FC2ブログ

2008.08.31 (Sun)


日台衝突船賠償交渉は決裂

「終了」ではなくて「決裂」

日本は賠償する必要などさらさらないのだから、交渉すること自体が間違っている。
なぜ賠償の義務が無いかは、別記事で黄文雄氏の解説をご紹介した。


http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/24332096.html

「台湾側から賠償額の提示はあったが合意にはいたらず」ということは「交渉終了」ではなくて「交渉決裂」というのが正しい表現である。

日本のマスコミも台湾に何で要らぬ配慮をしているのだ。

日台関係がいたずらに緊張を高めて、中国に付け入る隙を与えるのは好ましくないが、主張すべきは主張しなければならぬ。

「相手の嫌がる事はしない」弱腰の福田外交では日本は領土も守れぬ


産経ニュース(8.31.17:32)
日台間の賠償交渉終了 尖閣沖での沈没事故

6月に尖閣諸島(中国語名・釣魚島)沖で起きた日本の巡視船と台湾の遊漁船の衝突・沈没事故をめぐり、台北で行われていた日台間の賠償交渉が31日、終了した。
日本の在台代表機関・交流協会台北事務所によると、交渉で台湾側から賠償額の提示はあったが合意にはいたらず、今後、双方の弁護士間で連絡を取り合い、賠償問題の早期妥結に向けて手続きを進めることで一致した。(台北 長谷川周人


日本は毅然せよと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:50  |  台湾  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/300-5e35e29c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |