2015.03.23 (Mon)


沖縄知事 辺野古作業中止指示の暴挙


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


沖縄はゆすりたかりの名人を実証

 翁長雄志沖縄県知事の暴走がついに始まった。
一地方の首長の分際で、前知事が約束した国の安全保障に関わる重要な決定を覆そうとしているのである。

産経ニュース(2015/3/23)
沖縄知事、辺野古海底作業停止を指示 手の平返した県
昨年は図面・協議「不要」「知事の意くみ豹変」県幹部指摘


conv0010.jpg

 沖縄県の翁長雄志知事は23日記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部で海底作業を停止するよう沖縄防衛局に指示したと発表した。許可取り消しで海底ボーリング調査など防衛省の海上作業を阻止する狙いがある。防衛省はボーリング調査には岩礁破砕許可は不要との主張を崩さず、許可が取り消されても調査を続行する方針だが、埋め立てを行えなくなる恐れがある
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で、岩礁破砕許可をめぐる防衛省と沖縄県の交渉の全容が22日、明らかになった。防衛省は岩礁破砕許可を得る海域の外でコンクリート製ブロックなどの重りを設置することを示す図面を提示したが、県水産課副参事(課長級)が許可申請書から図面を削除させていた。副参事は重りの設置に許可が必要か話し合う協議も不要と回答していた。しかし、翁長雄志氏の知事就任後、副参事は岩礁破砕許可の取り消しに向けた検討を主導しており、県側の「つじつまの合わない対応」(自民党幹部)ぶりが浮き彫りとなった。
(中略)
防衛省幹部は「慎重を期して資料を提示し協議が必要かも確認した。資料を削除させておいて(副参事が)今になって埋め立て予定区域の外に重りを設置することは聞いていないと主張し、新たな許可や協議を求めてくるのは不合理だ」と批判。県幹部からですら「移設反対の知事の意をくんで対応を豹変(ひょうへん)させた」との指摘が上がっている

(引用終わり)

これに対し、防衛相が沖縄県を批判したのは当然である。

産経ニュース(同上)
防衛相が沖縄県批判 岩礁破砕取り消し検討で 普天間飛行場辺野古移設


 中谷元・防衛相は23日、沖縄県の翁長雄志知事が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部での海底作業を停止するよう沖縄防衛局に指示文書を提出したことについて「この期に及んでこのような文書が提出されたことは、はなはだ遺憾だ」と県側を批判した。
 翁長氏は改定作業を中止しなかった場合、岩礁破砕許可の取り消しを検討しているともしている。その場合の対応について「仮定のこれからの質問でありますので予断を持ってお答えするのは差し控えたい」と述べるにとどめた。
 また、中谷氏は「(海底作業は)県知事が定める沖縄県漁業調整規則等を踏まえて十分な調査を行った上で実施している」とも述べ、改定作業を継続する意向を示した。

(引用終わり)

もう一度、池田信夫氏の「こども版 沖縄県知事は『ゆすりの名人』なの?」のサワリを読み直してみよう。

それ(翁長県知事当選)まで知事だった仲井真さんは去年の暮れに辺野古移転を認める見返りに、8年間で2兆4000億円(県民ひとり170万円)という有史以来の沖縄振興予算を勝ち取りました」

「この金額の算定根拠ははっきりせず、使い道も決まっていません。これは地元が自由に使える「つかみ金」で、いわば政府が辺野古移転を2.4兆円で買ったわけです。これがメアさんのいう「ゆすり」ですが、日本語ではたかりといったほうがいいでしょう」

(この2.4兆円は私たちの税金だ)

実は、沖縄県には辺野古移転を拒否する権利はありません。日米地位協定で、米軍は日本のどこにでも基地をつくれるので、日本政府も沖縄県もそれを断れないのです。」

「問題は、お金をもらった沖縄県が『やっぱり辺野古移転はいやだ』といいだしたことです。これはたかりより悪い嘘つきです。翁長さんは選挙で仲井真さんを破ったのですが、辺野古移転を認めたのは沖縄県であって仲井真さん個人ではないので、知事が代わっても約束を破ることはできません


 翁長県知事および彼を支持した沖縄県民は「嘘つき」であり「詐欺師」だということである。
「沖縄はゆすり、たかりの名人」という名言を残して退職したケビン・メア元沖縄総領事の言うとおりであった。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:17  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

沖縄県知事や県民が強請たかりの名人と言うことはその通りだと
思います。沖縄だけでなく、日本中がそうなっているように思えて
なりません。福島県知事は、東北大震災の際、放射線の障害が
心配だから、15歳以下の医療費を無料にせよと強請っていました。
広島、長崎の原爆の後の状況を見て、現状を見た時、本年2月末
ごろテレビで、爆心地から2キロほどの所で被爆し、その後、10キ
ロ圏で過ごしておられた方が、80歳過ぎの今、元気にしておられる
状況を放映していました。自分の親類にも被爆者手帳を持った男が
82歳を過ぎています。また、兄は84歳ですが、長崎が被爆した直
後から爆心地近くの瓦礫の除去で動員され、現地でできたサツマ
イモを掘ってかじりながら作業をしたと言うことですが、子供も全く
異常なく50歳を過ぎています。このようなことから考えれば、東電の
原発からの放射線は原爆のそれと比較したら、一千六百万分の一
しかないと言うことなので、何の心配もないのにと思う次第です。
おっさん |  2015.03.27(Fri) 08:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3048-c262f820

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |