2015.02.04 (Wed)


ケンジ・ゴトウは蛮勇だったと高村正彦元外相

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 イスラム国(ISIS)に殺害されたケンジ・ゴトウはメディアとリベラル左翼に担がれていまやヒーローになりつつある。
過去の著作が飛ぶように売れているという。

 そんなヒーローを今日、自民党の高村正彦副総裁が「真の勇気ではなく蛮勇だ」とズバリ断言してしまった。
この発言は物議を醸すかもしれない。
さらりと聞き流したとすれば、日本人は成長したといえる。

仮に高村氏が炎上して陳謝・訂正などしたら、リベラル左翼は益々付け上がり、事態は悪くなる一方であるからして、高村氏はけっしてブレないことだ。
最後の一節を読めば高村氏はケンジゴトウを侮辱しているのではないことが読み取れるはずである。

産経新聞(2015/2/4)
イスラム国事件 高村氏、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった

 自民党の高村正彦副総裁は4日午前、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に殺害されたとみられるジャーナリストの後藤健二さんについて「日本政府の3度の警告にも関わらず支配地域に入った。どんなに優しくて使命感が高かったとしても、真の勇気でなく『蛮勇』というべきものだった」と述べた。党本部で記者団に語った。
 高村氏は、後藤さんがシリア入国前に「自己責任」などと語っていたことに関し「個人で責任を取りえないようなことにもなる」と指摘。政府が退避勧告などを出している地域に取材目的でも入らないよう改めて求めた。同時に「後藤さんの後に続く優しく使命感が高く、勇気のある人たちに対するお願いだ」とも述べた。
(引用終わり)


「自己責任」だけでは済まされないこともあるとPonkoも度々書いた。

 一方では、イスラム国(ISIS)事件で的外れな批判をする人々は世界情勢を勉強すべきだと忠告する人も表れた。
まだお読みでない方は、発言者が誰であるかを推測するのも一興かと思い、全文をコピペさせて頂く。

 一言でいえば、今回の事件で「テロリストに便乗して安倍政権を批判するのはテロリストの共犯者だ」というのである。
国会では今日も民主党を始めとする野党が安倍首相の責任を追及しているが、テロリストの共犯者だと断定する勇気ある筆者は?

ZAKZAK(同上)
【ニッポンの新常識】
イ「スラム国」の蛮行 的外れな批判する人々は世界情勢勉強すべき

連載スタートのあいさつは省略して、「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件について書く。私は「イスラム国」とだけ書くのは、国家として認められたかような誤解を生むので反対である。以下、ISISとする。
 犠牲となったジャーナリストの後藤健二さんらには、心からご冥福をお祈りしたい。テロリストの蛮行は決して許されない。そして、この結末について非難すべき相手を間違ってはならない。

 確かに、ISISは動画で安倍晋三首相の政策に言及した。だが、彼らの理不尽な言い分に便乗して政権批判を行う人は「テロリストの共犯者と同じ」という自己認識を持つべきである
 世の中を恐怖で支配し、言論をコントロールするのがテロリストの目標である。彼らの主張に同調したり、恐怖心を無責任にあおる行為は、まさに援護射撃だ。テロに断固反対する人は常識として捉えてほしい。
 人間は何か新しい行動を起こした直後に悪いことが起きると、「従来通り行動すればよかった」と考える傾向がある。実は、その思考の裏には「とりあえず今の自分さえ良ければいい」という無意識が潜んでいることに気付いていない。
 戦後70年で世界情勢は激変している。従来通りの政策では、子供や孫の世代の日本は成り立たない可能性が高い。将来に備える必要性を感じるからこそ、安倍首相は積極的に行動している。
 平和ボケの近視眼的思考で的外れな批判をする人々
は、少しは世界情勢を勉強すべきである。
法外な身代金要求に始まり、解放条件が二転三転するなど、ISISは最初から人質を解放する意志がなかった可能性も高い。ヨルダンのアブドラ国王と安倍首相は最大限の努力をした。テロリストを応援したければ、2人を批判すればいい。
 後藤さんらのご家族にはお悔やみを申し上げたい。ただ、本人たちは最悪の事態も覚悟して現地入りしたのだと信じる。覚悟を持たずに近付くような地域ではない。

 さて、今回の事件に関連して興味深い出来事があった。「#ISISクソコラグランプリ」である。ご存じない方のために、概要を説明する。
 ISISが公開した動画に、アニメのキャラクターなどを合成して面白い画像を作り、ハッシュタグと呼ばれる検索用の目印を付けてツイッター上で公開する日本人が続出したのだ。日本の常識では「不謹慎」「バカ者」で終わりだろう。
 しかし、一部の海外メディアは「テロリストにダメージを与える効果的な方法だ」と称賛した。イスラム教全体ではなくISISだけを対象とした風刺だったので、私は一定の評価をしている。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。80年、法学博士号・経営学修士号を取得し、国際法律事務所に就職。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。現在は講演活動や企業経営を行っている。最新刊は『不死鳥の国・ニッポン』(日新報道)。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:57  |  ISIL人質殺害事件  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★政府に同意

政府批判者がなんだかんだと無責任に好き勝手を言ってるが、結果として余計な騒動を起こしたのは事実。

それを認めない批判者は、もう精神病患者としか言えない。

ジャーナリストの行為が崇高だと言う人もいるが笑いをこらえることができない。(当地の生活を支援したがために取材したんだろさ? 結果としてそれに応えるカタチで安倍総理が支援したんだろうさ? 政府批判してる人たちの理屈がわからないよ)

中東関連の話は私が生まれる前からあり、その報道は繰り返しされ、今更に危険を覚悟で取材するようなネタも動きも変化も無かった。

そんなとこ行くくらいなら日本の破綻回避の役に立つギリシャのその後の経過やウクライナ方面での旧西側勢力の傭兵や民間軍事兵の取材のほうが今のトレンドだろうに?
政府支持者 |  2015.02.04(Wed) 20:18 |  URL |  【コメント編集】

★(>皿<) シロキチ

>一部の海外メディアは「テロリストにダメージを与える効果的な方法だ」と称賛した。

これワシもみたんじゃ
面白いのうw
(>皿<) シロキチ |  2015.02.04(Wed) 21:09 |  URL |  【コメント編集】

「過去の著作が飛ぶように売れているという」。
これは、ある商品がダイエットや健康に効くとテレビで言えば、その商品が翌日スーパーで売り切れてしまうということや、浅田真央選手が活躍すれば、フィギュアスケートを習わせる親が増え、錦織選手が活躍すればテニスを始める人が増えるという、日本人の単純な思考回路の現れなのでしょうか。同じ日本人として、ついつい冷めた目で見てしまいます。一過性のもので、飽きられて忘れられるのも時間の問題と思います。
太郎 |  2015.02.04(Wed) 21:16 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2921-07a479d3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |