違ってるのかが分かりませんので、
まずは中学の段階では、日本政府のスタンスはこれだよっていうのを、ベースとなる部分を学んでもらって、それから高校大学に行くに従って諸外国の人の話を聞いたり
色んな人の話を聞いて知見を広げる、人格形成するっていうのが正しいんじゃないかと思いますね。」

藤本アナ「今回の検定について太川さんいかがですか?」

太川陽介
「ま、歴史っていうのは未来どうしたらいいのかっていう考える為の参考になるものじゃないですか。
僕はバランスとか何とかってよりも、事実が載ってれば良いなあと。僕は思うんですね。」(←太川陽介は今回バランスを取る為に日本側の主張を載せた事に不満なようだ。確かに今回の検定ニュースの間ずっと不服そうな表情をしていたし日本政府の見解を載せた事を評価する発言も無かった。
中韓の主張に気を使った内容しか書かれてなかった教科書を今回やっと是正したニュースなんだから、日本人としては喜ぶ内容だとは思ったが。)

藤本アナ「今回の教科書の意味、意義を橋本デスクはどの様にお考えですか?」

橋本崇(報道デスク)
「先程言いました様に、多角的な見方を持つ事は子供にとって大事ですけれども、
その為にはまずはベースが無ければいけないっていうのはあるので、その意味では今回の教科書検定は『評価出来るバランスを取った』と言いますか、
フェアなものだったのかなと思います。一方で東日本大震災も今回たくさんの教科書に入りまして、津波が来たら皆でバラバラに逃げるんだっいうのも書かれてるのもあって、
やっぱり時代と共に変わっていってどんどん進化していくっていうのが教科書の正しい在り方かなという風に思います。」
(↑これが正論だと思う。太川陽介や田中ウルヴェ京とは違う意見で締めくくれた事は良かった。)
 |  2015.04.09(Thu) 15:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3088-f915c3bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |