2015.02.03 (Tue)


第2第3のケンジゴトウを出すな!

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

イスラム国(ISIS)に殺害された戦場ジャーナリスト、ケンジ・ゴトウの業績を称賛し、その後に続けとメディアが嗾(けしか)けているのはいかがなものか。

 朝日新聞に一時連載を拒否された池上彰はケンジのようなジャーナリストが居なければ戦場の悲惨な現状は分からないとその死を悼み、「草食系男子」の流行語を産んだマーケティングライターの牛窪 恵は若者はケンジの後に続けと煽動している。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(2015/2/3)
さらなる日本人殺害予告に・・・
日本への「テロ脅威」高まる 安全確保は?


12345044.jpg

牛窪 恵
「ゴトウさんの奥様はほんとうご心痛だと思います。奥様がコメントで夫を誇りに思うと、ほんとにご立派だったし、これだけは言いたかったので。この言葉によってゴトウさんのようなジャーナリストになりたいという方が出て来てくれると嬉しいなっていう風にホントに思います。2004年の小泉内閣の時の人質事件で『自己責任』という言葉があって、2007年の20代の男子100人に調査した時に、100人中74人がその言葉の意味を凄く深く受け止めていて、やっぱり人に迷惑を掛けることはやっちゃいけないとか、危ない所へ行っちゃいけないと、とても世代としていい子達なんですが、逆にそれが結局守りに入って、私が草食系と言ったような、結果的に公務員になりたい。安定的な安全な所しか行きたくない海外旅行も行きたくないという風になってったんですね。

 だから逆にジャーナリストとして、今回、ここまで危険は場所に行くというのは賛否両論あると思うんですが、やっぱりジャーナリストというような仕事を選んで、多少のリスクを負ってでも本当の事を伝えたいということが、奥さんが世間に迷惑を掛けた、申し訳なかったというだけでなくて、『誇り』という言葉を使って下さったのは感謝しているというか、ホントに希望を感じています。はい」


このコメントには大きな違和感を覚える。
「多少のリスク」どころか親からもらった大切な命を落として親兄弟を悲しませた。
外務省が三度も渡航を思い止まる様に勧告し、一度は面会までして説得したが、ケンジは聞く耳を持たなかった。
それを崇高な使命感と解釈する人もいるだろう。
しかしその結果、イスラム国の罠にはまったケンジの救出のために数か月も政府中枢部を東奔西走させ、疲労困憊させ、親日国のヨルダンにも迷惑を掛け、挙げ句の果ては「アベ」と名指しで日本人はイスラム国の標的となってしまった。
「これは日本人の悪夢の始まりだ」と。

 これは「当事者の自己責任」などという軽い言葉で済まされるものではない。
死者に鞭打つことはよしとしないが、彼を偶像化して若者よ後に続けとけしかけるマスメディア、コメンテーターは許すわけにはいかない。
ケンジの持ち帰った戦場のVTRをテレビメディアは何度も繰り返し流しているのには辟易する。10分数百万円と言われる記録映像の版権はもう消失したのか。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:24  |  ISIL人質殺害事件  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ponko さんの仰るとおりです。

行くなら、それなりの準備をして行く必要があります。
そのためには、相手の状況をしっかり把握できる情報機関を設置し
拘束された時の救出手段も準備して置かなければなりません。今の
日本にはその意味では、全くの無防備です。平和憲法のお陰でしょ
うが。
本来なら、マスコミはこのような無責任な人間にはなるなと報道し
なければならないでしょう。これが理解されていないことが日本の
不幸です。
おっさん |  2015.02.04(Wed) 09:36 |  URL |  【コメント編集】

ジャーナリストとは異なりますが、チェ・ゲバラを悲劇のヒーローに仕立てあげ、映画化して心酔する現象が一時期ございましたね。チェ・ゲバラを観て共産主義革命運動に憧れをもつ若者が増えるのではと心配したものでした。後藤ケンジ氏の場合も悲劇のヒーローにしてはいけない。
 |  2015.02.04(Wed) 09:43 |  URL |  【コメント編集】

★牛窪恵

特に牛窪さんはメディアの走狗と丸わかり。TVで、年の差婚は上手くいく、などと価値観を狂わせようとする発言がありますね。草食系男子なんてでっち上げ。
 |  2015.02.04(Wed) 10:53 |  URL |  【コメント編集】

虎穴に入らねば虎児を得ずなんていう
諺があるが、この諺は
今一部の偏狭ジャナリズム扇動者が
言っていることとは全く違っているように思う。

たとえば空爆が行われるかわからない
地域に空爆の恐ろしさを取材するため
潜入すると言っているのと同じに思える。

イスラム危険地帯に潜入して、どんな危険な
状態か取材してこなければジャーナリズム的
仕事はできないとか、
それが世のため世界平和のためなど言うのは
などどう考えても狂気としか言えない。
そんなことしなくてもほかに役立つ取材場所は
山ほどあるであろう。

以前冒険家で有名な人がいたが、人類未踏の地をめざし
危険地帯にも果敢に挑んだのであろう。ついに
行方不明になり、消息を絶ってしまった。
一体そんな冒険って何なんだろうかと思ってしまう。


その他 |  2015.02.04(Wed) 12:02 |  URL |  【コメント編集】

私も牛窪さんの意見には違和感を感じます。
国が勧告を出しているような危険地域にはやはり行くべきではないと
思います。行った人が優秀なジャーナリストで行かなかった人は根性
なしのダメなジャーナリスト的に聞こえるんですけど?彼女の発言は。

死者に鞭打つ気はありませんが、やはりお子さんのことを考えると・・。
しかも生後間もない子もいたのに・・。
世界の困難な状況にある人々を救いたいという気持ちは崇高で尊い
ものだとは思いますが、でもまず、自分の家族を守れなくてどうするの?と。
どうしても割り切れない気持ちが残ってしまいます。

今後もネット社会はどんどん拡大していくでしょう。そうするとお子さん
たちはいつか父親の無惨な死にざまを確実に目にすることになると思い
ます。本人たちがいくら嫌だったとしても。その時どれほどの衝撃を受け
るのか・・・。
病気や事故で親を亡くすことも本当にものすごく悲しいのに、あれは・・。
あの時行かない!という決断をしていれば今頃はお子さんたちと普通に
日々を送れていたかもしれないのに・・。お子さんだってお父さんとの
思い出を沢山つくれたのに・・・。等と、赤の他人の余計なお世話ですが
いろいろ考えてしまいます。

親として、どういう死にざまを見せるのか・・。
尊い活動をされていた方だからこそ、ご本人は無念だったでしょう。
残念ですね、ホントに。
 |  2015.02.04(Wed) 13:53 |  URL |  【コメント編集】

★湯川遥菜撮影後藤健二解説。 放送買取りテロ朝 報道テロステーション司会古館一郎

湯川遥菜撮影後藤健二解説。

高値買取りテロ朝、放送報道テロステーション司会古館一郎

イラク情勢:分裂危機2014⑦ 最前線!おまけ Iraq in Kirkuk 2014
https://www.youtube.com/watch?v=lZ3Rv9hmw88#t=65

登録者
Haruna Yukawa
他中東情勢の映像多数有り
https://www.youtube.com/channel/UCWNsh_PsmBZvV-MtgpQT1Gg

マスコミが危険地帯の映像を高値で買い上げる事によるフリーの立場のジャーナリストの命に関わる重大な危険な取材を招く結果と成った。

知恵遅れで後ろめたいマスゴミは自分の責任を転嫁すべく危険を招いた自らの責任をピンチはチャンスとばかりに安倍政権批判へと舵を切り安倍総理の責任に転嫁して尚更攻撃を続けざるを得ない状況へと突き進んで行く。

そういうこと
民草 |  2015.02.04(Wed) 17:22 |  URL |  【コメント編集】

★英雄扱いに

ゴトケンを英雄扱いしているマスゴミに辟易する。それに乗っかって素晴らしい人なんてコメントしている輩は、お人好しの愚か者だ。
ベトナム戦争の時のキャパなら判るが、その後の戦場カメラマンなどは、自己満足し、自己陶酔している
に過ぎない。
今時、現地に行く必要があるのか?
バカなメディアの手先になって金儲けと、命を天秤にかけているアホだ!
ましてや、三度に渡り渡航をやめるよう勧告されていたのに。
これを、自己責任と言わずなんと言うのか!いつかの風船おじさんと同じだ。
ハルナも、ゴトケンも自業自得だ!
それは、自分の意思で行動した結果だから。し自分の意思で行動した者と、自分の意思とは関係なく拉致された者とは、ハッキリ区別することが大事。
ジャパニーズオンリー |  2015.02.04(Wed) 23:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2919-b2333ba9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |