2015.01.27 (Tue)


人質の自己責任論に反発する古谷経衝氏の愚

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「自助」「自立」が求められる日本人

 古谷経衝という若い評論家がいる。
保守派であり、ネトウヨの分析者であるという。

イスラム国人質事件は今日現在、残念ながら人質の一人は命を失い、残る一人の救出に政府は全力を挙げている。

そんななか、古谷氏は外国で危険にさらされている同胞に対して「自己責任だ」と冷たくあしらうのは日本が中世に戻ったようで 「涙がでるほど、情けない」 と嘆いている。

「自己責任論」で中世に退行する日本(2015/1/26)

 しかし、戦後の日本人が失ったもののひとつに「自己責任」がある。
それは紛れもなく戦後教育の欠陥によるものだ。
戦後民主主義は個人の「自由」と「権利」を強調するあまり、それに伴う「責任」の概念がすっぽりと抜け落ちてしまった。
自己主張することが良しとされ、日本古来の「和」の精神が忘れられた。
「和」とは他人との「和」であり、国民としての「和」である。

「個人」を追求するあまり、所属する「国家」の概念を失った。
それはアメリカの占領政策が功を奏した結果でもある。

古谷経衝氏は言う・・・

「国家に貢献しないものは、庇護する必要はない―。この考え方を突き詰めれば、例えば生活保護の受給者そのものを蔑視したり、社会的弱者を嘲笑する、という昨今のネット上の風習に行き着く」

 しかし、生活保護受給者そのものを理由無く蔑視する風習はネット上には無い。
不当な受給者が居ること、しかもそれが法律に規定された日本人ではないことが多いことを問題にしているのである。
それは国費の無駄遣いであるだけでなく、生活保護を当然受けるべき人達に迷惑を掛けていると言う意味で二重に不当な行為なのである。

「今回の場合、2人の日本人がシリアに赴いたことは、今回の出来事が発生した「原因」の一つですが、「だから何をされても文句をいえないはずだ」というのは、テロリストの責任を減じ、結果的にはこれを擁護することになります」

 「自己責任だから死んでも当然」と言う事が「テロリストの擁護になる」とは詭弁である。
自己責任を問うことは決してテロリストを容認することではない。
外務省の警告を無視して危険な異国に足を踏み入れたという事実に古谷氏は一言も触れていない。
しかも、後藤健二さんは「私は自己責任で行く」と入国前にビデオで語っているのである。

 しかし決して「自己責任」で自己完結しないのが今回の事件である。
先にも書いたように、二人の行為は国のまつりごとに多大の影響を与え、日本の国益を損じている。

勿論、人質は無事に帰ってきて欲しい。
しかし、現在でも後藤健二さんを英雄視しているマスメディアは、帰国したら一層英雄に祭り上げるだろう。
有名人として母親とともに、全国あちこちで左翼・リベラル派が企画した講演会で講演し、世界平和が、憲法9条がと言い募ることだろう。
イラク人質事件の生還者の前例もある。

「その一方で、身代金を一旦おくとしても、相手の自尊心や名誉に訴えるといった説得や、身代金に代わる代替案の提案といった交渉を行うこと自体は、現状の日本が選べる数少ない選択肢です」

これこそテロリストに屈した言動である。

 自己責任論を否定し、生活保護と結び付ける意見が多々見られる。

「自己責任論」が与える私たちの暮らしへの影響 ―社会保障・生活保護を中心に―(2015/1/26 藤田孝典)

自民党はセイフティネットの充実を計る一方で、「自助」「自立」の精神を国民に求めているのは当然である。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:53  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

古谷経衡という人、保守を標榜しているようだが、これまでの発言内容からこの人はエセ保守だと思う。

韓国美化・韓流ゴリ押しの電通の成田豊を韓国出身者ではないと擁護。韓国に同情した日本人だという論調だった。
また最近有名な「朝鮮飲み」をしている反日左翼の民主党議員などを庇って
「公衆の面前で手が震えるのを支える為に手を添えているという政治的なものに過ぎないであろう」という感じで韓国の礼儀作法をそうではないと言わんばかりに誤魔化している。

両方の件で分かるのは、
韓国美化ゴリ押しをした成田豊と、朝鮮飲みをした反日左翼政治家などを韓国人ではないと主張し、在日韓国人を庇っているのではないだろうか。

日本人か健全な愛国者なら古谷経衡の主張に違和感を感じるのだと思う。
 |  2015.01.28(Wed) 01:02 |  URL |  【コメント編集】

★昔ながらに分析がズレていないか?

イスラム国の戦争の在り方が、突如として現れた観が、ぬぐえなくて、一説には裏でアメリカが関与していると言う話もある。
振り返ればソビエト共産主義もアメリカの資金で出来たことは周知の事実であり、支那共産党も国民党と戦わせ結果を黙認した。
国ではないが、テロ・ゲリラ集団を作るには資金が必要だ。
それをどうやって集め人間を集めたのか?
アメリカが関与したとすれば、軍産複合体を養うためとしか言いようがない。
戦争がなければアメリカ経済が、回らない仕組みになっているとすれば、国と国との戦いが不可能になってきているとすれば、今のようなイスラム国を作って戦火を作るしか手がないのであろう。
それに振り回されているのが、日本人の2人としか言いようがなく。
余計な行動の結果である。
それに自己責任云々や生活保護と結びつけるのは、論点がズレまくっている気がする。

katachi |  2015.01.28(Wed) 01:22 |  URL |  【コメント編集】

ただ、国家が自国民の生命財産を守る姿勢は必要かなと。だから安倍内閣もテロに屈する事はないが人命尊重の姿勢でやっている。これはこれで良い。

ただ古谷経衡の主張「自己責任論はテロリストの責任を減らして擁護につながる」は違和感がある。

むしろ日本のマスメディアが今回、自己責任論を封印している理由は、安倍政権中だからではないのか。自己責任を強調すれば安倍を少しも叩けない訳だから。

自己責任論はテロリストを擁護しているのではなく、悪質な安倍バッシングをしにくくする砦の一つでもある。

自己責任論は封印するべきものでもなく、普通に語り、尚且つテロを許さず屈せず、国家は自国民の保護に尽力すればいいと思う。
 |  2015.01.28(Wed) 01:36 |  URL |  【コメント編集】

★日本国内で起こっているならわかる。

戦争は、国外で起こっている。
其処へのこのこ出かける日本人2人。
甘い理由は色々あるだろうが、何時も関係ないところで意味不明にユースに飛び込んでくるのが、平和的日本人の行動である。
理屈をこねまわすより、この突飛な行動は、どうにかならないだろうか。
クールジャパンを言われながらジャップを演じる日本人が、なんともです。
katachi |  2015.01.28(Wed) 01:49 |  URL |  【コメント編集】

古谷の髪の毛なんとかしろよ。若作りにも限度がある。
古谷て明らかに論調がぶれることがあるよね。
まぁ上手く立ち回らないと喰えないのかね。こいつは信用ならん
 |  2015.01.28(Wed) 02:08 |  URL |  【コメント編集】

~~の自由と憲法にはありますが、「社会秩序を乱さない範囲」と明記されてます。素人意見ですが、~~の自由と憲法が保障してるというのは
メディアや左翼の拡大解釈だと思う。無限に自由が保障されればアナーキストです。
 |  2015.01.28(Wed) 06:43 |  URL |  【コメント編集】

★日本が憲法改正すれば世界秩序を乱すと支那は、言う。

アメリカも支那も日本の憲法改正を恐れているようだが、過去に於いて日本が何か悪いことをした?
日本を縛ってどうするの?
武器を使わなくても技術と科学で日本は、アメリカに肉薄している。
アメリカの産業構造を変えたほど日本の影響力はすさまじい。
繊維問題・鉄鋼問題・自動車排気ガス問題と常に日本が優勢に動いてきた。
アメリカも日本がここまでやるとは、思っていなかっただろうが、日本のパワーは、本心太刀打ちできないまでになっている気がする。
いったい秩序は、何処の誰が、動かしているのか?国連でもないようだし、やはりアメリカなのか。
行き着くところは、なんでもアメリカだ。
アメリカが、世界の秩序と言うよりも世界史を成すストーリーを作っていると言えよう。
支那とアメリカはよっぽど馬が合うのだろう。
尖閣でアメリカが動いてくれることは無い。
なぜならイスラエルを実質助けたのは支那の核だからだ。
キッシンジャーを時々見ているとそう思ってしまう。
katachi |  2015.01.28(Wed) 07:12 |  URL |  【コメント編集】

自由を活用すれば、陰謀論もまた言論の自由ですかね。
 |  2015.01.28(Wed) 08:16 |  URL |  【コメント編集】

キッシンジャー嫌い、アメリカ嫌い、アメリカと支那はグルだとプロパンガンダのようにふれまわる、イスラエルは支那から核を売った買ったとふれまわる。ユダヤ人大嫌いとふれまわる。ついでにユダヤ人が朝鮮人を裏で操ると、ふれまわる。そうすると、変なネオナチ推奨ヒトラー万歳に共鳴する者たちが現れる。
 |  2015.01.28(Wed) 08:25 |  URL |  【コメント編集】

自己責任論はテロとは交渉しない、テロには屈しないという立場から出てきているのです。
危険だから行くなと言うのにそれを振り切って行って捕まったから助けてくれはあまりにも身勝手ではないでしょうか。
台風で海が荒れているときに海岸に遊びに行き流されたのと同じです。

確かにアメリカもアルカイダと人質交換をしたことはあります。
しかし、それは国のために戦ったアメリカ軍人でした。
国の命令に従い国のために戦った軍人を見捨てることをしなかったからです。
国のために戦いに行って捕虜になった軍人と、行くなと言うのにのこのこ行って捕まった民間人とは違います。

ヨルダンだって、国のために戦ったパイロットと日本の民間人を同等に扱えるはずがありません。
ヨルダンもテロと交渉はしない、しかし、交渉せざるを得ないのであればパイロットの奪還が最優先でしょう。
琴姫七変化 |  2015.01.28(Wed) 10:00 |  URL |  【コメント編集】

★ユダヤとイスラエルに興味があってかなりの本を読んだ。

その結果アメリカのユダヤが世界を動かしてきたと思うようになってきた。
日本も古代からユダヤまみれである。
DNA的には日本人の4割は、ユダヤ的血脈のようです。
天皇家をはじめ配下に及ぶ赤子は、相当な数に上ります。
しかもユダヤにも日本にも三種の神器の話がありどうも日本に有りそうです。
そうなれば、ユダヤ人としての真贋が、はっきりしてきます。
白人から黄色人に至るユダヤ人が、居ることになる。
この世界は、主に白人によってリードされてきたが、現在では、日本人のパワーが優って来ている。
今後の動きで白人と黄色人のユダヤがうまく融合できるかにかかってくる。
新秩序は、皮膚の色が異なる二大ユダヤによって作られるのかも知れない。
多くの日本人が、これほどユダヤに近い領域にいるとは夢にも思っていないだろうし無頓着であるが、日本の歴史には多くのユダヤ色が、多く散見される。
これはプロパガンダに類するだろうか?
katachi |  2015.01.28(Wed) 11:20 |  URL |  【コメント編集】

プロパンガンダですね。なぜプロパンガンダになるか、お教えします。本をたくさん読んだから知識を詰め込んだつもりでしょうけど、本の情報源は曖昧なものばかりです。たとえば、テレビ番組でも○○テレビが独自に入手した米国機関の極秘文書と紹介しますが、極秘文書らしく見せかけることも可能でしょう。ましてや、日本の、一テレビ局が極秘文書を手に入れ、それが事実であれば、たちまち日米間の外交問題となり騒然となるでしょうね。
 |  2015.01.28(Wed) 22:24 |  URL |  【コメント編集】

★「自己責任」を否定する者タチ

日米安保に安全保障を丸投げしている時点で、日本人は国防の「自己責任」を放棄している。
ゆえに「自己責任」という主張に自己判断する能力を喪失しているのだ。
トピックに上がっているこの男がその最たるものだ。
また自己責任放棄という前提で物事を語るのなら「護憲派」こそそれを象徴していると言える。
ジャーナリストは危険地域にも「自由」に渡航するが、その「自由」には他所に迷惑をかけないという「責任」がついてまわるのだ。
これが「自己責任」である。
日本国民が日本国民を守る(民主主義では当然、主権者は国民だからだ)
のは全部日本国民の「自己責任」においてである。
その自己責任を放棄した輩が、その自己責任論者を批判するのだ。
無責任の極みである。
北の熊 |  2015.01.29(Thu) 10:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2904-69d0caa2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |