2015.02.04 (Wed)


池上彰のケンジ礼賛は贔屓の引き倒しにならないか

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 前エントリーでフリージャーナリストの池上彰氏がケンジゴトウのように紛争地帯の状況をレポーターが必要と述べたと書いたが、彼を一旦拒絶した朝日新聞がそれを紹介している。
元NHKのアナと朝日新聞は同じ穴のムジナだということがよく分かる。

 相変わらず、事の起こりはブッシュがイラク戦争を始めたからいけないのだという話から始まる。
今日のイスラム国などの過激なテロ組織を生んだのはみんなブッシュのせいだという。
この論法で行けば独裁国の独裁者を倒せば混北朝鮮も放っておけばよいと。

しかし、イラクからアメリカ軍が中途半端に撤退したのが失敗だったと思う。

元NHKアナの池上氏は・・・

「日本が人道支援をすれば、ヨルダン政府はその分だけ人道支援の資金を軍事資金に回すことができる」

とこじつけている。
そんな事を言えば紛争地位の避難民の人道支援など出来なくなる。
中国へのODAが中国の軍事力増強に役立ったというのは事実だが、池上氏からそのような話は聞いたことも無い。

その直後・・・

「とはいえ、日本は人道支援を続けていくべきだ」

一体どっちなんだ。

ケンジは・・・

「誰かが現地に行って取材しなければ、その戦争は忘れられた戦争となり、悲惨な状況が長引く。伝えるという使命感、責任感を持っていた」

というが、現地レポーターが危険を冒してレポートしなければその戦争は忘れられてしまい、長引くと言うのはいくらなんでも大袈裟だ。

レポートさえしていれば、その戦争は終わるのかと突っ込みたくなる。

池上氏はNHKに在職中、ケンジと面識があったようだが、10分で数百万もするVTRを視聴者の受信料で払っていたことになる。

ケンジの死を悼むのは良いが、度が過ぎると贔屓の引き倒しにならないか。

朝日新聞(2015/2/1)
池上彰さん「戦争の現場、誰かが取材しなくては」

12345■045.jpg

ジャーナリスト・池上彰さんの話

 全ては2003年の米ブッシュ政権のイラク攻撃から始まった
 少数派のスンニ派が多数派のシーア派を抑圧していたフセイン政権を倒せば、両派が殺し合うことは当然、予想できたはずだ。一党独裁だったバース党の党員を公職から追放し、その結果、国家が崩壊。内戦が始まり、「イスラム国」の前身だった過激派が組織されていった。

 「イスラム国」は人頭税で徴税し、インフラ整備も行っている。統治しているのは、フセイン政権を支えていた官僚などの行政のプロだ。
「イスラム国」に加わっている若者の多くは、中東地域から欧米へ渡った移民2世だ。それぞれの社会で閉塞(へいそく)感を感じ、インターネットで知った「イスラム国」の「ジハード」や「いまの体制を打ち破る」というメッセージが魅力的に映るのだろう。

 ヨルダンは「イスラム国」への米軍の空爆に加わっている。日本はそのヨルダンに、難民支援などの人道的資金援助をしている。その分、ヨルダン政府は難民支援への財政負担を減らして、軍事資金にまわすことができる。今回、人道的支援であっても、敵とみなされることが露呈した。

 「イスラム国」は、ヨルダン国内が混乱し、弱体化することを狙っている。今回の事件は、「ヨルダンに対して支援をするな」という脅しだったと考える。

 とはいえ、日本は人道支援を続けていくべきだ。「イスラム国」周辺には、親日の国が多く、そうした国々との関係は大切にしていかなければならない。

 今回の映像で「イスラム国」は、日本も標的だと宣言した。注意は必要だと思うが、過剰に反応しておびえる必要はない。それは「イスラム国」の思うつぼになってしまう。

 私がNHKで担当していた「週刊こどもニュース」に出演してもらったのがきっかけで後藤健二さんと知り合った。NHK退社後、中東へ取材へ行くことが増え、後藤さんに取材の協力をしてもらっていた。彼は何が「危険」で、何が「そこそこ危険」なのかを判断できるベテランのジャーナリストだ。戦争や紛争で、真っ先に被害者になるのは女性と子ども。その様子を映像に収めて伝えたいという思いがあった。
 誰かが現地に行って取材しなければ、その戦争は忘れられた戦争となり、悲惨な状況が長引く。伝えるという使命感、責任感を持っていた。テレビのニュースで、悲報を知り、ショックで言葉がない。悲しいというか、怒りというか、無力感が募るばかりだ。(構成・山田優)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:25  |  ISIL人質殺害事件  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

日本のマスコミが悪戯に騒ぐからイスラム国は勢いづいている。

このことをマスコミは知って欲しい。難しいことだが。
おっさん |  2015.02.04(Wed) 13:10 |  URL |  【コメント編集】

★池上氏よ支那のODAは、武器の典型ではないか。それとキックバックがセットです。

ODAは、未だ行われているのか?
支那共産党は、戦前の賠償を拒否したのに結局ODAなるもので、長年出した金は、総額何兆が、動いたのだ?
それを武器関連に使っているのは、濃厚である。
ヨルダンも支援金が、武器購入使うといっているが、金額で言えばそのくらいだが、そのくらいの現物支給すれば、問題なかろう。
おおよそNHK出の解説者は、言葉巧みに左翼寄りである。
だから100%信用できない。
マスコミメディア報道は、おおむね左翼的としてみれば、間違いはない。
70年も偏向教育受ければ、曲がらないほうがおかしい。
でないとプロパガンダも通用しないだろう。
日本は、地政学的に救われた面もあり、国の経済的実力も功を奏した。
結構伝統文化も壊さずに維持できたことは、素晴らしい。
その点でGHQの目論見は、失敗している。つまり洗脳は、日本に於いて失敗だったと言うことだ。
katachi |  2015.02.04(Wed) 17:30 |  URL |  【コメント編集】

池上がNHK「子供ニュース」でシレーッと赤発言をしていたのを思いだしましょう。子供を対象にしての自虐史観の解説が多かったのですが、確信犯であったと思います。
からす |  2015.02.05(Thu) 14:32 |  URL |  【コメント編集】

要は鎖国をして関わらないか、国連軍で包囲網を引き、全滅か自滅するまで待つしかない。それまでほっとけ。人道援助でさえ難癖をイスラム国、マスコミ、野党からつけられるんだから、日本は一切関わらないか方がいい。だから注意勧告を無視した奴なんかほっとけ。貴重な税金を無駄遣いせず、日本国内の貧困や少子化対策など、日本人の為に使え。2億円あれば移植待ちの患者の命を助けられる。今回の費用で何人助けられたことか。1億2千万人をテロリストの標的にさせた後藤。いい迷惑だ。
名無し |  2015.02.05(Thu) 17:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2920-3b6c82ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |