2015.02.26 (Thu)


安倍談話 朝日新聞が牽制する記事続々と

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 公明党と野党はもとより、反日メディアや反日知識人たちが安倍首相の70年談話は村山談話を引き継ぐべきと世論を誘導している。
今日の朝日新聞も躍起となって安倍談話を牽制しようとしている。

朝日新聞(2015/2/26)
有識者懇、あいまいな位置づけ 安倍談話へ反映不透明


戦後70年の「安倍談話」を検討する16人の有識者からなる「21世紀構想懇談会」が25日、初会合を開いた。談話と懇談会の関係について、政権側は「意見をうかがって政府として(談話を)検討する」(菅義偉官房長官)と位置づける。ただ、有識者の議論が実際にどこまで反映されるかは見通せない面もある。

 この日夕、約1時間の初会合を終えた有識者たちは言葉少なに首相官邸を後にした。官邸側が有識者の発言に神経をとがらせていることを印象づけた。代表して報道対応にあたった座長の西室泰三・日本郵政社長は「総理から示された論点に沿って議論を重ねていく」と報道陣に語った。

 ただ、なかには取り囲んだ記者団に持論の一端を語った有識者もいた。山内昌之・明治大特任教授は「過去を振り返り、見えてくるものが未来という抱負を持って進めたい」。古城佳子・東大大学院教授も「「民地支配と侵略」を認めた村山談話について「非常に重要で、その立場は変えてはいけないと思っています」と指摘した。(以下略)
(引用おわり)


 宗教団体も憲法守れ、特定秘密保護法、集団的自衛権反対と声明を出した。
大きなお世話だ。
宗教団体は政治に口を出すな。
そんなことより、教祖様の教えを広めて信者を一人でも増やす事の方が大事だろう。
その主張をみると共産党かと思うほど似ているのが笑える。
共産党は宗教を否定しているが、反日という点だけは共通しているらしい。

曽野綾子さんはカトリックの信者だが、日本カトリック司教団の愚かな面々を何とかしてくれ。

もっとも曽野さんは日本に移民した民族は一か所にまとまって住んだ方がいいとう正論を述べてアパルトヘイトだとトンチンチカンな大バッシングを受けている。
日本の環境に同化できない異邦人を区別することは差別ではないと反論しているが、移民を大量に受け入れようとする前提から間違っているのだ。

欧米各国は大量の移民のために国がおかしくなっているという現実を見るべきだ。
民主党や文化人が「共生」という言葉を使う時、気を付けた方がいい。
「世界はひとつ、人類はみな兄弟」というお花畑に住む狂人だからである。
このままでは大量の移民で日本が日本で無くなる日も遠くないかも知れない。

朝日新聞(同上)
「憲法9条変える動き」を危惧 日本カトリック司教団


 日本カトリック司教団が、戦後70年にあたってのメッセージを発表した。「日本国憲法の不戦の理念」を支持し、平和を実現するために働き続けるとの決意を述べている。
 このなかで歴史認識問題に言及し、「戦後70年をへて、過去の戦争の記憶が遠いものとなるにつれ、日本が行った植民地支配や侵略戦争の中での人道に反する罪の歴史を書き換え、否定しようとする動きが顕著になってきています」と指摘。「それは特定秘密保護法や集団的自衛権の行使容認によって事実上、憲法9条を変え、海外で武力行使できるようにする今の政治の流れと連動しています」としている。

 さらに沖縄の米軍基地問題についても「沖縄県民の民意をまったく無視して新基地建設が進められている」ことなどに触れ、「ここに表れている軍備優先・人間無視の姿勢は平和を築こうとする努力とは決して相容(い)れません」と述べた。
 メッセージは25日付。2代前のローマ法王ヨハネ・パウロ2世が1981年に来日し、広島で発表した「平和アピール」の日に合わせた。

(引用おわり)

 「沖縄県民の民意を全く無視して」で最近話題になっているのが琉球新報。
与那国町の陸自監視所の誘致の是非を問う住民投票前までは民意を問えと盛んに言っていたが、投票の結果、誘致賛成が多数となったにもかかわらず、投票後に民意を無視して誘致反対を続けていると嘲笑の的になっている。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:21  |  安倍談話  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★平成27年の統一地方選挙において、日本全国のすべての地方議会における民主党と未来(民主党の別行動部隊)の議員数を激減させて、民主党と連合を壊滅させたいですね。

平成27年の統一地方選挙において、日本全国のすべての地方議会における民主党と未来(民主党の別行動部隊)の議員数を激減させて、民主党と連合を壊滅させたいですね。
敦子 |  2015.02.26(Thu) 21:57 |  URL |  【コメント編集】

★「朝日新聞を叩き潰す掲示板」、より。

今朝の、産経新聞、「正論」、の渡辺利夫・拓殖大学総長の、『歴史認識問題の淵源と朝日新聞』、を読みました。

是非ご一読をお薦めいたします。

この文章を読むと、「歴史認識」、などと今騒がれているものは、日本の国家・国民を貶めるべく、全て、憎日・侮日、「朝日」、が戦後30年も経ってから仕掛けた、何とも忌まわしい工作であることが実に明快、的確な文章で余すところなく述べられています。

この文章を読みながら、ヘビー級ノックアウトパンチを食らった、チョーニチが腰からマットに叩きつけられた様相、が浮かびました。

憎日・侮日、一途でやってきたチョーニチが年貢を納めるのは、そう遠くないと思います。


町工場の親方 |  2015.02.27(Fri) 07:59 |  URL |  【コメント編集】

先日、60代の学生運動をされていた女性の方と話す機会がありました。
たまたま、政治の話になり、その女性がいきなり安倍さんが戦争をしょうとしているとても危険だと言い出したのです。??

話をよくよく聞くと元全共闘でかなりのめり込んで活動していたようで
自分達は安保で挫折し強いトラウマになっていると仰っていました。

私が戦争をしょうとしているのではなく、回避する為に防衛力を付けて
抑止しょうとしているのではと言うと「防衛すれば相手も防衛を強化する、それが行き過ぎて暴発する」?というのです。

そして、その女性の前の世代が国に洗脳されて戦争に向かう様に誘導されたと、今その状況に似ていると.....左翼はそう捉えているのかと

私がこちらが戦争したくないと言っても仕掛けようとする国があるでは?日本は他国の領土を奪う野心なんかないのに、中国は尖閣を中国の領土と言ったり、ベトナムの島を奪おうとしたりしているけど
日本を守るために防衛力は必要ではと言うと
その女性は「今の日本が無防備なのはわかっている、でも、戦争の悲惨さを前世代に散々きかされて、安保や連合赤軍の失敗を見て来たものにとっては何も考えられないのよ?短かな家族との幸せを考えるだけ
皆がそう思えば平和になると思うから」と言われました。

私が子供を守るためにと言いかけたら、この話はこれ以上したくないと
言われやめました。彼女から言い出した事だったのに

その女性は思考停止になっていると思いました。
でも、悲惨な戦争体験談や学生運動のトラウマが強過ぎて考えることを
回避していると思いましたが、国民を守ろうとされている安倍総理を
危険視しなければならなくたった、その女性の受けてきた時代背景に
なんとも言えないものを感じました。

その女性に対しては内心
国民や国を守ろうとしている政治家の足を引っ張ることだけは
やめてほしいと思いました。




たんぽぽ |  2015.02.27(Fri) 08:23 |  URL |  【コメント編集】

>古城佳子・東大大学院教授も「「植民地支配と侵略」を認めた村山談話
>について「非常に重要で、その立場は変えてはいけないと思っています」
>と指摘した

東大の先生がこれだから困るのです。日本は植民地支配などしてないし、
侵略もしていません。この歴史的事実を理解しようとしない輩が多すぎま
す。実際には日本国民の税金をつぎ込んで朝鮮をあらゆる面で、日本並
みにしようと、全力を尽くしています。台湾やパラオも同じです。有り難い
ことに、台湾の方や、パラオの方々はそのことを理解して下さっています。
事実を事実として、日本国民自身が認めないと、中共、韓国とは話ができ
るわけがありません。
おっさん |  2015.02.27(Fri) 08:53 |  URL |  【コメント編集】

★丁寧な説明が必要だ

古城佳子・東大大学院教授も「「植民地支配と侵略」を認めた村山談話について「非常に重要で、その立場は変えてはいけないと思っています」と指摘した。???????
「植民地支配と侵略」について、初めに「21世紀構想懇談会」のメンバーに納得できるような説明をしてもらう事が重要だ。

病気ではないかと思うくらい洗脳されているね。
日本をきれいにする会 |  2015.02.27(Fri) 18:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2980-c9676f69

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |