2015.04.01 (Wed)


渋谷区、同性パートナー条例可決の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

朝日・毎日が歓迎 産経は懐疑的

 東京都渋谷区は昨日、「同性パートナー条例」を可決し本日から施行される。
採決は議長を除く31人で行われ、最大会派の自民7人と無所属の計10人が反対。
民主、公明、共産会派など21人が賛成した。

保守派は当然反対する。
それは「性的少数者」の存在を否定するのではなくて、条例の必要性に疑義があるからだ。
誤ったフェミニズム、ジェンダーフリーは国を滅ぼす。

 当事者は「今後は同性婚の議論も広がってほしい」と早く同性婚を認めない憲法の改正に向かって進むようだ。
最初は「決して同性婚を認めろということではなくて、入居時などの不便を取り除いてもらうため」と控えめだったが条例が可決すると思った通り豹変した。
おそらく彼女等は日本を破局に導く誤ったフェミニズムやジェンダーフリー運動の旗手として今後利用されていくだろう。

 記者会見した桑原敏武区長は「国政においても(議論となり)、人権上の課題として一石を投じる歴史的な一ページとなった。少数者を支援する仕組みとして有効に活用し、個性の発揮できる社会にしたい」と強調した(毎日新聞4月1日)と何か高揚感に満ち満ちて得意げだが果たしてそうか。

朝日、毎日の反日新聞が大歓迎している一方、産経新聞は懐疑的だ。

同性婚、道開く一歩 渋谷区で条例成立」(朝日新聞)

「 東京・渋谷区:パートナーシップ条例成立 同性カップル、権利前進 議論拡大、期待高まる」(毎日新聞)

憲法9条の改正に絶対反対の朝日新聞が、「同性婚」という憲法違反を犯しているのはお笑いだ。

朝日新聞が喜んでいるということは、やっぱり間違っていることに違いない。

産経ニュース(2015/4/1)
渋谷区・同性パートナー条例 「何を証明するの?」不動産業者など戸惑い


 同性カップルに対して「結婚に相当する関係」を認めるパートナーシップ証明書が発行できるよう盛り込まれた渋谷区の条例。31日に成立した全国初となる条例に対し、区民からは賛否の声が入り交じる一方、不動産業者など区内の事業者の間には「証明書が何を証明するものなのかが分からない」といった戸惑いの声が広がった。

 「(同性婚は)世界では認められてきていて、日本だけが遅れていると思っていた。条例は世界の流れを受け入れるためにはいいのでは」と区役所を訪れた70代の女性は評価した。
 犬の散歩をしていた50代の女性会社役員は「憲法違反という意見もあるけど、証明書が必要な人の元に届けば意義があるものになると思う」。男性会社員(23)は「好きな人同士が一緒にいることは悪いことではないと思う。同性婚を認めるきっかけになればいい」と話した。

 ◆いつの間にか…

 一方、区役所近くに住む男性は「この条例は急に出てきた話で、いつの間にか成立してしまった。今後も、区民に十分な説明がない状態で、さまざまな制度が決まっていくと考えると怖い」。また、70代の自営業の男性は「法整備もされていない中で、同性婚を認めるような内容は、自治体単位で話し合うようなものではない」と批判した。

 渋谷区は条例について「同性カップルがアパートの入居や病院での面会を家族ではないとして断られるケースが多いことから、性的少数者への支援策として作成した」と説明する。

 ◆逆効果の指摘も

 だが、区内の不動産会社は、これまでも同性同士でルームシェアをする入居者を「友達同士」として家主に報告し、受け入れてきたと述べ、「証明書を持って『カップルです』と宣言されれば、それを家主さんに報告しなければならない。そうすると、お年寄りが多い家主さんは腰が引けてしまい、逆に部屋を借りづらくなる可能性があるのでは」と困惑する。

 別の不動産会社は「同性だろうが、異性だろうが、トラブルがなくて身分がしっかりしていれば、通常は入居できる。区が出す証明書が何を証明するものなのかが分からず、持ってこられても困ってしまう」と疑問を呈した。

 また、区内の医療機関では「全国で初めての条例で、病院としてまだ組織的な話ができていない。法的拘束力はないというが、条例の中身を吟味して、協議していきたい」と話した。

【用語解説】パートナーシップ証明

 渋谷区議会で31日に可決・成立した男女平等や多様性を尊重する条例に盛り込まれた制度。性的少数者への支援策で、区内在住の20歳以上の同性カップルが対象。証明書を取得すると、事実上の「夫婦」として区営住宅へ申し込みができる。また、事業者側の判断によるが、事実上の「夫婦」として民間の賃貸住宅への入居や、会社での家族手当の支給なども可能になるとしている。


 産経新聞は賛成派の同性愛者の都議と懐疑的な長谷川三千子名誉教授のインタビューを載せている。

産経新聞(2015/3/8)
金曜討論「同性パートナー条例」


【長谷川三千子氏】

 --同性カップルへのパートナー証明書をどうみるか

 「実はもともと、同性愛を堅苦しく禁じてきたキリスト教文明とは違い、われわれの文化では同性愛についての違和感は薄い。問題は同性愛を結婚という制度に結びつけることにある」

--なぜ問題なのか

 「忘れてならないのは、人間も生物なのだということ。地球上に生物が誕生し、少なくとも5億年前から有性生殖が始まった。もし有性生殖が始まらなければ、生物の進化もなく、人類が誕生することもあり得なかった。われわれは5億年の有性生殖の歴史を背負って生きている。言い換えれば、われわれもまた雄と雌とが一緒にならないと次の世代を生み出せない生物なのだということ。そして、次の世代が生み出せなければ、人類はたちまち絶滅する。この生物としての宿命を制度化したものが結婚制度であると私は思う。それを考えると、同性婚とはまさに生物5億年の歴史に逆らう試みといえるでしょう」

 --家族制度を見直すきっかけになるという意見もある

 「むしろ逆に、結婚を認めろと主張する同性カップルには、どうしてあなた方は『結婚』にこだわるのですか、と聞き返したい。家族制度とは何を本質とするものなのかをしっかりと考えてほしい。人間以外の生物は、家族制度などというものがなくても次の世代を維持してゆくことができる。ところが、いわゆる本能の力が衰えてしまった人類は、慣習や制度の力を借りて、かろうじて生物としての存続を維持している。そのことを忘れて勝手に制度をいじったりすると、自然から手痛いしっぺ返しを受ける。実は少子化の問題もここにつながっている」

--渋谷区の条例案の背景には、同性カップルがアパートの入居や病院での面会を断られることがある

 「これは今回の問題とは切り離して考えるべき問題。むしろもっと一般的な形で、身寄りのない友人同士が同居して暮らしている場合、家族に準じた扱いを可能にするといったことも必要かと思う」

 --条例案が可決されれば早ければ夏ごろにも証明書が発行される。制度がもたらす国内への影響は

 「米国では州ごとに同性婚を認めるところが出てきて、これは世界中で一つのはやりになりつつあると思う。先ほど述べた通り、かつてキリスト教文化圏では同性愛があまりにも堅苦しく禁じられていた、その反動があるのかもしれない。いずれにしても、それを追う必要はなく、この条例案が国内へ影響をもたらすなどということにはなってほしくない。男性同士、女性同士の恋愛は少しもかまわない。でも、それは結婚ではないのです

【プロフィル】長谷川三千子

 はせがわ・みちこ 昭和21年、東京都生まれ。68歳。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。専門は哲学。著書に「バベルの謎-ヤハウィストの冒険」「からごころ-日本精神の逆説」など。

産経ニュース(2015/3/31)
渋谷の同性パートナー条例に賛否 「結婚の意義脅かす」「受け入れ大事」

.
 「結婚に相当する関係」を認め、同性カップルにパートナーシップ証明書を発行する東京都渋谷区の条例が31日、成立した。全国初となる条例に、性的少数者の当事者たちからは喜びの声が上がる一方、「婚姻制度を脅かす」と懸念の声も出ており、条例をめぐる議論は続きそうだ

 「渋谷区をきっかけに、LGBT(同性愛者、両性愛者、性別に違和感のある人)を支援する動きが全国的に広がり、区の条例は意義のあるものだと考えている」。同性愛者であることを公表して当選した元東京都豊島区議の石川大我(たいが)氏(40)は声を弾ませた。
 渋谷区にとどまらず、同様の動きはほかの自治体にも広がっている。東京都世田谷区の保坂展人区長は、同性カップルをパートナーとして公的に認める制度に「区長判断でできることに絞り、具体化したい」との見解を示し、横浜市の林文子市長も「社会の一員として受け入れていくのは大事」と支援について検討する考えを表明している。
この日の区議会を、パートナーの会社経営、増原裕子さん(37)と一緒に傍聴した元宝塚女優の東小雪さん(30)は「本当にうれしい。裕子さんとは証明書が発行されたらすぐに取りにいこうと話しています」と喜んだ。

12345八木秀次

 一方、麗澤大の八木秀次教授(憲法学)は「条例により、渋谷区内の学校では男女の婚姻関係と、同性の関係を同列に教えなければならなくなる。教師や親たちに混乱が生じるのは目に見えている」と懸念する。
 八木教授は、同性カップルがアパートの入居や病院での面会を家族ではないとして断られる問題について、「個別具体の対応で解決できる。そこから、『結婚に相当する関係』につながるのは、あまりにも飛躍している」と指摘。
 その上で、八木教授は「次世代を生み出す男女の婚姻関係は法で保護されており、渋谷区の条例は結婚の意義を脅かす存在だ。法で認められていない同性婚を認めるような内容は、一自治体で扱うテーマではなく、国レベルでの議論を尽くすべきだ」と強調している。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:03  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★公明党議員、民主党議員などが平成27年3月31日に渋谷区議会において強行可決した渋谷区同性パートナーシップ条例は、完全な日本国憲法違反です。

里美です。

【保存版】

公明党議員、民主党議員などが平成27年3月31日に渋谷区議会において強行可決した渋谷区同性パートナーシップ条例は、完全な日本国憲法違反です。法的に何の効力もありません。

内閣法制局長官、首相官邸、自民党本部、次世代の党本部へ完全無効化するよう何回も強く要求しましょう。(葉書、FAX)

ところで、

平成27年4月1日
渡邉哲也 @daitojimari · 2 時間 2 時間前 条例を制定する前に、内閣法制局の審査を義務付ける法改正が必要だと思います。 法と整合性のない、違憲性や違法性、法の矛盾をはらんでいる法治国家として許されない条例が多数存在する。

ご参考:
同性カップルと同性婚は、子供ができず、日本国民経済を悪化させることになり、かつ、帰化未帰化在日韓国人による夫婦別姓(姓名韓国人化)・同性婚(韓国式事実婚)・日本国戸籍制度解体・日本国家族制度解体へつながります。夫婦別姓(姓名韓国人化)と同性婚(韓国式事実婚)は、日本国憲法違反です。
敦子 |  2015.04.02(Thu) 01:29 |  URL |  【コメント編集】

★左翼の政党内で同性婚のサンプルが、有れば観察に値する。

身体的精神的に男女に於いて肉体の不一致は、起こっている。
これも自然現象の一つであると思う。
人工的に創られた宦官とも違う一形態である。
さてこのような人が、軍隊に居たとしたらどうなるか?
同性愛者の入隊を拒むことは、可能なのか?
規律を重んじる軍隊の中で、どの様な問題が生じるのか見当もつかない。
イスラエルの軍隊の動画を見ると男女とも兵役がありそう言う問題は、発生しているのか解らないが、戦時であっても無いとは限らない。
昔は、こんな問題が起こるほど性の不一致は、居たには居たが、公に少なかった様におもう。
時代世相の産物か?
katachi |  2015.04.02(Thu) 01:42 |  URL |  【コメント編集】


井上太郎 @kaminoishi · 15時間 15時間前


憲法の第24条は両性の合意のみと婚姻について規定してます。

渋谷区での同性カップルに結婚相当と認める証明書の発行が条例で

可決されましたが、憲法違反の可能性があると思います。

民主・共産・社民は賛成ですが、憲法の改正にまで言及できるのでしょうか。

何でも自由だ人権だは人として間違いです。




* |  2015.04.02(Thu) 09:24 |  URL |  【コメント編集】

同性愛 どうぞご勝手にって感じです。
しかし条例が成立したからと言って横断幕を掲げてほこらしげな態度をとることはないだろ。内輪でよかったねと喜べばいいだけ。あと私が大家だったら同性愛のカップルに部屋貸さないよ。
たかさん |  2015.04.03(Fri) 00:07 |  URL |  【コメント編集】

渋谷区笹塚でアパート住まいしていた独身の頃、隣室にレズ二人が移り住んで来て、嬌声が漏れ聞こえてきた。そのうちどちらかの中年男が参加してやかましかったのを思い出す。
ponko |  2015.04.03(Fri) 11:16 |  URL |  【コメント編集】

結婚の意味を判らない人間が多すぎる。同性同士で同じ家に住むことは
禁止されていないので、自由にやればよい。しかしそれと結婚を同じにす
ることは大間違いだ。それないの対応ができるはずだ。むしろ精神病患者
として考えた方が良いのかもしれない。
おっさん |  2015.04.03(Fri) 14:33 |  URL |  【コメント編集】

くだらん
つよし |  2015.11.19(Thu) 10:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3074-290844df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |