2015.02.09 (Mon)


海自「おおすみ」と釣り船衝突事故の審判下る

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

それでも海自を悪者にしたい朝日新聞 

 昨年1月15日の早朝、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突した事件で運輸安全委員会の結論が今日発表された。
それによると、釣り船側の進路変更が主たる原因とし、「おおすみ」側が速やかな減速と回避を怠ったことも原因だと双方に原因があるかのような判定結果となった。

 しかし、事故当日から当ブログで度々主張してきたように、大型船に「速やかな減速と回避」を求めることは間違っている。
当ブログでは、海自と民間船との接触事故のたびに海自の責任を追及するNHK、朝日新聞、毎日新聞、テレ朝、TBSなどの反日メディアを批判してきた。

 今回も産経新聞は淡々と委員会の結論を報道しているのに対し、朝日新聞は釣り船側の生存者が「まっすぐ進んでいた。右転はありえない」と憤慨していると報道し、ご丁寧にも過去の海自と民間船との衝突事故の記録を紹介している。

もちろん、なかには自衛隊側の過失による事故もあることだろう。
しかし、何もかも自衛隊の責任と言う偏向報道は許すわけにはいかない。

慰安婦捏造報道の責任を問われた朝日新聞の根性はまだ治っていない。
国民は反日メディアの報道からその意図を読み解くリテラシーを一層高める必要がある。

産経ニュース(2015/2/9)
プレジャーボートが海自艦の針路横切り衝突か 
船長死亡で操船意図不明のまま 「おおすみ」事故で調査報告書


 広島県大竹市沖の瀬戸内海で昨年1月、海上自衛隊の輸送艦とプレジャーボートが衝突し、船長と釣り客の2人が死亡した事故で、運輸安全委員会は9日、プレジャーボートが輸送艦の針路を横切ろうとした際に衝突した可能性が高いとする報告書を公表した。
 報告書は「小型船との接近に対応できる余裕ある航行や、注意喚起信号を活用していれば、事故発生を回避できた可能性がある」と指摘した。
 衝突したのは海自輸送艦「おおすみ」(8900トン)とプレジャーボート「とびうお」(5トン未満)。
 報告書によると、輸送艦が南進していた際、プレジャーボートが左舷前方から右に方向転換し船首近くに接近。輸送艦は減速し、右に回避する操作をしながら警笛を鳴らし、プレジャーボートも直前に減速か停止したとみられるが、輸送艦と衝突、転覆した。
プレジャーボートは目的地の釣り場に向かうため、輸送艦の針路を横切ろうとした可能性もあるが、報告書は「船長が事故で死亡したため操船の意図は明らかにできなかった」とした。輸送艦の見張りは問題がなかったと分析した。
 報告書は再発防止策として、小型船に対し、大型船が減速や停止に時間や距離を要することなどを踏まえ、大型船の動きを適切に監視し、至近距離を通過しないよう求めた。大型船についても、接近する小型船に注意喚起信号を活用するなどして事故防止に努めるよう促した。
 衝突事故をめぐっては、第6管区海上保安本部(広島)が昨年6月、両船とも見張りが不十分だったなどとして、業務上過失致死傷などの疑いで、輸送艦の艦長やプレジャーボートの船長ら計3人を書類送検した。

朝日新聞(同上)
釣り船乗船者、憤る 海自艦事故報告「右転あり得ぬ」


 海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船「とびうお」の衝突事故で、運輸安全委員会の報告書は釣り船の旋回を原因に挙げた。釣り仲間2人が犠牲となり、助かった人には、割り切れない思いが残る。過去の海自艦の事故では、事実認定が揺れている。

 「今でも、とびうおは真っすぐ進んだと思っている。『右に曲がる』なんて絶対にあり得ない」

 とびうおの乗船者で救助された寺岡章二さん(68)は、報告書の内容に憤った。もう1人の生存者の伏田則人さん(68)も「納得できん」と語った。
 とびうおの航跡は船舶自動識別装置(AIS)や15秒間隔で記録したおおすみのレーダー映像などで解析。だが、レーダー映像は、海面の反射に紛れて事故の5分ほど前から、とびうおの記録はない。
 報告書は、おおすみ乗員や阿多田(あたた)島の目撃者の証言などをもとに、とびうおが衝突1分前ごろから右に曲がり始めて接近した可能性が高いと分析。両船が同じ針路と速度で航行を続けていれば、とびうおがおおすみの前方60メートルを通過した可能性を指摘した。
 寺岡さんと伏田さんは運輸安全委の調査で「とびうおは針路を変えていない」と証言。だが、報告書は「(とびうおが)徐々に右に転針したことから、気づかなかった可能性がある」として採用しなかった。
 高森昶(きよし)船長(当時67)と約30年間ともに暮らしていた栗栖紘枝さん(71)は「寺岡さんらの証言が無視され、亡くなった主人が悪者になるなんて納得がいかない」と語った。

 ■海の事故、割れる判断

 海自の艦船が民間船と衝突した過去の事故では、原因究明と行政処分を担った海難審判と、刑事責任の有無を審理する刑事裁判で原因や責任の判断が揺れた。道路や信号のある陸上と違い、海の事故は位置関係や航跡を特定しにくく、どちらに回避義務があるのか判断が難しいからだ。

(Ponko注:海上では小型船側に大型船を回避する義務がある)

 潜水艦「なだしお」は1988年、大型釣り船第1富士丸と神奈川県横須賀沖の東京湾で衝突し、釣り客ら30人が死亡した。運輸安全委員会の船舶部門の前身の海難審判庁は、双方の回避の遅れが原因として、二審で同等の過失を認定。しかし刑事裁判はなだしお側に主因を認め、元艦長の有罪判決が確定した。
 2008年にはイージス艦「あたご」が漁船清徳丸と千葉県房総半島沖で衝突し、漁船の2人が死亡。海難審判はあたごに回避義務があり、監視不十分と判断した。刑事裁判では一転、航跡からあたごに回避義務はなかったと認定し、あたごの操船責任者だった自衛官2人の無罪が確定した。
 08年に機構改革した現在の海難審判所は、国土交通省が認定する免許の取り消しなど行政処分のみを担い、原因究明の役割は運輸安全委員会に移された。今回のおおすみの事故では、処分対象となる釣り船の船長が死亡し、海自側の艦長や航海士は自衛隊の内部資格のため、海難審判は開かれない。
 海自は「捜査に全面的に協力する。運輸安全委の調査結果を参考に、原因究明と再発防止に全力を挙げる」との談話を発表した。(工藤隆治)

 ■海自艦船と民間船の事故での認定・判断

 【事故(発生年)】
 (1)刑事手続き
 (2)運輸安全委員会・海難審判

 【輸送艦おおすみ・釣り船とびうお(2014年)】
 (1)双方の見張りが不十分。おおすみ艦長・航海長ととびうお船長を書類送検(広島海上保安部)
 (2)とびうおの衝突直前の右転が原因。おおすみも減速が遅かった(運輸安全委)

 【イージス艦あたご・漁船清徳丸(2008年)】
 (1)あたごに回避義務はなく、操船責任者2人に無罪判決(二審判決が確定)
 (2)回避義務のあるあたごの監視不十分が主原因(海難審判)

 【潜水艦なだしお・大型釣り船第1富士丸(1988年)】
 (1)回避義務があったなだしおに主因。なだしお艦長に有罪判決(一審判決が確定)
 (2)双方の回避遅れが原因で、過失は同等(海難審判)


(引用終わり)

【当ブログの過去の関連記事】

「おおすみ」衝突事故 今日のTV報道 (2014/1/16)

「おおすみ」衝突事故 TBSも偏向(同上)

海自艦「おおすみ」の責任は非常に大きいとNHK(同上)

「おおすみ」衝突事故 NHKが海自批判 (2014/1/17)

目撃者 釣り船が自衛艦に衝突していったと(2014/1/18)

「おおすみ」事故 朝日社説は海自に批判調(同上)

「おおすみ」事故、正しく語る産経社説(同上)

「釣り船は『おおすみ』の倍のスピードでぶつかって行った」(2014/1/19)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:07  |  事件  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

真実とか反日とかバカ言ってないで単純に出力対重量比見れば子供でも判る。
変なバイアス掛けられるから余計に色眼鏡で見られる。
大型トレーラーの前で子供の補助輪付き自転車がチョロチョロしてる状態。
航跡見たら判る。
小さい方はここまで近づきすぎると視認ではどう動いてるかもう判らなくなる。
一方大きい方は下手に動くと「吸い込む」危険が有る。

x_x |  2015.02.13(Fri) 23:43 |  URL |  【コメント編集】

長周新聞とかいう落書き屋がネット上でこの件に関して反日反自衛隊の電波飛ばしまくってますね 人民のための新聞だそうです 笑
通行人 |  2016.05.25(Wed) 20:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2934-0fea1c97

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |