2015.01.28 (Wed)


イスラム国に理解示すテレ朝「報ステ」

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

100年前の欧米列強が悪いのだと

 27日のテレ朝「報道ステ」はイスラム国の宣伝映像とイスラム国に理解を示す本の著者のインタビュー映像などをフルに活用してイスラム国への理解を求めるような番組づくりであった。
見ていて実に不愉快であった。

 表向きはイスラム国の非道を非難しながら、本意はそうではない。
TBS「サンモニ」の寺島実郎や他のコメンテーターたちも言っていたが、イスラム国は100年前に戦勝国の欧米の列強が勝手に決めた国境線に不満を持つ者達の集まりだと好意的に解釈していた。

 100年前どころか70年前の太平洋戦争に敗れた日本が、心の国境線を引き直そうとすると、歴史修正主義者だと批判する左翼・リベラル派はどうしてくれる。

日本には認めないでイスラム国には認めよというのか。

 自民党はイスラム国を「ISIL」と呼ぶことに決めた。
イスラム国と言えば、あたかも実在する国家であるような誤解を招くためであり、英米などの諸外国も「ISIL」(イラク・レバントのイスラム国)と呼んでいる。

テレ朝「報道ステ」(2015/1/27)
イスラム国の隠れた野望
領土拡大で"国家建設"の戦略

イスラム国と称するグループをその他にもあるいわゆる一過激派組織という風には括れないという事が分かって来た。

トルコ、シリア、イラク、ヨルダン、サウジアラビアの直線的な国境は100年前に引かれた。
イスラム国が出て来た根っこはこの直線の不自然さにある。

アメリカとイギリスはISILと呼び、日本も使う。
しかしイスラム国は 反米思想を持ってテロを繰り返すアルカイダなど従来の過激派組織とは決定的に異なる。

実際に領土を取り、そこにイスラム教の強大な国家を打ち建てようという明確な目的を持った異色の存在なのだ。

「イスラム国 テロリストが国家をつくる時」を書いたロレッタ・ナポリオーニ女史はイスラム国の宣伝映像をバックに語る。

「イスラム国は非常に近代的なモデルを採用している。
行政・官僚機構を持ち、人々が望むことを行い必要なものを与えている。
水や電気を24時間供給するなど重要な社会基盤になるものだ」

ナレーション
「さらには国家建設の進捗状況を示す年次報告書まで作っている。
イスラム国が目指すもの。それは西欧の列強が勝手に決めた国境線を自らの手で引き直すことだという」

ナポリオーニ女史
「残虐な組織が病気の子供たちの世話もしている。たとえばポリオワクチンの接種サービスもやっている。タリバンはワクチンでも何でも反対していた」
ドイツ作家が撮影したイスラム国の映像を見せて、行政組織が完全に掌握されていたという。
毎日100人もの新しい戦闘員がヨーロッパやアジア、アメリカから戦うために来ている。
彼等は国境を決めるのはアラブ人であり、ヨーロッパやアメリカ人が決めることではないという。

ドイツ人戦闘員
「我々には国境というものはなく、あるのは前線だけだ。領土拡大が終わることはない」


(国境が領土を決めているのだろう。国境という概念が無くて、どうして「領土拡大」が出来るのだ)

オスマン帝国が第一次世界大戦で敗れて、戦勝国のイギリスやフランスが境界線を人工的に引いて分断し、サイクス・ピコ協定でそれぞれの取り分を決めた。

宣伝映像が実に巧みで世界から青年たちが惹き寄せられるという。

人質となったイギリス人ジャーナリストもイスラム国の広告塔になっている。

ナレーション
「勝手にひかれた国境線への複雑な思いはアラブ諸国の人々が共有する感情だ」

ナレーション
「100年前西欧の列強によってひかれた国境線に対する怒り。そして今かつての植民地からヨーロッパへやって来た移民の子孫達には新たな怒りに駆られるものもいる。
社会で職もなく居場所を無くした若者はイスラム国が創り出した国家建設というイメージに吸い付けられる」

ナポリオーニ女史
「テロリストとは何なのか?『自由を求める義勇兵』と何が違うのか?残念ながられ歴史の中で政治と暴力が一体となる事かあった。だからと言ってイスラム国を正当化することはできないが、まず考えるべきは今起きているテロをどうやって止めるべきかだ」

12345027.jpg

古館伊知郎
「イスラム国の蛮行は許すわけにはかない。しかし、一方向から見るのではなくて柔軟に見なければいけませんね

(ということは「盗っ人にも三分の理」とイスラム国の言い分も認めようというのか)

恵村順一郎(朝日新聞論説委員)
「そうですね。イスラム国の土壌を育てたのは幾重にも積み重なった人々の怒りじゃないかなと思いますね」


以下次のように言い、後藤健二さんに言及する。

恵村
「アメリカ諸国がイラク戦争で9.11で亡くなった人たちよりはるかに多くの命や家族や家を奪った。
ヨルダンのリシャウィ死刑囚もアメリカに兄弟3人の命を奪われた。
シリア内戦でも何万人もの人が亡くなり何100万人もの避難民が出ている。
それをアメリカ始め世界は見て見ぬ振りをして来た。
イスラム国の行為は決して許される事ではないが、一方でイスラム国一定の民心が集まっている背景には肉親や家を失った多くの無辜の人々の怒りや悲しみがある現実を想像してみることも大事だ。
そういう人々の多くが後藤さんが心を寄せて来た弱い立場の方々だ

古館伊知郎
「まったくそうですね。私達はともすると自分この国に生まれて育って、こういう立場で、こうやって西側の一員としてこう見る。そういう事で済ましてしまう事があるんですが、ある時は洋服を脱いで裸になって、一人の人間になって、何者でもない、どこの生まれか、どこの育ちかも分からない。同じ人間がどう思うだろうと遠くの縁も所縁(ゆかり)も無い人の悲しみや怒りを想像しないと、ちょっと間違えちゃうことってあるんですよね。その反対もいけないんですけどね」


 また恥かしげもなく、意味ない言葉の連続。プロレス中継とまったく同じ話法である。
そして最近、古館が巧妙になって来たのは、「その反対もいけないんですけどもね」と必ず一言、言い訳をして逃げ道を作っている事だ。

安倍官邸の「言論弾圧」の効果が現れたのか(笑)

恵村
「そうですね。少し視野を広げてみるとか、変えてみるとか、そういうことが時にはあってもいいですね」

古館
「はい」


はい、今日の番組を見て、イスラム国が決して悪いばかりのテロ集団ではないこと、100年前の戦勝国である列強欧米の一方的な国境設定や民族の弾圧がいけないのだ、だからそれをイスラム国は修正しようとしているのだということが良く分かりました。

では日本も70年前の連合戦勝国による東京裁判と自虐史観を修正することに致しませう。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:48  |  ISIL人質殺害事件  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★左翼リベラルな放送局のおかげで保守の正しさが確信できる。

日本に多くの保守が、定着できるように左翼リベラルの出鱈目放送は、必要かも知れない。
伝えない放送局新聞社が、テロに関わる事件になれば、立場が明確になるために保守の考えが、より鮮明に見えてくる。
現憲法の不安定さ、これに尽きる。
katachi |  2015.01.29(Thu) 00:48 |  URL |  【コメント編集】

★日本を「悪者」にしたい米国の本音

欧米植民地主義には目を向けず、日本の戦争責任のみを今だに追求し続ける。何故か。

ひとえにそれが「米国」の利益なのだ。

日本の自立を阻止して、太平洋の覇権を我がものとする。日本に「台頭」してもらっては困るのである。いつまでも日本は米国の言うことをよく聞く「優等生」でいなければならないのだ。これは反日ではなく「侮日」である。

戦後70年を経てもなお、日本に「戦争責任」を押し付ける左翼メディアは、米国の利益追求に加担している事を自覚すべきである。
名無しさん |  2015.01.29(Thu) 09:20 |  URL |  【コメント編集】

サヨクの筆頭であるこの連中の頭の悪さと無責任さには開いた口がふさがらない。
100年前の列強が悪いと言うことは、この連中の「日本は侵略国である」という主張を全面的に「否定」することになりそのことにさえ頭がまわらないアホであると言うことを視聴者に表明したも同然ということだ。
同時に、自らの主張になんら整合性がなかったと言うことであり、言論に責任を持たない輩であることを証明したと言える。
産経で今年は左翼の主張が崩壊する年とかかれていたが、実際にそうなってきている。
北の熊 |  2015.01.30(Fri) 10:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2907-0d8bf00f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |