FC2ブログ

2007.09.21 (Fri)


ロシアに脅される日本

日米のMDは目障りだとロシア

ミサイル防衛(MD:Missile Defense)は敵国からの弾道ミサイルの攻撃を局地的に防衛する盾に過ぎない。

飛んできたものを打ち落とすだけで、しかも地域が限定され、確実性も必ずしも高くないという。

ロシアはアメリカが東欧にMDを配置足したことに不快感を示して、

「米国がMDを配備した欧州の国をロシアの核システムの標的にせざるを得ない」

と警告したとは話が逆だ。

国が安全保障上、MD(盾)を装備したからと言って、核ミサイル(矛)の標準にするぞと脅かすのは本末転倒であろう。

ロシアがMDに過敏になっているということが分かって結構な話だ。

日本も核武装するぞくらいの脅しをかけるといい。

しかし、福田首相になれば「相手が嫌がることはしない方がいい」とMDを撤去するだろうし、北方4島も日本の領土でありながら「相手が嫌がることはしない方がいい」と呉れてやるに違いないと思うとゾッとする昨今ではある。


イザニュース(2007年9月21日22:12 )
日米MDに慎重対応を要求 
ロシア下院外交委員長

 ロシアのコサチョフ下院外交委員長は21日、日本と米国が進めているミサイル防衛(MD)計画について「ロシアや中国の疑念や反発を招く恐れがある」と述べ、日本に対し、MDについては米国だけでなく周辺諸国などの利益も考慮し極めて慎重に対応するよう求める考えを示した。
 共同通信など日本の学術・報道関係者との会見で語った。委員長はプーチン政権の外交方針の代弁者として知られ、米国による東欧でのMD施設建設計画に猛反発するロシアが、アジア太平洋地域では日米のMD計画での協力に警戒感を強めていることが浮き彫りになった。
 委員長は東欧のMD問題をめぐり、米国がロシアに対抗して独自のMDシステムを構築していく場合は「米国がMDを配備した欧州の国をロシアの核システムの標的にせざるを得ない」と警告。さらに日米のMDについて「同様の問題が起きないでほしい」と訴えた。
 委員長は北方領土問題をめぐっては「(北方四島の)ロシアへの帰属は第二次大戦の結果」と強調し、平和条約締結後の日本への2島引き渡しを定めた1956年の日ソ共同宣言による決着ですらロシアの世論が強く反対していると指摘した。(共同)


ロシアの傲慢さは許せないと思う方は2クリックを!
********
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:48  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/29-a1c1b8f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |