2015.04.05 (Sun)


リベラル番組は「放送法違反だ」と八木秀次氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


12345反日0045

 SAPIO5月号は「誰がテレビを殺したのか」特集である。
実際にはテレビは決して死んでいるわけではなく、安倍政権への批判の垂れ流しである。
古賀茂明という元官僚のコメンテーターがテレ朝「報ステ」で古館伊知郎と仲間割れして公共の電波で見苦しい姿を晒したが、安倍政権が古賀コメンテーターを殺したわけではなく、彼が自滅したのだ。

 保守派の論客、八木秀次氏が「テレビはリベラルが偏重されてきた」と書いていると知って早速SAPIOを読んでみたが、誌面の半分以上は安倍政権批判で落胆した。

くだんの古賀氏以下、リベラル派の森永卓郎、勝谷誠彦、大谷昭宏などが書いているから推して知るべし。
大谷昭宏などは「視聴率の稼げない安倍首相にNHKだけが付き合わされている」などと酷いものだ。

「私自身、過去も現在のテレビ局の圧力を受けたことはない」と威張っているが、圧力を受けるほどの影響力も無い小者のネズミ男に過ぎないというだけのことである。

「キレる、スネる、開き直る NHK籾井会長はいまだに公共放送が何たるかを知らない」(本誌編集部)

「我々はなぜ"変な人"籾井K会長の独裁を許してしまったのか」


と籾井NHK会長も散々。
日刊ゲンダイ並みの内容である。

 一方では巻頭言に「中国人スパイを取り締まれぬ日本の欠陥」と取り上げてみたり、櫻井よしこ氏の解説の後に通州事件と通化事件を紹介するなど支離滅裂。

テレビ局は今こそ、ゴールデンタイムで「憲法改正」を論議せよ!(八木秀次)

リベラル派のコメンテーターしかいない

昨年の総選挙前、自民党がNHKと在京民放キー局に対し、総選挙の報道にあたって「公平中立、公正の確保」を「お願い」する文書を送り、後日、そのことが明らかになると、政治からテレビに対する「介入」「圧力」だと批判された。だが、その批判は的外れだ。

 テレビ局が守るべき規律を定めた放送法は、その第1条で「放送の不偏不党」や「健全な民主主義の発達に資するようにすること」を求め、そのため第4条で「政治的に公平であること」「報道は事実をまげないですること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と定めている。

つまり、自民党は改めて「放送法の通りにお願いします」と言ったに過ぎない。 なぜそうした要望を出す必要があったかと言えば、これまでテレビ局がこの原則を無視し続けてきたからだ。
 古くは「椿事件」が有名だ。1993年の総選挙で非自民の細川連立政権が誕生したが、その後、民間放送連盟の会合で、テレビ朝日取締役報道局長(当時)の椿貞良氏が「自民党政権の存続を絶対に阻止し、反自民の連立政権を成立させる手助けとなる報道をする方針を局内でまとめた」という趣旨の発言をしたのである。実際、「ニュースステーション」の久米宏氏や「サンデープロジェクト」(いずれもテレビ朝日系)の田原総一朗氏が政権交代を積極的に支持し、そのため細川連立政権は「田原・久米政権」と呼ばれた。民主党政権が誕生することになった2009年の総選挙の際も、自民党のベテランに挑戦する民主党の「小沢ガールズ」が好意的に取り上げられた。私は、ローマ時代に円形競技場のなかで繰り広げられた女性剣士が猛獣を倒すショーを想起した。それほどに扱いは一方的だった。

(Ponko:そういえば、「姫のトラ退治」とか言って姫井由美子が自民党の大物議員・片山虎之助氏を破ったこともあった)

 これらのテレビは、明らかに放送法違反だった。少なくともその精神を踏みにじっている。その構造は、実はいまも続いている。その典型がニュース番組のコメンテーターで、「報道ステーション」(テレビ朝日系)、「ニュース23」、「報道特集」、「サンデーモーニング」(いずれもTBS系)などは、出演するコメンテーターがリベラル、左翼系だけということが多い。

 逆に、私のような保守系が単独で出演することはほとんどなく、多くはリベラル側のカウンターパートとしての出演である。
最近、リベラル側の論客が次々干されていると言われているが、むしろリベラル側の意見だけが偏重されてきたこれまでが異常だったのだ。  

 その意味で、自民党の「お願い」は「介入」でも「圧力」でもなく、当たり前の意見にすぎない。昨年11月18日、安倍首相はTBSの生放送に出演し、景気回復について否定的な街頭インタビューが多く流されたことに 「選んでますね」「おかしい」と発言したことも批判されているが、これもあくまで首相は、事実に基づく公平を求めたに過ぎない。
 実はその背後には、一般国民の同様の声がある。以前は「物言わぬ多数」だった一般国民が、インターネット、とりわけSNSの普及によって自らの意見を表明する手段を獲得し、メディアを批判するようになった。メディアが一番恐れているのはそうした一般国民の声であり、それと対峙する勇気はない。だから、メディアに「お願い」する政権を批判しているにすぎない。


(以下、激しい議論を避けたいテレビの弊害に触れて「テレビはゴールデンタイムで憲法改正を巡る討論を放送すべきだ」と結語している)

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:09  |  これぞ正論  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★まさしく!

TBSへの首相発言もまさしく「公平にやってね」ていうお願い。
それを「権力者がお願いとはなんだあ!圧力だあ!TBSにお願いとは無礼だあ!」(古賀氏によれば、圧力とはうけた側がどう感じるかだという!)

・・・・さすが、足組み踏ん反り蛙で首相インタビューするTBSだけのことはある!
TBSは安倍首相報道に関して、れっきとした極めて悪質な前科があり、総務省に注意されても蛙の面に小便状態で繰り返してきているにも関わらず。
まさに盗人猛々しい。当たり屋三宅や肩ぶつけてどうしてくれんだよォ!と因縁付けて恐喝するのが今の左翼リベラルマスコミ。

籾井会長発言も就任決定時から虎視眈々と狙いすまし、就任会見で甘い言葉で「個人的見解でもいいから是非」と執拗に誘って「じゃ、個人的見解だけど・・・・」と言えば、朝日は(やったーまんまと罠に掛かりおったわい!)「ここで個人的見解は有り得ない!許さん!辞任だあ!」
周りのマスコミもその「個人見解誘導」にも制止せずに加担!

あげくの果てには「個人的見解自体さえ会長としてふさわしくない!」と個人の思想信条見解まで否定する! さらにさらには中共や左翼過激派そっくりの「吊るし上げ」総がかりで会長一人を取り囲んで罵声を浴びせ集団テロ状態」
こんなのを昨年就任以来(最初は2・3ヶ月もほぼ連続国会で!)延々とやってきた。
先日の「ハイヤー問題」も言いがかり・因縁付けだったのが明白になったにもかかわらず、さも犯罪者かのように扱い・報道し・国会で野党内で長期吊るし上げたにもかかわらず・・・・謝罪の一言も無し!(TBSの一部であったか)

それをこともあろうに「キレる、スネる、開き直る、変人の籾井会長」とは恐れ入る!まさに盗人猛々しいとはおまえらのことよ!
・・・・まさに「金正恩が安倍首相をヒトラー呼ばわり」するに似たり!
恥を知れ!(知るわきゃないかw)
バーバー黒猫 |  2015.04.05(Sun) 23:58 |  URL |  【コメント編集】

★放送法を厳密に護れ!

 今の様な反日一色の放送局の暴走を許したのは、明らかに放送法を順守させなかった総務省の責任である。
 法規を守らせない管理担当相の大臣及び官僚を厳しく糾弾する方法を考えていかなければならないときはとっくに過ぎてしまった。
 この始末には相当の強者の登場が待たれる。
tbsasahinhk |  2015.04.06(Mon) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

与那国島へ自衛隊を配備するかどうかの住民投票で、配備するが配備
しないを相当上回った時の報道が、殆どなされなかった。全ての局で同
様で、NHKが最もその報道が少なかったように思われた。もし、この結果
が逆に、配備反対派が一人でも多かったら、全マスコミは大騒動したので
はと思っている。普天間基地の辺野古移設に関しても、反対の意見ばかり
報道している。放送法など完全に無視されている。そのための組織である
BPOも聞くところによると、マスコミ関係者ばかりで構成されており、何の
意味もない組織と聞いている。マスコミは完全にシナに席巻されており
国民がテレビなど見ないようにしなければ、改善されることはないと思う。
おっさん |  2015.04.06(Mon) 13:41 |  URL |  【コメント編集】

そもそも放送法には罰金刑などあるようだが誰がどのような基準で適用するのだろうか?こんな恣意的に運用出来る抽象的な条文でまさにザル法ではないか。そして過去に一度でも罰せられた者は居るのだろうか?

どうせ犬HKをはじめテレビ局、電痛などは大口の天下り先だろうから総務省は頭が上がらないのだろう。ゲンダイの見出しで今度は高市総務大臣をスキャンダルネタで狙っているようだ。

まさに日本人の敵は日本人だ。
零 |  2015.04.06(Mon) 21:34 |  URL |  【コメント編集】

例えば捏造報道したら一週間の停波処分にすべき。
 |  2015.04.07(Tue) 02:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3082-3688488c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |