FC2ブログ

2015.03.23 (Mon)


稲田朋美氏、慰安婦訂正の次は「百人斬り」を


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

談話の内容は安倍首相に任せろと

 産経新聞の阿比留瑠比記者らが稲田朋美政調会長にインタビューした記事を読んだ。
稲田氏は朝日新聞の慰安婦問題捏造のつぎには、朝日と毎日が戦時中撒きちらした「百人斬り」のデマを訂正すべきだと述べた。

 稲田氏はご存知のように政治家になる前は弁護士であり、「百人斬り」の汚名を着せられ戦後の占領軍によって処刑された二人の日本人将校の遺族を弁護して戦ったが惜しくも左翼高裁の前に敗訴した。

今年中韓が日本に向けて火蓋を切った「歴史戦」に打ち勝つためにも、まずは日本自身が内を固めなければならない。

産経新聞(2015/3/23)
稲田朋美・自民党政調会長 「慰安婦の次はぜひ『百人斬り報道』の訂正を」
「首相70年談話は何も心配ない」


conv0011.jpg
稲田朋美政調会長=衆院議員会館(阿比留瑠比撮影)

 かつて弁護士として「百人斬り」名誉毀損訴訟などを手がけ、保守派の論客として知られる自民党の稲田朋美政調会長が、産経新聞のインタビューに応じた。詳報は次の通り。

 昨年は朝日新聞が慰安婦問題に関する一部記事を取り消して謝罪した。
でも、朝日新聞も毎日新聞も、昭和12年の南京攻略戦で旧日本軍の将校2人が、日本刀で「百人斬り」競争を行ったと書いた記事は取り消していません。慰安婦問題の次はこの問題をぜひ訂正してほしい。
 百人斬りは東京日日新聞(現毎日新聞)の浅海一男記者の創作記事であり、日本刀を持った将校2人の写真を撮った元同紙カメラマン、佐藤振壽(しんじゅ)さんも「あれは戦意高揚のための記事で、あり得ない話」だと言い続けていた話です。
 百人斬りが嘘であることはもう決着がついたと思っていましたが、いまだに中国の抗日記念館で展示されたり、日本の学校で先生がプリントを配って教えたりという状況がある。
(中略)
安倍晋三首相が今夏に出す戦後70年談話に関しては、まず首相自身の談話だということを踏まえたい。「変なものが出たら世界から歴史修正主義といわれて困る」とか言う人がいるけど、首相は基本的な方針は国会などで述べている。
 過去に対する痛切な反省、平和の歩み、未来志向など。しかも有識者会議も設置し、いろんな各界のバランスのとれた人たちに議論してもらっている。その上で出すのだから、何を心配することがありますか。
 そもそも今までの村山富市首相(当時)の戦後50年談話、小泉純一郎首相(同)の60年談話は党内で議論したとか、そういう経緯は全くない。それに比べても、首相がきちんとこういうラインでいくと言っているのだから、首相に任せたらよいのです。(聞き手 阿比留瑠比、力武崇樹)

(引用終わり)

 ただ、安倍首相の談話について「何も心配することはない」と言ったというので、「痛切な反省」や「謝罪」はしないという意味かと思ったら、そうではなくて、従来の談話を踏襲するから心配するなという意味らしい。
確かに「首相にまかせたらよい」のだが・・・


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:14  |  歴史認識  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

日本の侵略戦争だとか、西欧の植民地支配と同じことを意味する
植民地支配をしたとかを入れたら、日本の将来はお終いでしょう。
この誤った戦勝国史観を払拭しなければ、日本の未来はありません。
パール判事も既に昭和27年には誤った歴史は糺さなければならない
と言われています。戦後70年戦勝国史観に逆らわずに、唯々諾々と
してきた政治が、外交が問題なので、これを改めるのは今しかないでし
ょう。朝日新聞が、強制連行報道の誤りを認め、河野談話のいい加減
さが判明し、ヘンリー・ストークス氏、ケント・ギルバート氏
トニー・マラーノ氏、マイケル・ヨン氏等が米国での厳しい調査の結果、
慰安婦は性奴隷などではないことが証明されていると言っておられます、
この機会を利用しない手はありません。
侵略戦争ではないことは昭和26年5月3日の米国上院の軍事外交合同委員
会の席で、マッカーサーが証言しており問題はないし、日韓併合後、日本
が朝鮮で実施したさまざまなことをデーターを示して説明すれば、問題は
ありません。
おっさん |  2015.03.24(Tue) 07:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3051-8e69da3f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |